PR

赤ちゃんにピーナッツバターはいつからOK?知っておきたいこととおすすめの商品

未分類

スポンサードリンク




PR

アフィリエイト広告を利用しています

 

 

 

 

 

ピーナッツバターは、そのおいしさでたくさんの人に好かれています。

 

焼きたてのパンに塗って食べると、とっても美味しいんですよ。

 

お子さんにもこの美味しいピーナッツバターを

食べさせてみたいと思う親御さんは多いと思います。

 

でも、大事なのは、赤ちゃんにピーナッツバターを

いつからあげていいか、ということです。

 

この記事では、赤ちゃんにピーナッツバターをあげるのにいいタイミングや

気をつけたいことを紹介しますね。

 

赤ちゃんにピーナッツバターをあげるのはいつからがいいの?

 

専門家の話によると、赤ちゃんが1歳を過ぎたくらいから

ピーナッツバターを食べさせても大丈夫だと言われています。

 

ピーナッツは小さい子には誤って飲み込んでしまう危険があるので

3歳未満の子どもにはあげない方がいいですよ。

 

でも

ピーナッツバターなら粒がないタイプを選べば、その心配は少なくなります。

 

ピーナッツには体にいいビタミンや食物繊維、オレイン酸などがたくさん含まれていて

これらを簡単に赤ちゃんに食べさせることができるので

ピーナッツバターが注目されています。

 

ただし、ピーナッツバターの主な材料である落花生は

アレルギーを起こしやすい食品として知られています。

 

牛乳や卵、小麦、そば、エビ、カニなども同じグループに入っています。

 

だから、ピーナッツバターを赤ちゃんに初めてあげるときは

少しずつあげて、赤ちゃんの様子をよく見てあげてくださいね。

 

赤ちゃんの食べ物としてのピーナッツバター:使い方と注意すべきこと

 

1歳くらいになった赤ちゃんには、ピーナッツバターを食べさせても大丈夫です。

 

でも、ピーナッツバターを使う時には

いくつか大事なことに気をつけないといけません。

 

まず、赤ちゃんにピーナッツバターを初めてあげる時には

ちょっとだけあげてみて、その後赤ちゃんの体の反応をよく見てください。

 

アレルギーが出ることもあるからです。

 

アレルギーがなさそうなら、次の3つのポイントを覚えておきましょう。

 

  1. 砂糖や添加物が入っていないピーナッツバターを選ぶこと。
  2. 粒がなくてなめらかな「スムースタイプ」のピーナッツバターを選ぶこと。
  3. 赤ちゃんには少量だけあげること。

 

添加物が入っていないものを選ぶ

 

離乳食に使うピーナッツバターは、砂糖や添加物が入っていないものを選びましょう。

 

お店には、ピーナッツだけで作られたものと、砂糖や油が加えられたものがあります。

 

砂糖や油が入っていると美味しいけど、赤ちゃんのおなかにはちょっと重いかもしれません。

 

だから、シンプルなピーナッツバターを選んで、赤ちゃんに優しい食べ物をあげてください。

 

買う時はパッケージに書いてある材料をチェックしてみてね。

 

なめらかなタイプがおすすめ

 

お店にあるピーナッツバターには、粒が残っているものとなめらかなものがあります。

スポンサードリンク

 

離乳食には、粒がない「スムースタイプ」を選びましょう。

 

1歳の赤ちゃんは、小さな粒をうまくかめなかったり、飲み込めなかったりすることがあります。

 

粒があると、間違って飲み込んでしまう危険もあるし

食感を嫌がって食べなくなることもありますよ。

 

だから、買う時はパッケージを見て、粒がないか確認してくださいね。

 

あげる量にも注意

 

栄養が豊富なピーナッツバターですが、油分も多いので、赤ちゃんには少しずつあげましょう。

 

あげすぎると、アレルギーが出ることもあるので、特に最初のうちは気をつけてください。

 

また、添加物が入っていないピーナッツバターは粘り気があるので

そのままだと赤ちゃんが食べにくいことがあります。

 

