PR

紛失物を必ず見つけ出すための究極ガイド!見つけ方の技から魔法の言葉まで完全解説

未分類

スポンサードリンク




PR

アフィリエイト広告を利用しています

 

 

 

 

 

「見当たらない…どこにもない…」

いつもは朝からテンションが高くて目覚めることが楽しみなんですが

この日は異なりました。 わけがわからない感情。

 

「どうすれば」という漠然とした不安。

 

胸の中に広がる苦しさには言葉もありませんでした。

 

ええ、実のところ

私のカメラの充電器がどうしても見つからないんです。

 

ううーっ、どうしてだ!

「カメラアイテムを置いている棚」と「電源コンセント」を

行ったり来たりするだけで、失くすはずがないのに!

 

実際、すべてがその和室内で起こっていたわけなのです!

 

まったく、なんだってこんなことに?

起きたばかりの頭でどう考えてもわかりません。

 

前代未聞のピンチ!

それでも探し続けなければならないのです。

 

あなたもこんなに苛立ちが募ってしまうほどの

失くしものを経験したことはありませんか?

 

無駄に時間をすり減らし、仕事中も気が散り、

時には家族との衝突も起こったりと、本当にストレスがたまりますよね!

 

というわけで、私は大いに決意を固めて立ち上がりました。

 

ウェブ上と書籍から「失くし物を見つけるテクニック」を

徹底的に調査しました!

 

そして完成したのが、「ほぼ100%!紛失物を見つけ出す究極のガイド」です。

 

常に多くの物を忘れがちなあなたにとって、

 

このマニュアルが一筋の光になれば幸いです。

 

私自身も、愛用するカメラを再び使えるかどうかにかかっていますから

笑ってこの事態に取り組んでいます。

 

物を失くした記憶がないときのための、5つの心構えと探し方

 

さて、それでは紛失物を捜す際の五つの心構えと攻め方についてご紹介しましょう。

 

「記憶がないなんてそりゃ普通さ」と感じることでしょう。

 

「ない、どこ?ああああ、見つからない!」という混乱(←これ私の昨日の状態)を

抱えることなく、深呼吸して心を落ち着かせて準備をしましょう。

 

冷静になって行動を振り返って、同じ行動を再現する

 

最初に、心を落ち着かせ、一連の行動を振り返ってみましょう。

 

どんなに焦っても、行動を客観的に捉え直すことがカギです。

 

その際のコツは、実際に体を動かして同じ行動を取ってみること。

 

ただ頭で考えるのではなく、体を動かし自分の足跡を辿りつつ

「いつ」「どこで」と失くしたかを冷静に観察しましょう。

 

動作や仕草を再現し、「体の記憶」に頼ってみると見つかる可能性がずっと高まりますよ!

 

目を使うだけではなく、全感覚を活用する

 

素早く目を通すだけではなく、隅々まで手を動かし、周囲の音に耳を澄ませて探しましょう。

 

見える物をただ信じるだけでは足りません。

 

直接舐めたり嗅いだりはしないでしょうが

感触や音は大変重要な手掛かりになり得るのです。

 

特に視力に自信がない方は、メガネやコンタクトを忘れずに。

 

掃除しながら丁寧に探す

 

掃除をしながら探すことで、単に見つけようとするよりも確率はぐんと上がります。

 

丹念に手を動かすことで見落としを減らせるからです。

 

そして、掃除で部屋も綺麗になりますから、一石二鳥です。

 

あなたが恋人を初めて部屋に招くシチュエーションくらいに気を使って掃除しましょう。

 

あの時の情熱を忘れずに。

 

イライラが増したら、一息入れる

 

どれだけ探しても見つからないと焦りやイライラが増し、注意力も低下します。

 

集中力が散漫になった状態で探し続けても、見つかる可能性は低いでしょう。

 

「イライラしてきたな」「疲れが出てきたな」と感じたら

すぐに一旦休憩してリフレッシュしましょう。

 

一度休んでから再開すると、意外と簡単に見つかることがあります。

 

何周もくまなく探す

 

ジャングルで道に迷ったわけではないので、探す範囲は限られているはずです。

 

最初の周で見つかるとは限らないので、同じエリアを何周も探しましょう。

 

実際、多くの紛失物は「最初に探した場所」で発見されることが最も多いんです。

 

最低でも10周するくらいの覚悟で取り組んでみてください。

 

諦めたらそこでおしまいですから!

