PR

ビスコを赤ちゃんにあげるベストな時期と気をつけるべきこと

未分類

スポンサードリンク




PR

アフィリエイト広告を利用しています

 

 

 

 

 

「おいしくてつよくなる!」というキャッチフレーズでおなじみのビスコは

鮮やかな赤いパッケージが目印です。

 

ビスコは子どもにとっていいおやつで

乳酸菌やカルシウム、ビタミンといった大切な栄養がたっぷり入っています。

 

でも、お父さんやお母さんがよく考えるのは

「ビスコって子どもにいつからあげていいの?」ってことですよね。

 

この質問に答えるために、色々な情報を調べてみました。

 

調べた結果、ビスコを子どもにあげるいいタイミングは

歯が生え揃って離乳食も終わった1歳半くらいからだとわかりました。

 

でも、子どもによって違いがあるので、一概には言えません。

 

ビスコをあげる時には、いくつか大事なポイントがあります。

 

この記事では、特に以下の2つに焦点を当てて解説します。

 

  1. ビスコをあげ始めるいい年齢
  2. ビスコを子どもにあげる時の注意点

 

ビスコをあげるいい年齢って?

 

ビスコは1933年に、みんなの健康を願って生まれたお菓子です。

 

今でもたくさんの家庭で愛されています。

 

ビスコには子どもの成長に必要な乳酸菌やカルシウム、ビタミンが入っています。

 

ビスコを作っているグリコの公式サイトによると

特に「何歳から」という決まりはなくて

子どもが歯が生え始めたら食べられるとあります。

 

でも、私の調べたところでは

ビスコを安心して食べさせられるのは

離乳食が終わって1歳から1歳半くらいの間がいいということがわかりました。

 

大事なのは、子どもが離乳食を終えて、上下の歯がちゃんと生えていることです。

 

この時期だと、子どもは自分でしっかり噛んで食べられるようになります。

 

ビスコは中にクリームが入ったビスケットで

卵ボーロみたいにすぐに溶けるタイプではないんです。

 

噛む力を育てるためには、上下に4本以上の歯があることが必要です。

 

初めての奥歯が生えていたら、さらに噛む力が強くなります。

 

子どもにとって、自分の歯でしっかり噛むことは、成長する上でとても大切です。

 

だから、ビスコは子どものおやつにピッタリですよ。

 

この時期なら、アレルギーがあるかどうかもわかりやすくなります。

 

普通のビスコには、アレルギーを引き起こすことがある乳成分や小麦が入っています。

 

だから、アレルギーがないかちゃんと確かめてからあげてくださいね。

 

ビスコの味によって違うアレルギー物質

 

ビスコには、普通の赤いパッケージのもの以外にも

いちご味やアーモンド味などいろいろな味があります。

 

それぞれの味で、含まれているアレルギー物質が違うんです。

 

以下にいくつか例を挙げてみました。

 

  • – 香ばしアーモンドビスコ:乳成分、小麦、大豆、アーモンド
  • – 焼きショコラビスコ:乳成分、小麦、大豆
  • – 発酵バター仕立てビスコ:乳成分、小麦
  • – いちごビスコ:乳成分、小麦
  • – カフェオレビスコ:乳成分、小麦
  • – 素材の恵みビスコ(みるく&きなこ):乳成分、小麦、大豆
  • – 素材の恵みビスコ(チェダー&カマンベール):乳成分、小麦、大豆

 

たとえば、カフェオレ味のビスコは、コーヒーの香りのするクリームが挟まっています。

 

子どもにも食べやすい味ですが、コーヒーパウダーが入っているから

スポンサードリンク

ちょっと心配なら子どもにはあげない方がいいかもしれません。

 

もっと健康にいいものをあげたいなら

大豆が入った「素材の恵み みるく&きなこ」味がおすすめですよ。

 

ビスコを子どもにあげる時の大切な注意点

 

子どもにビスコをあげる時、しっかりと守るべき2つの大切なポイントを紹介します。

 

  1. ビスコをよくあげすぎないこと
  2. 子どもがビスコを食べている間、ずっとそばにいること

 

それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

 

理由や具体的な対応方法もお話ししますね。

 

ビスコをあげすぎない方が良い理由

 

ビスコには乳酸菌やカルシウム、ビタミンといった栄養素がたっぷり入っていて

栄養価の高いお菓子として知られています。

 

ビスコは甘くておいしいから、子どもはもちろん

大人もついたくさん食べたくなるんです。

 

でも、ビスコはあくまでもおやつで、ごはんの代わりにはなりません。

 

だから、ビスコをあげる回数や量には気をつけないといけません。

 

ビスコをたくさんあげると、子どもが甘いものばかり食べたがるようになり

栄養バランスの良い食事を食べなくなるかもしれません。

 

私も経験があるんですが、子どもがおやつばかり食べたがって

ごはんをあまり食べなくなることがありました。

 

ビスコをあげる時は、子どもに「今日はこれだけだよ」と言って

食べる量を決めてあげるといいですよ。

 

ビスコを食べる時は子どものそばにいてね

 

ビスコはしっかりと焼かれたビスケットで、間にクリームが挟まれています。

 

このビスケットはすぐに溶けるタイプではないので

ちゃんと噛んで食べないといけません。

 

だから、小さい子どもがビスコを食べる時は

特に気をつけないといけません。

 

喉に詰まらせないように

子どもが食べている間はずっとそばで見守ってあげてください。

 

ビスコは大人も好きなおやつなので、親子で一緒に食べるのも楽しいですよ。

 

そうすれば、子どもがどんな風に食べているかもよく分かるし

一緒に楽しい時間を過ごせます。

 

ビスコを子どもにあげるベストなタイミングと大切なポイントまとめ

 

子どもにビスコをいつから食べさせて大丈夫なのか?

その適切なタイミングと気をつけるべきポイントをまとめてみました。

 

  1. ビスコを食べ始めるのに適した年齢は、子どもの歯がしっかり生えてきて、離乳食が終わった1歳から1歳半くらいです。
  2. ビスコには色々な味があって、それぞれアレルギーを引き起こす成分が違うかもしれません。だから、子どもにあげる前にパッケージに書いてある成分をチェックすることが大事です。
  3. ビスコは甘いから子どもが好きになりやすいけど、あげすぎには注意しましょう。甘いものをたくさん食べると、他の食事をあまり食べなくなることもあるので、頻繁にあげるのは避けた方がいいです。
  4. ビスコは喉に詰まりやすいこともあるので、子どもが食べている間は、近くにいて見守ることが重要です。

 

ビスコには他のお菓子に比べて栄養がたっぷり入っていて

子どもの成長を助ける成分も含まれています。

 

だから、子どもが適切な年齢になれば、安心してあげることができるんです。

 

でも、ビスコを食べ過ぎたり

よくあげすぎるのはよくないので気をつけてください。

 

おやつの時間を家族みんなで楽しむことが大切です。

 

この情報がみなさんの役に立てば嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました