PR

マクドナルドで働く者たちの秘密の場所「クルールーム」の詳細解説!

未分類

スポンサードリンク




PR

アフィリエイト広告を利用しています

 

 

 

 

 

クルールームという言葉をマクドナルドで聞いたことはありますか?

 

思わず、何か特別な空間か、何か不思議な行為が行われているのかと想像してしまうかもしれません。

 

しかし、クルールームとは、マクドナルドで勤務する全てのスタッフ、アルバイトの人々がリラックスするための場所なのです。

 

でも、これだけでは満足できませんよね?その中身がどうなっているのか、そこには何が存在するのかと思うのは自然なこと。

 

これからマクドナルドのアルバイトを始めようと考えている方や学生マクドナルドでの仕事に興味がある方などには、この記事がクルールームの実態、評価、マクドナルドでの労働のメリットを理解するのに役立つでしょう。

 

私自身の体験から、また実際にマクドナルドで働いた知人から得た情報から、クルールームについての役立つ情報をお伝えしていきましょう。

 

 

マクドナルドのクルールームとは何か?

 

クルールームには何があるのでしょうか? クルールームとは?

 

マクドナルドのクルールームは、従業員(通称クルー)が休憩したり、作業を行うための専用空間です。

 

一般的に他の仕事場で見られる休憩室やオフィスと同じように認識していただいて構いません。

 

クルーはこの場所で食事を楽しんだり、休憩時間を過ごしたりすることが多いのです。

 

クルールームの設備は?

 

クルールームと聞くと何か特別なものがあるのかと期待してしまうかもしれませんが、基本的には特別なものはありません。休憩用の椅子やテーブル、冷蔵庫や電子レンジ、パソコン等の業務用設備が設けられていることが一般的です。

 

そして、店舗業務に従事するためには制服に着替える必要があるため、更衣室も設けられています。

 

クルールームという名称の起源

 

クルーとは「いっしょに乗船する仲間」を指す言葉で、マクドナルドではこれを与えることで、皆が一丸となるという想いを込めています。

 

しかし、このクルーという呼び方は「マクドナルド」だけのものではなく、「ローソン」、「ほっともっと」、「ソフトバンク」、「ユニバーサルスタジオジャパン」、「なか卯」など様々な企業がアルバイトやパートをクルーと呼んでいます。

 

その背後には、アルバイトやパートという呼び方よりも、クルーという呼び方の方が仲間意識を生むからだと言われています。

 

アルバイトというと一時的な雇用という印象からマイナスのイメージを持たれることがあるためです。

 

パートやアルバイトと呼ぶより「クルー」と呼ぶ方が、不愉快な感情を抱くことはありません。

 

単なる呼び方の違いだけでここまで影響するとは、私自身も驚きました。

 

 

クルールームの評価は決して高くはない

 

残念ながら、クルールームの評価はあまり高くありません。

 

具体的な意見をまとめて見ましょう。

 

クルールームの清潔度

 

クルールームがいつも清潔に保たれているわけではないという意見が多々聞かれます。

店による差はあるかもしれませんが、従業員同士が共有して使うスペースだけに、どうしても汚れが目立つようです。

 

また、食事の許可が出ているため、それが散らかる原因になっている可能性もあります。

 

クルールームの狭さ

 

また、クルールームのスペースに限りがあることから、狭さに不満を抱く声も多数存在します。

 

実際に友人もマクドナルドで働いた経験があり、更衣室が男女共用である事実に驚きを隠せませんでした。

 

私もマクドナルド以外の場所でバイトをした経験がありますが、そこでも更衣室は男女共用でした。

 

マクドナルドという大手企業だからこそ、落ち着いて休憩したり、着替えたりできるスペースがあると誤解していた人も多々おり、この点については多くの不満があるようです。

 

騒音問題

 

休憩中でも、クルールームには頻繁に注文受け付けや調理の音が響いてきて、心から休むことができないという不満もあります。

 

確かに、注文が多いときには、「本当に休んで良いのか、働いた方が良いのでは?」という気持ちになり、休憩が十分にできなくなることもあるでしょう。

 

設備の不備や不足

 

さらに、電子レンジの故障、ロッカーに鍵がない、スタッフの席が足りないなど、設備の不足や不備についても不満が挙がっています。

 

アルバイト等の人員は頻繁に入れ替わるため、常に必要な設備を確保するというのは困難なのかもしれません。

 

しかし、設備の不備は、貴重品の盗難といった問題を引き起こす可能性もあります。

 

セキュリティ対策についてはきちんと対応してほしいところです。

 

 

マクドナルドのクルーとして働く利点の全解析!

