PR

3歳児におすすめ!ベビーカーからのステップアップ移動手段7選

未分類

スポンサードリンク




PR

アフィリエイト広告を利用しています

 

 

 

愛用してきたベビーカーも、

お子様が3歳を迎える頃には、

少々手狭に感じたり、持ち運びが大変になることもあるでしょう。

 

しかし、まだまだ長い距離を歩くのが難しい年齢でもあり、

予期せぬ昼寝の必要があるため、移動手段には頭を悩ませるものです。

 

そんな旅行やお出かけの際に困らない、

3歳のお子様向けに最適化された、

持ち運びに便利で使い勝手の良い代替移動手段をご紹介します。

 

お子様の性格や好み、またはご家族のライフスタイルに合わせて、

最適な選択をしてみてください。

 

3歳の子供のためのベビーカーの次に選ぶべき7つの移動手段

 

 

子供が3歳になると、

新しい移動手段に切り替えるタイミングかもしれません。

 

以下は、そんな時におすすめの7つのアイテムです。

 

  • – 持ち運びが容易な軽量バギー
  • – 自分でこげる楽しい三輪車
  • – 初めての自転車感覚を味わえるストライダー
  • – アウトドア活動に最適なワゴン
  • – ベビーカーに取り付け可能なバギーボード
  • – 旅行用の子ども向けキャリーケース
  • – ヒップシート

 

軽量バギー

 

買い物や散歩など、ちょっとした外出時に大活躍する軽量バギー。

 

バギーとは、軽量B型ベビーカーの一種で

リクライニング機能が付いておらず、簡易的な作りなのが特徴です。

 

最新のモデルは折りたたみが簡単で、持ち運びにも便利です。

 

コンパクトなサイズで、狭い場所でも邪魔にならず、

一部のお店ではベビーチェアとしても活躍します。

 

三輪車

子供が自分でコントロールできる楽しみを提供する三輪車は、

折りたたみが可能で、安全性にも配慮されたデザインが豊富にあります。

 

小さいうちから乗り物への興味を育み、

遊びながら運動能力を養うことができます。

 

ストライダー

ペダルがなく、地面を蹴って進むことで

バランス感覚を養うストライダー。

 

軽量で持ち運びやすく、幼少期から

自転車に乗る準備をするのに最適です。

 

バランス能力だけでなく、全体の身体能力の向上にも役立ちます。

 

アウトドアワゴン

家族でのキャンプやピクニックに最適なアウトドアワゴン。

 

広いスペースと耐久性で、子供を乗せたり、

大量の荷物を運んだりするのに重宝します。

 

折りたたみ可能で、使用しない時はコンパクトに収納できます。

 

バギーボード

 

既存のベビーカーをまだ使いたいけれど、

もう一人の子供も一緒に乗せたい場合に便利なバギーボード。

 

バギーボードとは、

ベビーカーやバギーの後輪フレームに取り付けて、

上のお子様を乗せて移動するためのボードです。

 

簡単に取り付けられ、

二人の子供の重みにも耐えられるよう設計されています。

 

兄弟での外出時にぴったりです。

 

子ども用トラベルバッグ

お子様専用のトラベルバッグは、

ファミリー旅行の際に非常に便利なアイテムとしておすすめです。

 

このバッグは、お子様が

自ら持ち歩くことができるようにデザインされており、

旅の途中での探検心を刺激し、

旅行の楽しさを一層引き立ててくれます。

 

特に、お子様がバッグに座って

楽に移動できるモデルもあり、

長い距離の移動が必要な場合でも、

スポンサードリンク

ベビーカーを持ち歩く手間を省けるため非常に重宝します。

 

さらに、必要な荷物をすべて収納できる

十分な容量を持っており、旅行先での必需品を一つにまとめることができます。

 

ヒップシート

 

ヒップシートは、

近年愛用者が増えてきている抱っこ紐の一種で、

赤ちゃんが座れる台座付きの抱っこ紐のことです。

 

家庭内での使用に限らず、私たちの生活において

ヒップシートは依然として重要な役割を果たしています。

 

このシートは最大20kgまでの重さに対応しており、

日々の送迎時にはもちろん、

ベビーカーや自転車での移動が難しい状況で大変役立ちます。

 

お子様が目覚めているときには

何の問題もありませんが、仮に眠ってしまった場合、

従来の移動手段では対応が難しい場合があります。

 

お子様が成長し、抱っこする際の重さや負担が増すにつれ、

ヒップシートの利用はより負担が少なく済むため、

多くの家庭で愛用され続けています。

 

その便利さと安心感から、

ヒップシートはまだまだ多くの家庭で必需品として位置付けられています。

 

3歳児のベビーカー使用についての見直しは必要?

 

子どもが3歳になると、

多くは自分の足でしっかりと歩けるようになります。

 

この成長の節目に、親御さんの中にはベビーカーの利用を止めて、

子どもの体力をさらに育てようと考える方もいます。

 

そんな中、ある有名人が3歳のお子さんを

ベビーカーに乗せる様子を公表したところ、

オンライン上で様々な批判が寄せられました。

 

「3歳でベビーカーを使うべきではない」

「そろそろベビーカーから卒業する時期では」

「ベビーカーを使うのは親の楽をするためか」

といった意見が見られました。

 

しかし、ベビーカーの推奨使用年齢は

最大で48ヶ月(4歳)までとされており、

多くの家庭では子どもが2歳から3歳になる頃に

ベビーカーの使用を見直す傾向にあります。

 

ただ、子どもの発育具合や家庭の状況、

他の移動手段の可否など、

卒業のタイミングは家庭ごとに異なります。

 

早期にベビーカーを卒業させることが

すべての子どもに合うとは限らず、

歩行の自立や甘えの克服に直接つながるとも限りません。

 

何より大切なのは、

子どもの成長に合わせて歩行能力を自然に伸ばしていくことでしょう。

 

3歳児向けのベビーカー代替移動手段7選まとめ

 

3歳のお子さんにぴったりの

ベビーカー以外の移動手段として

旅行やお昼寝の際にも便利な代替手段をご紹介しました。

 

  • – 身軽で便利な軽量バギー
  • – 自分でこげて楽しい三輪車
  • – 足腰のバランスを鍛えるストライダー
  • – 野外イベントに最適なアウトドアワゴン
  • – お手持ちのベビーカーに取り付け可能なバギーボード
  • – お出かけに便利な子ども用キャリーバッグ
  • – 抱っこも楽々、便利なヒップシート

 

旅行時には特に、アウトドアワゴンやキャリーバッグが

大きな荷物も楽に運べて役立ちます。

 

また、お昼寝の時間には、

ヒップシートがお子さんを安心して休ませるための選択肢になります。

 

それでも、お子さんの安全を第一に考える場合、

やはりベビーカーを使用することが最も安心できる方法かもしれません。

タイトルとURLをコピーしました