 

失くしたアイテムを見つける時に考慮すべき3つのシナリオと4つの探索タクティック

 

「ここにあったはずなのにどこへ行ってしまったの?」

些細な一つの失くし物が、いつも穏やかな朝のルーティンを狂わせた時

次のステップに進む前に思い至るシナリオが3つあります。

 

それらのシナリオはあなたがまさかと思う場所に導き

予期せぬ発見の可能性を秘めています。

 

そんな失くし物をする時の探索タクティックが、発見率を格段に上げる

「最優先のチェック項目4つ」としてまとめられています。

 

思わぬ落し物発見!先にチェックすべき3つの予想外シナリオ

 

いよいよ、心が落ち着いたら、私たちの意外な失くし物探しを開始しましょう。

 

私たちの落し物・失くし物が見つかるように

以下の3つのポイントを意識してください。

 

家族やペットが関与しているかも

 

落し物や失くし物は、時として家の中の他の住人やペットのしわざかもしれません。

 

子供たちや猫、犬などがいる家庭では

彼らの行動を見落とさないよう注視しましょう。

 

彼らの常套行線や寝床、遊び場の中を念入りにチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

思いもよらない場所に転がっていない?

 

時にはコップや食器が想定外の場所まで跳ね飛ぶように

あなたの失くし物も意外な場所に転がっていることがあります。

 

家具の隙間や部屋の端、収納棚の後ろなどを入念に調べてみましょう。

 

時には100%の注力が必要かもしれません。

 

予想外の場所での奇跡に期待

 

しばしば私たちは「あり得ない場所には絶対ない」と決めつけがちですが

スポンサードリンク

そこはまさに探し物が隠れている場所かもしれません。

 

冷蔵庫の中や車内、さらには家の隅々まで十分な探索が必要です。

 

失ったアイテムが見当たらないときのための必須チェックリスト4点

 

発見率を高めるこれらのシナリオを心に刻みつつ、

次なる探し物へと踏み出しましょう。

 

ほとんどの場合、アイテムは家の中にあるはずです。

 

想像もつかないような次のチェックリストを試してみましょう。

 

服のポケットは全て調べた?

 

探索するべきは、クローゼットにしまわれた服や引き出しに入れてある衣類です。

 

各種ポケットを逃さずチェックしてみましょう。

 

箱やカバンを念入りに空っぽに

 

単に覗き込むだけではなく、中身を引っくり返して徹底的に調べましょう。

 

時として、「一時的に置いておこう」と思っていた場所が

忘れ去られた隠れ家になっていることもあります。

 

家族の証言も重要なヒントに

 

家族や子供に尋ねるのを忘れずに。

 

彼らの行方知らずの情報が

手に入れたいアイテムの居場所を教えてくれることもあります。

 

ゴミ箱も忘れずに調査

 

捨てられてしまった可能性もあります。

 

ゴミ箱や排水溝を忘れずに手入れし、見落としを防ぎましょう。

 

時にゴミの山から意外な発見があるかもしれません。

 

探し物の達人になる!必ずアイテムを見つける伝説のヒント集

 

「あの大事な物がどこに消えたのか、今すぐにでも知りたい!」

 

物が見つからない時、つい天にも祈りたくなる気持ち、わかります。

 

それでは、多くの人が「これで見つかる!」と

口コミで絶賛する、探し物を見つけるためのちょっと変わったコツをご紹介します。

 

この方法には、言葉を使うタイプと使わないタイプの二つがあります。

 

超自然的探し物ヒント(言葉を使うタイプ)

 

まずは、言葉を使うタイプの探し物ヒントからスタートします。

 

話題の「はさみさん」ヒント、これからお伝えします。

 

はさみさん

 

普通のはさみをここで使います。

 

耳のそばではさみをパチンと鳴らしながら、以下のように語りかけます。

 

「はさみさん、私の失くした〇〇はどこにありますか?」

 

「はさみさん、私が探している〇〇はどこでしょう?ぜひ教えてください。」

 

この「はさみさん」には、さまざまなバリエーションがあります。

 

その他の「はさみさん」バリエーション

  • ハサミを頭上に持ち上げ、「〇〇をなくしてしまいました。見つかるといいな」と願ってみる。
  • ハサミを壁などに立てかけ、「ハサミさま、〇〇を探して!」とお願いする。見つからなければ、ハサミを増やしてみる。
  • 天井からハサミを吊るしてみる。
  • ハサミの刃に糸を巻き、失くした物を心で思い描きながら探す。

 

「はさみさん」以外にもいくつか他にも探し物ヒントが存在します。

 

お湯を沸かすポット

 

ひもでポットをしっかりと縛り

「〇〇が見つかるまで解いてはいけません」と言い放ちます。

 

北を見る

 

北を向いて、片手で拝むようにして、「北の空、私の〇〇を見つけて下さい。

 

見つかったら両手を合わせて感謝します」と語りかけてみます。

 

特別な言葉

 

単純に「あとみよそわか」を繰り返し唱えます。

 

台所の守り神

 

台所に盛り塩をしながら

「ふんじんさま、〇〇はどこにあるの?」と大声で呼びかけます。

 

にんにく

 

にんにくを参考にして、探し物がイメージしやすいように

「にんにく、にんにく」と呟きます。

 

小さな妖精

 

「小さな妖精さん、私の〇〇を返して」と頼みます。

 

失せ物の守護神

 

一番近い神社を参考にして

「失せ物の神さま、〇〇はどこですか?」と祈ります。

 

幸運の呼び水

 

「清水の音羽の滝に祈りを捧げ、失せ物の〇〇を連れ戻して」と呪文めいて呼びかけます。

 

ヨーロッパの精霊

 

「ロケス、ピラトス…」という精霊の名前を連呼することで、探し物にご利益があります。

 

逆さ言葉

 

失くした物の名前を逆さまにして唱えます。

例)ボールペン → ペンボール。

 

これらのヒントには、見つかったら感謝を忘れないという共通点があります。

 

超自然的探し物ヒント(言葉を使わないタイプ)

 

次に、物を探す際に言葉を使わないヒントです。

 

定規

 

長いものさし(定規)を

家具の上など高い場所に置いてから探すといいとされています。

 

赤い糸

 

赤いひもを7つの結び目をつけて、部屋の中央に吊り下げます。

 

逆周り

 

室内を左回りに探すと、良いことがあると言われています。

 

呼びかける

 

失くした物の名前を呼びながら探します。

 

探し物のためのこれらのヒントを試すことで

何かしらの効果が期待できるかもしれません。

 

言い伝えによれば

特に呼びかける方法には科学的根拠があるとも言われています。

 

推測力がアップするんですね。

 

あなたもぜひこれらのヒントを活用してみてはいかがでしょうか。

 

 

まとめ

 

さて、これらの方法で探し物が見つからなかった場合は

どうしようもないかもしれません。

 

しかし、そんなことないですよね。

 

この強力なマニュアルで、再び見つかる可能性が広がるはずです!

 

準備はバッチリです、充電器よ、もうすぐそこだ!

 

そして、これらのヒントが必要なくなる瞬間があります。

 

「こんにちは、充電器がおもちゃ箱の奥にあったよ」という声が

まさに次の瞬間に聞こえるかもしれません^^

 

まさに「子供が関係している」

または「思いもよらぬ場所」のヒントが当てはまりました。

 

なくした物が多いと言われる方々は

「チェック不足」という点を克服していくことも大切ですね。

 

これで、心配ご無用。

 

たとえチェック不足だとしても、もうすぐ見つかるはずです。

 

それが今回ご紹介したヒントの力ですから。

タイトルとURLをコピーしました