 

クルールームの評価は必ずしも高くはありませんが、それを考慮した上で、マクドナルドのクルーとして働く利点を詳しく説明していきましょう。

 

職員と同じ福利待遇が適用可能

 

調査の中で最も驚かされたのは、アルバイトであるクルーでも職員と同じ待遇が受けられるということでした。

 

●飲食補助

マクドナルドのメニュー全品が定価より30%引きで試せます。ハンバーガーラバーにとってはこの上ない特典でしょう。

スポンサードリンク

 

●社会保険

ある条件下において、アルバイト職でも社会保険利用可能です。

具体的な条件は以下の通りです

  • 月間の3/4以上働ける方は厚生年金、健康保険、雇用保険に参加できます。
  • 1週間の勤務時間が平均20時間以上が必要。
  • 雇用期間が2ヵ月以上かつ月給が8.8万円以上。
  • 学生でないこと。
  • 100人以上の被保険者を雇用する企業、または100人以下で労使間で合意が成立した企業で働いていること。

 

学生には適用されませんが、フリーターやパートタイムの職員にとっては非常にありがたい制度です。

詳しくは公式ウェブサイトをご覧ください。

 

店舗別の特典が充実

 

マクドナルドには、クルー専用の割引プログラムWELBOX(ウェルボックス)が存在します。

具体的には映画、カラオケ、旅行、ショッピング、リラクゼーションなど

 

多くの人が「WELBOX(ウェルボックス)とは何か? 実際にどれ程割引きがあるのか?本当に優れたサービスなのか?」と疑問に思います。

 

それゆえに、WELBOX(ウェルボックス)について調査しましたので、ぜひ参考にしてみてください。

 

WELBOX(ウェルボックス)の強みは、多くの大手企業が福利厚生として利用していることによる高い信頼性です。

 

また、フリーランスの方々も参加していますが、実際に利用した人々からの評判はほとんどが良好で、ネガティブな口コミはほとんど見かけませんでした。

 

数年前から楽天と提携し、WELBOX(ウェルボックス)で付与されるポイントが楽天ポイントにも変換できるようになったことも特筆すべき点です。

 

WELBOX(ウェルボックス)の魅力を聞くと私自身も参加への意欲が湧いてきます。

 

クルー特典は公式ウェブサイトからも確認可能です。

 

ほかのアルバイトと比較してシフトが選びやすい

 

店が24時間営業なのでシフト選択の選択肢が豊富で、夜勤希望者や副業を希望する方に最適です。

 

柔軟なシフト体制は大きな利点だと言えるでしょう。

 

しかも、カウンター業務だけではなく、マクドナルドにおけるデリバリーも一つの選択となりますので、働く形態も多様化しています。

 

徹底的なマニュアルがある

 

マクドナルドは充実したトレーニングプログラムを持っています。

 

未経験者でも働きやすく、接客スキル等を他の企業よりも具体的に学べる可能性があります。

 

将来的に他の企業でもマクドナルドで得た経験は活かすことが可能です。

 

また、どの店舗でも基本的な業務内容は変わらないため、他のマクドナルドの店舗でもすぐに役立つ存在になれるでしょう。

 

接客スキルが磨かれる

 

さて、いくら接客スキルが身につくと言われても、それは何ごとにも通用するものではないと感じる人もいるでしょう。

 

ただ、私自身が経験した2つの飲食店アルバイトから考えると、接客ができるというスキルはかけがえのないものです。

 

穏やかな口調で適切な敬語を使って話すというのは、大人でもできない人が多くいます。

 

マクドナルドであれば、私が以前のアルバイトで学んだ事に加えて、また更に踏み込んだ接客やクレーム対応方法を学ぶチャンスがあります。

 

接客業につくと、人々に対応することから精神的にも成長できます。

 

このように、接客業に就くことは自己向上に繋がる可能性があります。

 

学生の場合、飲食店でのアルバイトは大いに社会経験になりますので、個人的には強く推奨します。

 

 

まとめ

 

この記事では次のトピックを説明しました

  • マクドナルドのクルールームとは何か?
  • クルールームの評判はあまりよろしくない
  • マクドナルドで働く利点

 

正社員と同様の福利厚生があることに関しては、特に驚きを隠せませんでした。

 

アルバイトでも福利厚生が充実しているのは有り難いことです。

 

しかし、反面クルールームの評判はそれほど芳しくありませんでした。

 

マクドナルドという大企業なので、期待値が高まるのは自然なことかもしれません。

 

通常のアルバイトと比べると、食事提供制度も充実しているため、食費節約しながら稼ぐことも可能です。

 

実際、私自身も飲食店のアルバイトでの食事提供制度には大いに助けられました。

 

生計が苦しい人やハンバーガーが大好きな人にとっては特にお勧めします。

 

まずはアルバイトをするとするなら、安定したマクドナルドで働くのが良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました