PR

危険信号!?子育てのイライラで赤ちゃんが可愛く見えない時の対処法!

子育て

スポンサードリンク




PR

アフィリエイト広告を利用しています

子育てをしていると

どうしてもイライラしてしまう事がありますよねー。

 

 

きっと

思った以上にイライラしてしまうのではないでしょうか?

 

 

私も息子を妊娠中は

生まれてくる我が子を楽しみに心待ちしていました。

 

 

「子育ては大変」というイメージは結婚前から

ざっくりとですが自分なりに理解していたつもりでした。

 

 

そして妊娠中も産後1か月は本当に大変だよーと周囲から

何度も言われてきたので覚悟はしていたつもりでした。

 

 

今思えば、その「覚悟」は足元にも及びませんでしたが。(笑)

 

 

特に新生児期

長い一生の中でもわずか1か月という貴重な時間です。

 

 

今は子育てに対して少し余裕が出てきたせいか

「あの頃をもっと楽しめばよかったな」と

やっと思うことができますが

当時は何もかもが初めてで、とにかくしんどかった(^^;)

 

 

出産から1~2日は産後ハイだったのか

やる気に満ち溢れていて

赤ちゃんが誕生した喜びばかり、かみしめていました。

 

 

帝王切開だったため、母子同室は自然分娩の方よりも遅く

「もう早く一緒に過ごしたい!」とばかり思っていました。

(今思えばもっと一人の時間を満喫すればよかったと思います(^^;))

 

 

しかし、いざ同室になると

おっぱいをあげても1時間おきに泣く息子。

 

 

授乳で寝てくれてもベッドにおろせば、また泣いてしまい

さっそくイライラが止まらなくなりましたね-。

 

 

「こんな状態がずっと続くの!?」

「最初の1か月は大変とは聞いていたけど、こんなにも!?」

絶望感すら抱いてました(>_<)

 

 

実際に息子は1か月間、全然寝てくれず

私も産後身体がボロボロな上に

寝不足の日々が続き、さっそく子どもを育てることに

ストレスを感じていました。

 

 

「我が子は可愛い」と「子育てが辛い」

の両方が自分を襲ってくるため

自己嫌悪ばかり抱いてしまい、ひたすら泣いていました。

 

 

子育てにおいてイライラしてしまうのは

どうしても仕方ないことなのです。

 

 

ですので

そのイライラを「コントロール」する必要があると思っています。

 

 

そのイライラをコントロールするには、やはり

子育てから一歩下がる事が大事だと思います。

産後はイライラが止まらなくて当たり前

「我が子がいとおしくて仕方ない」「子育てが辛い」

「自分は母親失格」「自分はやっぱり母親になるには若すぎた」

「子育てに向いていない。産んでごめんね」

こんなことばかり思うようになった1か月でした。

 

 

あなたも子育てが思うようにいかずに

相当、イライラしたり悩んでいますよねー?

 

 

実はイライラしたくないのに、してしまうのは

産後のママにとって仕方ないことなのです。

 

 

もしも「母親や子育てに向いていない」と

悩んでいるのであれば

あなたは何も悪くありません。

 

 

産後の女性の身体は自分が思っている以上に

ダメージを受けています。

 

 

会陰切開をしたところ、帝王切開の傷、

骨盤や悪露等の物理的なダメージは勿論ですが

身体の内部もダメージを受けています。

 

 

女性の身体は出産後

胎盤が取り除かれることによって

「もう出産が終わったから、ホルモンを減らしましょう」と

脳が身体に信号に似たようなものを出します。

 

 

そうすることで

妊娠中に沢山でていた女性ホルモンが減少します。

 

 

あまりにも急激に女性ホルモンが減少してしまうため

身体がついていけなくなってしまうのです。

 

 

そのために

産後はどうしてもイライラしてしまうのです。

 

 

それに加え、環境が突然変わったことや

過度の寝不足によってイライラしたくないのに、してしまう

といった状態になってしまうのです。

スポンサードリンク

 

 

イライラしてしまって

どうしていいか分からずにいるあなた!

産後はとてもダメージが深刻なのです。

 

あなたは子育てが向いていない訳でもないし

母親失格でもありません。

 

我が子を守るのに必死になってしまうのも

分かりますが、母親がダメになってしまっては

赤ちゃんも健康に生きることができませんよね。

 

 

私は産後

誰かに頼ることは「甘え」だと思ってしまい

なかなか人に頼ることなく過ごしていましたが

今となればもっと甘えていいんだと思えます。

 

 

だから誰かに頼ることはいけないことではありません。

 

 

赤ちゃんのためにも、どうしても精神的に

辛くなってしまっている場合は

思う存分に頼れる人にできるだけ頼っちゃいましょう。

 頼れる人に赤ちゃんのお世話を任せちゃいましょう

毎日の寝不足と赤ちゃんのお世話で

多くのママはイライラしがちですよねー。

 

 

一人目の出産の場合は

何もかもが初めてであると共に

理想の育児とは、かけ離れた赤ちゃんのお世話で

イライラしてしまいまうんですよねー。

 

 

二人目以降の出産の場合は

赤ちゃんのお世話に加え

上の子の赤ちゃん返りやお世話が加わるので

忙しさのあまりに

上の子に当たってしまうこともしばしばあると思います。

 

 

母親だから甘えていけないことはないのです。

 

 

あまりにもイライラして

赤ちゃんが可愛く見えてこなくなった場合は

「母体を休めるべき時=危険信号」だと思って

頼れる人に一度

赤ちゃんのお世話を任せちゃいましょう!

 

 

私は息子を出産する時、里帰りをしました。

 

もしも里帰りがなければ、周囲に頼る人がおらずに

もの凄く大変な思いをしていたはずです。

 

里帰りをしたことで

実母に遠慮なく、しんどい時に

赤ちゃんのお世話を任せることができたので

バランスよく赤ちゃんのお世話をすることができました。

 

 

もしもあなたが赤ちゃんのお世話で

どうしてもしんどくなってイライラしてしまう場合には

旦那さんでもいいですし、実家のご両親でもいいです。

 

一度頼れる人に赤ちゃんのお世話を任せてしまいましょう!

 

 

もしも頼れる人が周囲にいないのであれば

産後ヘルパーなど

自治体のサービスも充実している所もあるので

一度確認してみるといいですよ!

 

 

利用するのに勇気はいると思いますが

ママがダメになってからでは

赤ちゃんはすくすく育つことができません。

 

 

赤ちゃんのことを思って

勇気を振り絞って利用してみましょう!

 

 

勇気がいると思いますが一歩を踏み出すことで

これからの我が子との生活が

かけがえのないものになりますよ。

まとめ

ママはどうしても産後のホルモンの影響で

イライラしてしまいます。

 

 

これはしょうがないことで

上手に向き合う必要があります。

 

 

もしもあなたが妊娠中で

産後の赤ちゃんのお世話に自信がなければ

里帰り出産をおすすめします。

 

 

あまりにもイライラして

赤ちゃんが可愛く見えてこなくなった場合は

「母体を休める危険信号」だと思って頼れる人に一度

赤ちゃんのお世話を任せましょう。

 

 

子育てから一歩離れることによって

心も休まることができて

子育てにおけるイライラを上手にコントロールできるようになりますよ。

タイトルとURLをコピーしました