PR

幼稚園・保育園の謝恩会特集:親子と先生が一緒に楽しめるゲームのアイデア

ママ

スポンサードリンク




PR

アフィリエイト広告を利用しています

 

 

 

もうすぐ卒園の季節がやって来ます。

 

この時期になると、保育園や幼稚園で開催される

謝恩会の企画で何をすればよいか、

多くの保護者や役員の方々が頭を悩ませていることでしょう。

 

特に、日頃の感謝を込めて、

子どもたちだけでなく教職員も一緒に

楽しめるようなプログラムを考えるのは、

一筋縄ではいきません。

 

そこで、親子と先生が共に楽しめるゲームやアクティビティ、

感謝の気持ちを形にするプレゼントなど、

いくつかのアイデアをご提案します。

 

確実に盛り上がる!謝恩会で楽しむ親子・教職員向けゲーム

 

みんなで盛り上がれるゲームを幾つかご紹介します。

 

これらのゲームは、子どもたちにとっても、

大人たちにとっても楽しい時間となること間違いなしです。

 

クラス別対抗!巨大カルタの挑戦

 

「巨大カルタゲーム」は各クラスがチームとなって競い合います。

 

使用するのは通常よりも大きな画用紙で作られた取り札です。

 

このゲームは体を動かすことも多く、

運動が苦手な子でも楽しめるよう配慮されています。

 

取り札には、教職員や園の行事にちなんだクイズを書き入れ、

親子での交流を深める良い機会にもなります。

 

実際に私たちの園で試したところ、

大変な盛り上がりを見せ、とても成功した企画となりました。

 

子供たちが大喜び!園生活クイズバトル

 

次に、保育園や幼稚園の日常や、

教職員に関する事柄をクイズ形式で出題します。

 

これはグループに分かれて行う早押しクイズで、

子どもたちはもちろん、

大人たちも楽しみながら知識を試すことができます。

 

園のユニークなエピソードや

特別な日の出来事を題材にすると、

さらにクイズは盛り上がります。

 

定番のビンゴゲームに一工夫を加えて

 

定番のビンゴゲームを少し変えてみましょう。

 

通常の数字の代わりに、

教職員の名前や園のイベント名を用いることで、

新しい楽しみ方ができます。

 

このアプローチにより、

参加者はより親しみやすく、

楽しい時間を共有できるようになります。

 

速さが鍵!じゃんけんぽんぽんゲームでテンポアップ

 

「じゃんけんぽんぽんゲーム」は、

参加者が司会者の指示に合わせてじゃんけんを行います。

 

ゲームの進行と共に速度を上げることで、

瞬間的な判断力も養われ、

小さな子供から大人まで楽しめます。

 

これは特に準備が不要なため、

急に時間調整が必要になった場合にも、

すぐに始められるゲームです。

 

始めは子供向けに企画されましたが、

大人も加わると予想外の盛り上がりを見せるので、

親子で一緒に楽しむのに最適です。

 

これらのゲームは、謝恩会の目的に合わせて親子だけでなく、

教職員を含む全員が一緒に楽しめるように工夫されています。

 

どのゲームも参加者にとって忘れられない

楽しい思い出を作ることができるため、

盛り上がること間違い無しです。

 

みんなで協力し合いながら、

笑顔あふれる謝恩会を創り上げましょう。

 

謝恩会のプログラムを計画する際には、

これらのゲームアイデアをぜひ参考にしてください。

 

子どもたちも先生方も喜ぶような、

活動的で創造的なゲームを取り入れることで、

全員が参加しやすく、また教職員と保護者の間の

コミュニケーションを深める絶好の機会となります。

 

楽しい記憶が心に残る、

スポンサードリンク

素晴らしい謝恩会になることを願っています。

 

保育園・幼稚園の謝恩会:先生へ感謝を込めた心温まるプレゼントアイデア

 

卒園の季節が近づくにつれ、

保育園や幼稚園の謝恩会で

何を贈るかが保護者や役員たちの間で注目の話題になります。

 

感謝の気持ちを形にする際に、

一輪の花や手紙、園児が描いた絵などは

定番のプレゼントとして親しまれています。

 

これらの贈り物は、

謝恩会の特別な風景を形作るものと言えるでしょう。

 

子どもたちが直接プレゼントを渡す際には、

「先生と過ごした最も印象深い思い出」や

「先生への感謝の気持ち」について話すことが推奨されます。

 

贈り物を渡した後には、

全員で歌をプレゼントすることで、

一層感動的な雰囲気を醸し出すことができます。

 

謝恩会での心を動かす手紙の書き方

 

手紙には子どもからの直筆メッセージと

保護者からの感謝の言葉を組み合わせると、

受け取る先生にとって非常に心に残るものになります。

 

また、それぞれの写真を添えて、

一冊のメッセージブックとしてまとめ上げることで、

さらにパーソナライズされた感謝の形となります。

 

謝恩会で贈る園児の絵について

 

園児が描く絵は、楽しい思い出や

好きなものをテーマにした自由画がおすすめです。

 

年長の子どもたちにはテーマを自由に選ばせ、

彼らの創造力を最大限に発揮させることで、

個性的で意味のある作品が生まれます。

 

謝恩会での花贈りのアレンジ

 

謝恩会で先生に贈る花は、

園児一人一人が一本ずつ手渡すという方法が心に残ります。

 

全ての花が集まった後、

役員がそれを大きな花束にまとめ、

改めて先生に手渡すことで、

集団全体の感謝を表現します。

 

地元の花屋に相談すれば、

特別なラッピングやリボンで装飾することもできます。

 

注意点:

一部の公立の保育園や幼稚園では、

先生へのプレゼントに対する規制があるため、

事前に園の方針を確認することが必要です。

 

謝恩会の招待状やプログラムの作り方

 

謝恩会の招待状やプログラムは、

Wordなどのテンプレートを活用して作成することができます。

 

ここに春らしい、子どもらしい愛らしいイラストを加えることで、

オリジナルで心温まるデザインが完成します。

 

無料で提供されているイラストサイトも参考にすると、

より素敵なデザインが作れるでしょう。

 

まとめ

 

以上、謝恩会での盛り上がるアクティビティや、

先生方に喜ばれるプレゼント、

さらには招待状やプログラムの作成についてのヒントをご紹介しました。

 

私の経験では、

すべて手作りで行うことが

一番心温まる謝恩会になります。

 

先生にはエプロンやマグカップ、タオル、花などが好評でした。

 

また、子どもたちは先生とおそろいのアイテムを受け取ることで、

特別な思い出を作ることができました。

 

時間や場所に余裕がある場合には、

子どもたちが体を動かすアクティビティも取り入れると、

より充実した謝恩会になることでしょう。

 

この素敵な時間を、

お世話になった先生と共に過ごし、

思い出深い一日を作り上げましょう。

タイトルとURLをコピーしました