PR

愛犬が震えるさまざまな理由:7つの一般的な原因を深堀り

未分類

スポンサードリンク




PR

アフィリエイト広告を利用しています

 

 

 

 

 

愛犬が寒さ以外で

体を細かく震わせているのを目撃することは、

ペットの飼い主なら誰しもが経験するかもしれません。

 

その震えが単なる演技なのか、

それとも何か健康上の深刻なサインなのか

気になってしまうことは自然なことです。

 

時には、目に見えない何かに反応しているのではないかと

不安に思うこともあるでしょう。

 

しかし、大抵の場合はそうした心配は不要です。

 

実際に、犬が震える背後には、寒さのみならず、

感情や痛みをはじめとする様々な理由が存在するのです。

 

本稿では、愛犬が震えを見せる7つの主な原因を

丁寧に解説し、震えの背景を理解するのに役立つ情報を提供します。

 

愛犬が震える背景にある理由

 

愛犬が寒くないにも関わらず震えている場合、

その多くは、カーミングシグナルと呼ばれる

犬がリラックスを求めたり、何かを伝えようとする際に示す

特定の行動が原因であることが多いです。

 

カーミングシグナルによる震えは、

犬が次のような感情を抱えている時に見られます

 

  • 控えめながらも抑えきれない喜びや幸せ
  • 何かに興奮している状態
  • 忍耐や何らかの制約を感じている時
  • ストレスを感じている時
  • 恐怖や不安を感じている時

 

これらの震えは基本的に一時的なものであり、

愛犬が落ち着けば自然と収まることがほとんどです。

 

ただし、

ストレスや忍耐に関連する震えが頻繁に見られる場合には

飼い主としての接し方や

犬の生活環境について見直しが必要になるかもしれません。

 

それ以外にも、

震えの原因には次のようなものがあります

 

  • 注意を引きたいための意図的な演技
  • REM睡眠中の自然な体の反応、つまり夢を見ている時の反応
  • 車酔いによる不快感
  • 寒さや体温低下による反応
  • 体のどこかが痛い、または具合が悪い時

 

これらは感情的な理由ではないものの、

病気や体調不良が原因である可能性があり

飼い主としては注意深く観察する必要があります。

 

次に、犬が震える際の具体的な感情や、

それぞれの震えに至る理由について

より詳細に解説を進めていきましょう。

 

この情報をもとに、愛犬が健康で快適な生活を送れるよう、

適切なケアを心がけることが大切です。

 

①愛犬の喜びや興奮が引き起こす震えについて

 

愛犬が抑えきれないほどの喜びや興奮を感じた際に、

そのオーバーフローする感情が原因で

体を震わせることがあります。

 

このような震えは、

犬が内心で感じている強烈な喜びや興奮を

何とかコントロールしようと試みている時の

自然な表れなのです。

 

犬たちは、感情の爆発を避け、

落ち着きを保とうと内に感情を秘めることで

自らを制御しようとします。

 

愛犬が幸福のあまり震える場合、

以下のようなシーンがその典型例として挙げられます

 

  • – 最愛のごはんやおやつが目の前にある時。
  • – 大好きなお散歩やドライブの準備が整っている瞬間。
  • – 長い一日の終わりに、飼い主さんが家に帰って来た時。
  • – ケージの扉が開いて自由を感じさせる時。
  • – 愛情たっぷりの抱っこをされた時。
  • – 遊びと冒険に満ちた時間。
  • – 目の前に大好きなおもちゃや食べ物がある時。
  • – 心地よい香りや、おいしい匂いがする時。

 

これらの瞬間は、

犬にとって純粋な幸せが満ち溢れる時間です。

 

彼らが尾を振りながら震えるその姿は、

感じている喜びをどうにか内面で処理しようとしている証拠であり

我々飼い主にとって心配する必要は全くありません。

 

このように、共に過ごす楽しい時間を存分に楽しむことは、

飼い主としての大きな喜びの一つですね。

 

たとえば、お庭でバーベキューをしている時に、

肉の香りに惹かれて震える愛犬の姿を目にすることもあります。

 

これは彼らが大好きなご馳走に対する切望と、

それを我慢する自己制御の間で揺れ動いている状態を示しています。

 

また、犬は喜びの瞬間に自分の感情を

オープンに表珀することも選びます。

 

彼らが感じている純粋な幸福感が、

体全体を通じてストレートに表現されることで

その幸せが周囲にも伝わってくるのです。

 

②愛犬が感じる不安やストレスによる震えの深層

 

愛犬の心を揺さぶる喜びや興奮と正反対に

彼らは時として不快感、ストレス、緊張、

あるいは恐怖といった負の感情にさいなまれることがあり

そうした時に体を震わせることがあります。

 

この震えは、犬が内面に抱える不安や恐れを

鎮めようとする時の本能的な反応として現れます。

 

犬が否定的な感情により震える場合、

一般的に以下のようなシチュエーションが考えられます

 

  • – 叱責されることへの恐れや、実際に叱られている状況。
  • – 要求されるパフォーマンスが長引き、プレッシャーを感じている時。
  • – 病院訪問のような、苦手とする場所へ向かう前。
  • – 不快と感じる物体(例えば、カメラ)が目の前にある時。
  • – 未知の物体や新しい匂いに初めて遭遇した時。
  • – 歩きたくない道を進む時。
  • – 他の人や犬に対する恐怖や不安。
  • – 家庭内での争いや高い声が聞こえる時。
  • – 一人での長時間の留守番。
  • – 引っ越しのような環境の大きな変化。

 

これらの状況に直面した際、

愛犬が不安やストレスを感じて震えるのは

彼らなりの感情の処理方法です。

 

そのため、最初に行うべきことは、

彼らを落ち着けて、安心感を与えることが非常に重要です。

 

愛犬が不安や緊張を感じていると感じたら、

優しく声をかけ、頭や背中を撫でることで

「大丈夫だよ」という安心感を伝えましょう。

 

対処法1

 

特定の状況で繰り返し震える場合や、

環境変化によるストレスを感じている際には

以下のような対策が効果的です

 

  • – パフォーマンスへの要求が原因であれば、その時間を短くし、プレッシャーを減らす。
  • – 叱る時は、声のトーンを落とし、より穏やかなアプローチを試みる。
  • – 長時間の留守番をした日には、いつもよりもたっぷりと遊んであげる。
  • – 新しい環境には、安心できる場所を確保してあげる。

 

対処法2

 

強いストレスを感じている時には、

震え以外にも以下の症状が見られることがあります

 

  • – 激しい呼吸やハァハァとする息遣い。
  • – 白い泡や胃液を吐くこと。
  • – 下痢をすること。

 

これらの症状が改善されれば、

愛犬はすぐに元気を取り戻すことが多いですが

元気がない状態や食欲がない場合は、

専門家である獣医師の診断を受けることを推奨します。

スポンサードリンク

 

喜びとストレスによる震えを見分ける際には、

尻尾の動きが手がかりとなります。

 

食事前や散歩前のように尻尾を振っている場合は、

それが喜びの表現である可能性が高いでしょう。

 

③愛犬が見せる睡眠中の震えとその背後にある理由

 

愛犬がぐっすり眠っている時に、

時折見られる震えや微細な動きは、ほとんどの場合

REM(急速眼球運動)睡眠フェーズ中に見られます。

 

これは、犬が夢を見ている時に起こります。

 

この睡眠段階で、

脳は目覚めている時と同じくらい活発に活動しており

その結果として体が様々な反応を示します。

 

例えば、足がふるえたり、

体の一部が微妙に動いたりすることがあります。

 

時には、犬が夢中で吠えたり、

目を動かしたりする様子も見られます。

 

夢を見ている間の震えは、

私たち飼い主にとっては非常に興味深いものです。

 

愛犬がどのような夢を見ているのか想像するのは、

楽しくもあります。

 

しかし、犬が丸くなって震えたり、

震えが長時間続くような場合は

寒さが原因である可能性が高いです。

 

そういった場合は、部屋の温度を確認し、

愛犬が快適に過ごせるよう適切に温度調整を行いましょう。

 

④愛犬が車酔いから震える瞬間

 

犬も人間と同様に、車酔いをすることがあります。

 

車酔いの不快感から、震えたり、息が荒くなったり、

よだれをたらしたりすることがあります。

 

これは一時的な反応であり、

車から降りた後はすぐに元の状態に戻ることがほとんどです。

 

ただし、毎回車に乗るたびに車酔いを経験すると、

車に対してストレスを感じるようになる可能性があります。

 

車酔いを軽減する対策として

穏やかな運転を心がける、定期的に休憩を取る、

車内でのリラックスを助ける工夫、車酔いの予防トレーニングを行う、

必要に応じて酔い止めの薬を使用するなどがあります。

 

⑤寒さによって引き起こされる犬の震え

 

犬は寒さを感じる生き物であり、

特に体の小さい犬種や年老いた犬は寒さに敏感です。

 

寒さによる震えを識別するための主なサインには

体を震わせる、震えが止まらない、体を丸めて寝る、

温かい場所を好むなどがあります。

 

これらの症状が見られる場合は、

室内の温度を上げる、保温用の衣類を着せる、

温かい食事を提供することで

愛犬を温かく保つことが推奨されます。

 

それでも震えが収まらない場合は、

痛みや他の健康問題が震えの原因である可能性があり

早急に獣医師の診断を受けることが必要です。

 

⑥愛犬の震えが示す痛みや健康上の問題

 

愛犬が震える主な原因の一つに、体調不良や痛みがあります。

 

犬が静かに震えたり、体を縮めて震える様子が見られる場合、

それは体のどこかに不快感や痛みを

感じているサインかもしれません。

 

震えが激しい、または嘔吐を伴う場合は、

特にその痛みが強いことを示しています。

 

このような時、愛犬の行動や体調に

通常とは異なる変化が見られることがあります。

 

  • – 震えが持続する
  • – 通常とは異なる振る舞いが見られる
  • – 食欲不振
  • – 睡眠パターンに変化がある
  • – 触れたときに痛がる反応を示す
  • – 体が硬直している
  • – 歩行に異常が見られる
  • – 一定の姿勢を続ける
  • – 身体に怪我がないか、異常な排泄物の有無
  • – 便秘や慢性的な病気、手術後の痛み

 

これらの兆候が認められる場合には、

迅速に獣医師による診察を受けることが強く推奨されます。

 

⑦安心できる震えと注意を要する震えの見極め方

 

愛犬が震える様子を目にした時、

それが単なる喜びの表現なのか

はたまた健康上の問題の警告信号なのかを見分けること

つまり愛犬の震えを正しく理解することは、

飼い主として非常に重要です。

 

心配のない震え

 

時に愛犬は、純粋な喜び、深い甘え、

または興奮のあまりに震えることがあります。

 

この時の彼らの表情は生き生きとしており、

動きも活発で、尻尾を元気よく振っていることが一般的です。

 

このような震えは、

彼らの感情があふれ出ている瞬間の表れであり

私たち飼い主が特に心配する必要はありません。

 

注意を要する震え

 

反対に、愛犬が元気を失っていたり、

尻尾を下げ、体を丸めて震えている場合は

警戒が必要です。

 

体が硬直していたり、普段とは違う行動を示している場合も、

何らかのストレスや痛みが原因である可能性が高いです。

 

以下のような状況は特に注意が必要です。

 

  • – 喜びのはずの状況でも震えが収まらない。
  • – 暑さを感じさせるような激しい息遣いを伴う震え。
  • – いつもと異なる様子を示している。
  • – 全体的に元気がない。

 

このような震えが観察された場合、

愛犬が何らかの健康問題を抱えている可能性があり

早急に獣医師の診断を受けることが推奨されます。

 

まとめ

 

愛犬が震えている時は、まずは冷静に対応し、

「大丈夫だよ」と優しく声をかけて安心感を与えましょう。

 

そして、震えの原因をゆっくりと探り、

もし必要であれば迅速に獣医師の助けを求めることが大切です。

 

愛犬の健康と幸せを守るために、

私たち飼い主が正しい知識と理解を持つことが何よりも重要です。

タイトルとURLをコピーしました