離乳食として使う時は、お湯で少し溶かして、もっと食べやすくすると良いですよ。

 

でも、お湯で溶いたピーナッツバターはすぐに傷んでしまうことがあるので

作ったらその日のうちに使い切ってくださいね。

 

このように

少し気をつけながらピーナッツバターを赤ちゃんの食べ物に取り入れることで

栄養もしっかりとれて、美味しい食事を楽しませてあげられます。

 

ピーナッツバターは赤ちゃんにとって良い食べ物になるので

上手に使ってみてくださいね。

 

赤ちゃんにピッタリのピーナッツバターを選ぼう:おすすめの2つのブランド

 

今回は、赤ちゃんの離乳食にぴったりなピーナッツバターを2つ選んでみました。

 

これらはスーパーマーケットで簡単に見つけられるし

赤ちゃんが食べても安全なものばかりです。

 

離乳食を選ぶときの参考にしてみてくださいね。

 

【三育フーズのピーナッツバター】

 

  1. シンプルで安心:このピーナッツバターのいいところは、使っている材料がピーナッツだけってこと。余計な砂糖や添加物が入っていないから、ピーナッツの自然なおいしさがそのまま味わえます。
  2. いろんな使い道があるよ:赤ちゃんの離乳食だけじゃなくて、普段の料理やお菓子作りにも使えます。ピーナッツの香ばしい味が、いろいろな料理をおいしくしてくれるんです。
  3. お財布にやさしい価格:このピーナッツバターは、質が高いのにお値段が手ごろ。家族みんなで使うのにぴったりです。

 

【オオノ農園の落花生100%ペースト】

 

  1. 滑らかで食べやすい:他のピーナッツバターと比べると、もっと柔らかくて滑らか。だから、赤ちゃんが食べやすいんです。
  2. 地元で作られた安心の品質:このペーストは、千葉県で作られた落花生だけを使っています。地元で作られた良い材料を使っているので、品質がとても良くて安心です。
  3. 健康を考えた作り:添加物を全く使っていないので、赤ちゃんにとっても健康的。落花生の自然な味と栄養がそのまま残っていて、健康に気を使う家族にもぴったりです。自然のおいしさを赤ちゃんにも味わってもらえるんですよ。

 

これらのピーナッツバターは、赤ちゃんの食事に安心して使える素晴らしい商品です。

 

赤ちゃんの離乳食を考えるとき

これらのピーナッツバターを選んでみるのも良いかもしれませんね。

 

おいしいだけでなく、健康にも良い食品を選ぶことは

赤ちゃんの成長にとっても大切ですから。

 

赤ちゃんにピーナッツバターをあげるときのコツと注意点

 

ピーナッツバターは、栄養がたくさん入っていておいしいので

1歳くらいからの離乳食に使うのがいいですよ。

 

でも、赤ちゃんに初めてあげるときには、いくつか大切なことを知っておく必要があります。

 

  1. アレルギーに注意:ピーナッツバターは、アレルギーが出やすい食べ物なんです。だから、初めてあげるときは少しの量から始めて、赤ちゃんがどう反応するかをよく見てあげてください。

 

  1. どんなピーナッツバターを選ぶか:離乳食に使うピーナッツバターは、砂糖や植物油脂が入っていなくて、粒がないなめらかなタイプが良いです。そうすることで、赤ちゃんのおなかに負担が少なくなり、間違って飲み込んでしまう心配も少なくなります。

 

  1. 与える量に気をつける:ピーナッツバターは油が多いので、たくさん食べると赤ちゃんのおなかに重くなるかもしれません。たとえ砂糖が入っていないタイプでも、たくさんあげすぎないようにしましょう。

 

ピーナッツバターはいろいろな使い方ができます。

 

パンに塗るだけじゃなくて、野菜と混ぜたりもできます。

 

これらのことを守りながら

ピーナッツバターを赤ちゃんの離乳食に上手に取り入れて

楽しい食事の時間を作ってあげてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました