PR

ペット犬との生活におけるストレス対応策:新たな家族の探索、保健所への託送、そしてしつけ教室での学び

未分類

スポンサードリンク




PR

アフィリエイト広告を利用しています

 

 

 

新型コロナウイルスが世界を席巻して以来、

多くの家庭がペットを迎え入れることによって、

家の中に新しい命の喜びを見出しています。

 

海外では、犬や猫といったペットを気軽に迎える風潮があり、

それが原因で後にペットを手放すことになるケースが

絶えず報告されています。

 

このような背景を受け、ペットの飼育基準を厳しく定めた

新しい法律を制定する国も出現しました。

 

愛犬は家族のように大切にされているものの、

様々な理由からペットを手放さざるを得ない状況に陥ることがあります。

 

子犬の頃はその可愛らしさで全てを包み込むようですが、

成長するにつれてその扱いが難しくなることもあります。

 

噛みつきや吠えるといった行動が、

飼い主にとって大きな心理的負担となる場合も少なくありません。

 

加えて、引っ越しや住環境の変化といった外的要因によって、

悩ましい選択を迫られることもあります。

 

もし犬を手放す必要に迫られたときには、

3つの選択肢を検討する価値があります。

 

最初の選択肢は、

愛情深く犬を迎え入れてくれる新しい家族を探すことです。

 

この方法を選べば、

犬は温かな新しい家庭で幸せに過ごすことができるでしょう。

 

次に、

犬を自治体の保健所に預ける選択肢がありますが、

この道を選ぶと、ある一定期間が過ぎた後には、

犬が安楽死させられる可能性があるので注意が必要です。

 

最後の選択肢は、

犬の行動問題を解決するために、

ドッグトレーナーやしつけ教室に相談し、

専門的な訓練を受けることです。

 

この方法を選べば、

扱いにくいと感じていた犬を、もっと扱いやすく、

また飼い主と快適に共生できるように変えることが期待できます。

 

これらの選択肢をきちんと理解し、

自分の状況に最も合った解決策を見つけ出すことが、

犬と飼い主双方にとって幸せをもたらす最良の道となるでしょう。

 

ペットとの生活は喜び多きものですが、

時には困難に直面することもあります。

 

そんなときこそ、冷静に状況を判断し、

最適な選択をすることが重要です。

 

ペットの新しい家族を見つけるためのオンラインマッチングサービス「ペットのおうち」「ジモティー」「いつでも里親募集中」各サイトの特徴とその違い

 

ペットの新しい飼い主を見つける手段として、

インターネットの里親募集プラットフォームが

大きな役割を果たしています。

 

これらのプラットフォームは、

新しい家庭を求めるペットと、

ペットを愛情を持って受け入れたいと願う人々をつなぐ架け橋となっています。

 

多様なプラットフォームが存在する中で、

特に目立つ3つのサイトに焦点を当て、

それぞれのサイトが持つ特色や異なる点について細かく解説します。

 

「ペットのおうち」

 

多種多様な動物の里親募集に対応している点が

「ペットのおうち」の大きな特徴です。

 

ここでは、犬や猫だけでなく、ウサギやハムスター、

インコといった小動物や、さらに特殊なケアを必要とする動物たちまで

幅広い種類の動物たちが里親を待っています。

 

利用を開始するには、

非営利目的であることを認める同意と共に会員登録が必要とされ、

スポンサードリンク

その後、希望するペットに対して応募し、

候補者と直接連絡を取り合うことが可能です。

 

特に注目すべき点は、時間的制約のある

保健所に収容されている犬の情報も提供していることで、

これにより緊急を要するケースでも

迅速な対応が期待できます。

 

ジモティー

 

「ジモティー」は元々地域密着型のフリーマーケットとして知られていますが、

里親募集に特化したカテゴリも充実しています。

 

犬や猫はもちろんのこと、小動物、熱帯魚、爬虫類まで、

多岐にわたる種類の動物が新しい家族を待っています。

 

ジモティーでは、身分証の提示を義務付けるなど、

譲渡後のフォローアップを含めた厳格な規約が設けられており、

動物の安全と幸福を第一に考えた運営が行われています。

 

いつでも里親募集中

 

専ら犬と猫の譲渡に特化している「いつでも里親募集中」は、

利用にあたって会員登録が必須で、営利目的の禁止や、ワクチン接種、

避妊・去勢手術などの規約への同意が求められます。

 

このサイトでは、里親となる候補者との間でのメッセージのやり取りが可能で、

譲渡が決まった後は、直接の引き渡しや誓約書の交換、

詳細なヒアリングを通じて、丁寧で責任ある譲渡が行われることが特徴です。

 

これら3つのサイトは、ペットとその新しい家族を結びつけるために、

独自の特徴と厳格な規約を設けて運営されています。

 

ペットの福祉を最優先に考え、

適切なマッチングを目指している点で共通しており、

多くのペットと新しい飼い主が幸せになるための大切な役割を果たしています。

 

保健所に収容された犬のこれから:救済の可能性と7日間の猶予期間

 

保健所は迷い犬や飼育を放棄された犬を

受け入れる場所としてよく知られていますが、

飼い主によって保健所に連れてこられた場合、

すぐには引き取られないことが多いです。

 

保健所での最初のステップは、

飼い主が犬を手放したいと思った理由を詳しく聞くことから始まります。

 

このヒアリングを通じて、もし犬の不適切な行動が原因である場合、

ドッグトレーナーからの専門的なアドバイスや、しつけの再教育、

預かり訓練を受けることで問題の改善が図られることもあります。

 

これらのサポートは、

飼い主がペットとの共生を継続できるように助けるために提供されます。

 

このような支援の背後には、保健所での引き取りが

事実上の最後の選択肢であるという現実があります。

 

保健所に預けられた犬が、

法定の保留期間である約7日間(休日を除く)以内に

新しい飼い主を見つけられなければ、

動物愛護センターへと移送され、そこで安楽死される運命にあるのです。

 

このため、保健所では犬たちの命をできるだけ救うための努力をしています。

 

まとめ

 

映画「ひまわりと子犬の7日間」は、

保健所で働く人々が犬たちに新しい家庭を見つけるために

奮闘する姿を描いており、保健所に収容される犬たちが直面する

厳しい現実を視聴者に強く訴えかけます。

 

この映画は、ペットを保健所に預けることを検討している飼い主に対して、

問題の多角的な理解を深める機会を提供します。

 

もし保健所への預け入れを考える前に、

新しい里親を見つける努力をしたり、

飼育の方法に関して専門家に相談を考えたりすることが、

あなたとあなたの愛犬にとって最善の道かもしれません。

 

さまざまな里親募集サイトがあり、

愛情を持ってあなたの犬を迎えてくれる

新しい家族を見つける支援をしてくれます。

タイトルとURLをコピーしました