PR

ピカピカお風呂を保つための超簡単掃除のコツ&裏技とは?ものぐさ主婦向け

掃除

スポンサードリンク




PR

アフィリエイト広告を利用しています

あなたはお風呂掃除をどのように行っていますか?

お風呂は体を洗うことや、温めるための場所なので

できれば綺麗で清潔に保ちたいですよねー。

 

しかし、お風呂を毎日掃除しているのに

汚れや臭いが気になってしまうことはありませんか?

お風呂は水を沢山使用する場所なので

主に水が原因となる汚れやトラブルが多いのです。

 

現時点では気になっていない場合でも

お風呂を使い続けているうちに汚れや臭いが

気になってしまうこともあります。

 

私も、お風呂掃除をきれいに掃除したつもりでも

次の日になるとすぐに汚れがついていて

がっかりしたことがあります。

 

 

今回は、このような風呂の汚れを防止して

綺麗に保つことができる簡単な掃除のコツをご紹介します。

 

お風呂の掃除は、面積はリビングなどと比べると狭いですが

手間がかかることが多い為

面倒に感じることもあると思います。

 

なので、今回ご紹介するのは簡単にできるものばかりを

厳選いたしました。

 

簡単にまとめると

毎日の掃除で使えるカビを予防するコツとしては

  • 洗うタイミングを入浴後にする
  • 洗う際の水を熱湯にする
  • 水気を切って湿気を防止する

以上の3つです。

 

そして、週に1回程度取り入れたい掃除のコツ

  • 排水口の掃除は付けおきをしてから行う
  • 髪の毛などの汚れが詰まらない工夫をする

以上の2つです。

 

これらの内容について、詳しくご紹介していきます。

お風呂を掃除する際に、是非参考にしてみて下さいね。

毎日のお風呂掃除でできるカビの発生を防ぐコツ3選

それでは早速、お風呂掃除のコツをご紹介していきます。

最初にご紹介するのは、毎日の掃除でカビの発生を防ぐコツです。

 

お風呂は水気の多い場所なので、カビが発生しやすいです。

カビが出ると見た目はもちろん、臭いも気になってしまいます。

 

そのため、お風呂掃除ではカビが発生しないようにすることが

重要なポイントです。

 

そんなカビを防ぐために

毎日の掃除で使える簡単なコツをご紹介します。

 

あなたは、お風呂の掃除をお風呂に入る前と後の

どちらに行っていますか?

実は、お風呂掃除のタイミングでもカビの発生のしやすさは

変わってくるのです。

 

実は、お風呂の掃除は「入った後」にした方が

カビの発生を防ぐことができます。

 

お風呂に入った後、そのまま放置してしまうと

湿気がこもることや、汚れがお風呂に残ってしまうなど

カビが発生しやすい条件がそろってしまうのです。

 

「お風呂に入る前に掃除を行っている」という場合は

お風呂に入った後に掃除をするようにしましょう!

 

 

次に、お風呂を洗う際の温度を変えてみましょう。

 

カビが発生しやすい温度は20度から35度と言われています。

そのため、お風呂掃除の際にシャワーで流す温度を

50度以上に上げます。

 

すると、カビが生息しにくい環境になるので

カビが繰り返し発生することを防ぐことができます。

 

お風呂の浴槽や床など、全体的にお湯を当てましょう。

自分にかかって火傷をすることのないように注意して下さい。

 

 

最後は、お風呂掃除の最後に水気を切ることです。

折角掃除をしても、お風呂場に水気が残っていると湿度が高くなり

カビが発生しやすくなってしまいます。

スポンサードリンク

 

そのため、お風呂掃除の後は水気を切りましょう。

 

方法としては、タオルやキッチンペーパーなどで拭くことや

水切りワイパーを使って水を残さないようにします。

換気扇を回しておくことや、家の窓を開けて換気をする

より効果的です。

 

 

以上が、毎日使えるお風呂掃除のコツです。

タイミングや温度を変えることや、最後にひと手間を加えるだけで

特別な道具は必要ないので、日々のお風呂掃除に

取り入れやすいですよ^^

是非、これらのコツを覚えて実践してみて下さい。

週1だけでお風呂をきれいに保つためのコツ

次にご紹介するのは、週に1回程度のペースで取り入れたい

お風呂をきれいに保つためのコツをご紹介します。

 

毎日のお風呂掃除では、浴槽や洗い場の床などを

中心に行いますよね。

 

お風呂にはそれらの他に毎日掃除をする必要はなくても

週に1回程度掃除をするべき箇所があります。

 

それは、排水口です。

排水口は一番カビや臭いが発生しやすい箇所です。

 

放置しすぎてしまうと、汚れが詰まってしまい、

業者を呼ばなくてはいけないことになってしまうこともあります。

 

そんな排水口を掃除する際のコツとしては

つけおきをしてから掃除をすることです。

 

排水口の掃除をしようと思ったら、ヌメリがあって

掃除しにくい時がありますよね。

排水口の汚れは頑固で、こすって落とすことが大変です。

 

そこで、掃除をする前に市販の掃除用洗剤につけておきます。

パーツは分解してビニール袋に入れ、口をしっかりと閉めます。

排水口には直接洗剤を流し入れ、数分待ちます。

 

この作業をしておくことで、洗剤が汚れに働きかけて

排水口についたヌメリのある汚れが落ちやすくなってくれます。

塩素系の洗剤は特におすすめです。

 

 

また、髪の毛などが排水口に絡まると

汚れがつきやすく、臭いの原因となってしまいます。

 

排水口のつまりを防ぐために

排水口の汚れをキャッチしてくれるネットやシート

付けておくこともおすすめです。

 

汚れが溜まったらはがして捨てるだけなので

掃除の手間を省くことができます。

これらの商品は100均やホームセンターなどで

手軽に購入することができます。

 

以上が週に1回程度取り入れたいお風呂掃除のコツです。

こちらも、お金や手間をあまりかけずに実践できるので

是非試してみて下さい。

まとめ

今回は、お風呂をきれいに保つためのコツをご紹介しました。

お風呂をきれいに保つためには

毎日念入りな掃除をしなくてはいけないと

感じていたかもしれません。

 

しかし、これらのコツを普段のお風呂掃除に取り入れるだけで

汚れや臭いの原因を防ぎ、

お風呂をきれいに保ちやすくなるのです。

 

どれも簡単で続けやすい方法なので

是非、あなたのお風呂掃除にも取り入れて

お風呂をきれいにしてみて下さい。

 

そして、きれいになったお風呂でのバスタイムは

より気持ちのいいものになると思います。

タイトルとURLをコピーしました