PR

6歳児向けベビーカー代わりになるモビリティとは?テーマパークでの活用術ご紹介

子ども

スポンサードリンク




PR

アフィリエイト広告を利用しています

 

 

 

 

 

子ども達は成長とともに自分で歩くようになりますが

それでも「歩きたくない!」や「私も乗りたい!」という

要求を持つことがあります。

 

特にディズニーランドやテーマパークなどの大型施設や

広い公園を訪れた時には

移動に疲れた子ども達が歩くのを拒むこともあります。

 

そういうとき、荷物も多く、親も疲れていて

「今、抱っこは無理・・・!」と感じることもあるでしょう。

 

そこで考えるのが

6歳の子ども達がお出かけ先で利用できるベビーカーの代用品です。

 

 

ベビーカー代わりになる2つの選択肢

 

 

私の家庭では3人の男の子、6歳、4歳、1歳を育てています。

 

普段は6歳と4歳の長男と次男は自分で歩いていますが

広い公園などでの移動は嫌がることが多いです。

 

そこで、我が家で試した

6歳でも使えるベビーカー代わりのアイテムをご紹介します。

 

お出かけの際の参考にしてみてください。

 

アウトドアワゴン

 

こちらは、コールマン(Coleman) キャリーカート

アウトドアワゴン(耐荷重100kg ストッパー付)の商品です。

画像引用:Amazon

 

  • メリット:耐荷重範囲内なら、荷物も子ども(複数)も乗せられる
  • デメリット:子どもを乗せるために作られていないので、安全性は自己判断になります。

 

広大な公園やキャンプ場などでよく見かけるであろうアウトドアワゴンを

子どもの乗り物として考えることもあります。

 

本来は荷物を運ぶためのワゴンですが、子どもの移動手段としても便利です。

(そして子ども達も喜ぶでしょう)

 

ただし、シートベルトなどの安全装置は一切付いていませんので

子どもの大きさや、安全に関する基準をしっかりと理解した上で

責任をもって取り組んでください。

 

そして、荷物と一緒に子どもも運べるという点も魅力的です。

 

 

ベビーカーステップ

 

こちらはエアバギー専用ステップボード
2WAYボードの商品です。

画像引用:エアバギーオンライン

  • メリット:安全ベルト付きで、荷物も乗せられる
  • デメリット:電車移動は少し手間がかかる、押すのが重たくなる

 

使用するベビーカーに適合するベビーカーステップを選んでください。

 

我が家では次男が生まれた時に

このベビーカーステップを導入しました。

 

少しばかりベビーカー操作が難しくなりますが

長男は大いに喜んで乗っていました。

 

耐荷重が25キログラムなので、6歳児でもまだ乗れます。

 

そして、ベビーカーステップに荷物を掛けることも可能ですし

子ども達も喜びます。

 

だけど、電車移動は少し手間がかかるというデメリットがあります。

 

また、ベビーカーに子どもと荷物の重量が加わるため

坂道などでの操作は意識が必要となるでしょう。

 

しかし、近所の公園やショッピングモール、スーパーマーケットなどでの移動には

非常に便利です。

 

今回、ベビーカーの代わりになる2つのアイテムをご紹介しました。

是非、参考にし、お出かけを楽しんでください。

 

 

平均体重20~22キロの5歳6歳児向け!おすすめベビーカー3選

 

 

ダイレクトにベビーカーを使用したい方へ

6歳にも対応する頑丈なベビーカーをいくつか提案します。

 

エアバギーココ・プレミア・フロムバース

着せ替えセット ココプレミア フロムバース

画像引用:エアバギーオンライン

 

適用年齢:生後4か月~4歳

エアバギーは走行することを重視した3輪のベビーカーです。

 

大きなタイヤが特徴で、凸凹道や電車での利用もスムーズにこなせます。

 

公式には4歳までの利用を推奨していますが

耐荷重がシート部分で22キログラムまで対応しているため

平均的な6歳の体重であれば乗せることが可能です。

 

ちなみに下のバスケット部分の耐荷重は5キログラムですので

利便性が良いです^^

 

そして、このエアバギーは先述の「ベビーカーステップ」と

同時に使うことができるので新生児期から長く利用できます。

 

育ち盛りの子どもが疲れたときには

下の子どもを抱っこ紐で寝かせ、上の子どもをエアバギーに乗せることも可能です。

 

一日のスケジュールやライフスタイルに合わせて便利に使えるエアバギーはおすすめです!

 

サイベックス・リベル

 

こちらは、サイベックス(cybex) リベル

軽量コンパクト ベビーカーの商品です。

画像引用:Amazon

 

 

適用年齢:生後1か月~4歳

スタイリッシュなデザインのサイベックス製ベビーカーは、その美観から大人気です。

 

サイベックスのリベルも

推奨最大重量が22キログラムまで対応しており、6歳の平均体重ならば乗せられます。

スポンサードリンク

 

公式には4歳までの利用を推奨していますが

耐荷重の範囲内であれば乗せることが可能です。

 

私自身は所有していませんが、友人から試乗させてもらった際には

非常に滑らかで乗り心地は抜群でした。

 

重量が20キロ前後の子どもを乗せる場合、良い走行性は重要です。

 

ストッケエクスプローリーX

 

こちらは、ストッケ(Stokke)エクスプローリー X​

リッチブラック ベビーカーの商品です。

画像引用:Amazon

 

適用年齢:新生児~4歳

ベビーチェアで名高いストッケが出しているベビーカーです。

 

見るからに洗練されたデザインで、私はこれをベビーカー界の高級車と個人的には呼んでいます。

 

見た目だけでなく、乗り心地もこれ以上ないほど良いと感じました。(個人的な感想です)

 

こちらも奨最大重量22キロで、大きな6歳の子どもでも乗せられそうです。

 

公式には4歳までの利用を推奨していますが、ユーザーの判断で乗せることも可です。

 

これらはすべて子どもが4歳までの利用を目安にしているベビーカーですので

それ以上の年齢での使用は親の責任です。

 

長期間ベビーカーを使う予定のある方にとっては、参考になると思います。

 

 

4歳5歳6歳のベビーカー代わりにディズニー&ユニバーサルへ行くための戦略!レンタル不可への対策

 

 

4~6歳のお子さんを連れてディズニーランドやユニバーサルスタジオジャパンに行く時

ベビーカーを準備すべきか問う問題に対してアドバイスをします。

 

ディズニーもユニバーサルも6歳では場内のベビーカーのレンタルサービスが利用できません。

(年齢と体重に制限があります)

 

さらに、ベビーカー以外で車輪がついたものの持ち込みも禁止されています。

(アウトドアワゴンや自転車といったもの)

 

それ故に、4~6歳の子どもをベビーカーに乗せたいときは

自己判断による持ち込みが必要です。

 

ディズニーやユニバーサルで6歳と一緒に楽しむためのベビーカーの重要性とは?

 

ディズニーやユニバーサルで6歳と遊びたい時

ベビーカーが重要な役割を果たす点について解説します。

 

●荷物の管理が容易になる

ディズニーやユニバーサルでは1日を使っての観光が一般的で

その場合子どもと一緒に出かけると大量の荷物が発生します。

 

それらの荷物をずっと持ち歩くのは親としても困難です。

 

ベビーカーにそれらの荷物を置けば、必要なものだけ手に取れば良いので楽です。

 

たとえベビーカーが荷物になると思われるかもしれませんが

実際には荷物が軽減され体の負担が減ると考えてください。

 

●どこでも座ることでの休憩&食事が可能に

ディズニーやユニバーサルでは、ベンチやレストランが混雑していることが頻繁にあります。

 

疲れて空腹になった子ども達がそんな中で待たなくてはならない状況で不機嫌になることは避けられません。

 

ベビーカーがあれば、どこでも休憩したり食事を取ることが可能になります。

 

子どもが疲れてしまったときに親が抱っこするのではなく

ベビーカーで休ませてあげられると親の疲労も軽減します。

 

●子どもが眠る場所が確保できる

6歳でも1日をディズニーやユニバーサルで過ごせば疲れてくる時間が必ず来ます。

 

このとき子どもを寝かせる場を確保できるベビーカーがあれば問題ありません。

 

ベビーカーの自己持ち込みをする際、最適な「バギータイプ」選択を

 

自己持ち込みのベビーカーを選択する際、強耐久性のある「バギータイプ」が推奨されます。

 

バギータイプのベビーカーは強固で耐用性が高いので

一部の制限を超えても利用可能だと思います。

 

確かに、我が家では6歳の長男を乗せる時にバギータイプを使用し

これまで壊れることなく便利に使えています。

 

ただし、制限の体重を超えて使う場合は、自己の責任という認識で使用しましょう。

 

ディズニーでベビーカーを使用する際

荷物を運ぶためや休憩するためなどの一時的な利用が多いと思われるので

ちょっとした利用にでも問題なく使えるでしょう。

 

ぜひ考慮に入れてみてください。

 

6歳の子どもがベビーカーに乗るとどう思われるか?心配せずに子供の笑顔を優先しましょう!

 

周囲の視線を気にせず親として最善を尽くすことが大事です。

 

6歳の子どもをベビーカーに乗せることについて

周囲の視線を気にする方もいらっしゃるでしょう。

 

その感情、十分理解できます。

 

しかし、自己判断によるベビーカー利用を行い

子ども達が気軽に

そして親としてもリラックスして過ごせる選択をした方が良いと考えます。

 

周囲の目を気にしすぎていては、子ども達の笑顔を見逃す可能性もあります。

 

子ども達の笑顔を前提に、親としてのアクションを自信を持って選択しましょう。

 

 

まとめ

 

 

ベビーカーの代替品として

「アウトドアワゴン」「マイクロトライク」「ベビーカーステップ」

が推奨されます。

 

  • 6歳の子どもがベビーカーに乗っていても問題なし!
  • 6歳の体重(22キロまで)に対応したベビーカーも販売されている
  • ディズニーもユニバーサルも6歳と行く場合はベビーカーを準備しておこう

 

これまで6歳の子どもを連れて遊ぶ場合のベビーカー選びと

テーマパークでの活用法を紹介しました。

 

6歳ともなると、体力がついてくる程度で、一日中遊べるわけではありません。

 

子どもだけでなく、親自身もらくをすることが重要です。

 

子ども達の喜びやその場の状況に最適な選択を自信を持って実行しましょう。

タイトルとURLをコピーしました