PR

【PTA離脱ガイド】離れる時に直面する問題とは?体験談をもとにした詳細解説!

未分類

スポンサードリンク




PR

アフィリエイト広告を利用しています

お子様が小学校に入学する際、

避けて通れないのが「PTA」という存在ですね。

 

今回は、

PTAから手を引く際に直面するであろう問題点、

離脱すべきか否かの判断基準、

PTAを離れた(または加入を見送った)方々の後日談、

さらにはPTA離脱や加入しない際の具体的な手続き方法

について、深掘りしていきたいと思います。

 

日々の忙しさの中で、

PTAの役職を担うことによって休日を返上しなければならなかったり、

自分とは合わない活動に無理やり参加させられたりすることも少なくありません。

 

多くの方が

「PTAはもう充分!面倒だ!」と感じていることでしょう。

 

しかし、実のところPTAへの参加は義務ではなく、あくまで任意

 

理想を言えば、参加も離脱も自由自在に選択可能であるべきです。

 

そこで初めに、PTAを離脱する際に生じる可能性のある損失について、詳しくご説明します。

 

PTA離脱に伴う損失とは?

 

PTAを離れる際に考えられる損失は主に2つに分けられます。

 

第一に、

PTAの会費を納めていないことによりお子様が受ける影響

が挙げられます。

 

次に、

PTA活動への不参加が保護者ご自身に及ぼす影響

です。

 

会費未払いによる子どもへの影響

 

PTAに加入せず、その結果としてPTAの会費を支払わない場合、

お子様が学校行事やイベントに参加した際に不利益を被ることがあります。

 

具体例を挙げると、

卒業式での記念品がもらえないという事態が考えられます。

 

これは、PTAの会費を納めていないために起こり得る事です。

 

学校運営資金不足の問題

 

PTAの会費の大部分は学校の運営資金として活用されています。

 

多くの方がPTAの会費は

主にイベントや行事に充てられるものと考えがちですが、

実際にはトイレットペーパーや石鹸などの消耗品や、

コピー機などの設備維持費用にも使われているのが現状です。

 

これらは行政からの補助や税金ではなく、

PTAの会費から賄われています。

 

したがって、会費の支払いが減少すれば、学校の運営に支障が出て、

学校運営資金に関わる費用(PTA本会計)を別途調達する必要性が生じるかもしれません。

 

登下校時の安全問題

もう一つの重大な損失として、登下校の安全が挙げられます。

 

PTAによって組織される登下校班や地域班から外れてしまうと、

「一緒に学校まで歩くことができなくなる」、

または「親御さん自身が送り迎えをする必要が出てくる」

といった状況になりかねません。

 

【PTAとの距離の置き方】離脱後に見えてきた現実とは?

 

子供の教育に関わるうえで避けられない存在である「PTA」。

 

しかし、その関わり方には人それぞれの事情があります。

 

今回は、PTAから離れた人々の経験をもとに、

離脱することで生じる可能性のある問題点、

離脱を考える際の基準、

そして

離脱後の手続き方法

について、詳しく掘り下げてみましょう。

 

PTA離脱後の変化と対応

 

PTAを離れた後、人々が直面する変化について調査しました。

 

人間関係の変化

 

PTAからの離脱が原因で起こる嫉妬や悪意に満ちた行動が、

ネットやメディアで取り上げられることがあります。

 

多くの人が渋々ながらもPTA活動に参加している中、

離脱を選ぶと「他人より楽をしている」との不公平感を抱かれやすく、

結果として人間関係におけるトラブルが生じがちです。

 

ボランティアへの非参加の宣言

 

PTAへの非参加は、

子どもたちのためのボランティア活動から手を引くことを意味します。

 

これにより、「協力しない」というスタンスをとることになり、

結果的に周囲からの理解を得にくくなるのが一般的な状況です。

 

PTAを廃止または外部委託した学校のその後

 

「PTAなんて廃止にすればいい」という意見もあります。

 

実際に、外部の組織に活動を委託する「PTA外注化」を行ったり、

PTAを廃止した学校も存在します。

 

例えば、

PTAを廃止した公立学校では、

その代わりとなる新しい組織が立ち上がり、

活動していますが、こうした変化にはデメリットも存在します。

 

PTA不在の際の行政との折衝の難しさ

 

地域の問題に対して行政に働きかける場合、

PTAが存在しないことで交渉する主体が不在となり、

学校としての要求が難しくなります。

 

校長先生も「PTAがなければ行政との交渉が困難になる」と語っています。

 

保護者の協力なしに一方的な要求を行うと、

行政の反応は鈍くなることが予想されます。

 

PTAは地域社会や他の教育機関と密接に関わっているため、

学校だけでの廃止決定は複雑な問題を含んでいます。

 

PTA離脱の検討ポイント

 

PTAからの離脱を考える際には、

次の3つのポイントを深く考える必要があります。

 

  1. お子様への影響
  2. 周囲からの反応
  3. 会費の取り扱い

 

これらを熟考し、ご自身とお子様にとって最適な決断を下すことが推奨されます。

 

PTAからのスマートな離脱方法:理解者を見つけるコツ

 

スポンサードリンク

これまで、PTAから離脱する際に

直面する可能性のある問題点や離脱・解散のデメリットについて考察してきました。

 

しかし、忙しい日々を送る中で家事や育児、

さらには介護を担う家庭も少なくありません。

 

そうした中でPTA活動に積極的に参加することが難しい場合もあるでしょう。

 

PTAへの参加が難しい時に最初にすべきことは、

理解ある支援者を見つけることです。

 

活動に精通した運営委員や経験豊かな役員など、

相談可能な人物を探しましょう。

 

あなたの状況を真摯に聞き入れてくれる人物の存在は、非常に重要です。

 

役割の配分と選出方法の把握

 

PTAから離れることを検討している場合、

特に次年度の役員選出や委員会の選定が行われる前に

相談を持ちかけるとよいでしょう。

 

役員がどのようにして選出されるのか、

相談によるものなのか、抽選が行われるのか、

それとも地域の伝統に基づくのかを理解することは大切です。

 

多くの保護者が、このような情報を事前に収集し、

自身の仕事の忙しさや子どもの学年などを考慮しながら、

事前に準備を進めています。

 

このように事前に計画を立てることで、

PTA活動をこなすことが可能になる場合もあります。

 

役員間の人間関係とその重要性

 

役員や委員間での良好な人間関係の構築も、非常に重要な要素です。

 

私が所属する学校では、

PTA役員同士がお互いに助け合い、

協力し合っています。

 

仕事や家庭の状況をお互いに共有し、支え合うことで、

「共に頑張ろう」という協調の精神が育まれます。

 

役員経験者から実際の話を聞くことで、

PTAの内情や学校の雰囲気をより深く理解することができます。

 

PTA離脱・非加入の手続き方法

 

最終的にPTAから離脱する際に必要な手続きについても触れておきます。

 

脱退や非加入に関する手続きは

学校によって異なるため、一概には言えません。

 

中には、非加入のプロセス自体が明確でない学校も存在します。

 

まずは、お子さまが通う学校やPTAの

運営部門に直接問い合わせてみることをお勧めします。

 

学校によっては、退会届の様式が整っている場合もあれば、

私の学校のように副校長との面談を経て

非加入の手続きを進めることになっている場合もあります

(ただし、現時点で非加入の家庭は存在しないかもしれません)。

 

PTA離脱者が少ない学校の特徴とは?共通するポイントを探る

 

我が校においても、PTAの役割や責任を一切担わない人々や、

PTA費を支払っていない方々が存在しています。

 

にもかかわらず、PTAから離れる人が極めて少ない背景には、

互いに協力し合う学校のコミュニティの力が大きく影響していると考えられます。

 

当校では、役職への就任は強制や無作為な抽選に頼ることなく、

自ら積極的に手を挙げる人が多数を占めています。

 

役職に就いているか否かに関わらず、

「自身が可能な範囲での参加」を心がけ、

相互の配慮と柔軟性をもって協力し合うことが、

このコミュニティの根底に流れる大切な価値観となっています。

 

PTAとは、元来、子どもたちの利益のために

教師と保護者が自発的に参加するボランティアの集まりです。

 

参加を義務付けるのではなく、活動内容をシンプルにし、

忙しい日々を送る人でも「年に一度や二度なら貢献できる」

と感じられるように、柔軟な運営が可能です。

 

このような自由度の高い、

変化に富んだ組織であるほど理想的です。

 

PTAにまつわる否定的な見方が少なからずある中で、

子どもたちが親御さんの活動を見て

「楽しそうだな」と感じ取れるような環境を築くことの重要性は計り知れません。

 

まとめ:PTAへの関わり方を再考する

 

正直なところ、私自身はPTAへの関与を避けたいと長らく考えていました。

 

親たちの間で生じる複雑な人間関係や、それに伴う煩わしさは、

幼稚園の頃の経験だけで充分だと感じていたからです。

 

しかし、PTAへの参加を見送る選択をした方々にも、

それぞれ納得のいく理由や背景があるはずです。

 

役職に就いた場合、特に中心的な役職を務めると、

終わりの見えない会議や準備作業に追われ、

時には本業を超えるほどの忙しさを感じることがあります。

 

中には、「くじ引きで役職が決まってしまい、渋々引き受けた」

という方もいらっしゃいますが、

我が校では特に重要な役職ほど、

自主的にそれを担う意欲的な人が多くいるように思います。

 

「役職に就くこと自体が負担」と感じる方もいれば、

「そもそもPTA活動に参加することが難しい」という方もいます。

 

役職を義務付けている学校では、

「お子様一人につき最低一度は役職を経験する」

「役職の重さに応じてポイントを付与する」

といった規則が設けられていることもあります。

 

学校によって状況は様々ですので、

同じ学校の経験者の意見を参考にしながら、

あなたとお子様にとって最も適したPTAとの関わり方を

見つけ出していただければと思います。

タイトルとURLをコピーしました