PR

【初盆】お寺での服装の心得(喪服・平服)【男女別】

未分類

スポンサードリンク




PR

アフィリエイト広告を利用しています

 

 

 

初盆にお寺で参加する際には、

「どのような服装で行けば良いのか?」

と疑問を持つ方が多いです。

 

特に夏場は気温も高く、

カジュアルな服装での参加が可能かどうか、

その疑問をお持ちの方もいるでしょう。

 

たとえば、

ポロシャツでの参加は適切なのかという疑問は、

意外と多くの方が考えるところです。

 

初盆、または新盆とは、

一般的なお盆とは異なり、特有の習俗が存在します。

 

これには、自宅での法要やお寺での式典などが含まれます。

 

この記事では、

お寺で行われる初盆の際の適切な服装について、

男性と女性の両方に分けて詳細にご説明します。

 

服装選びでは、周囲との調和とともに、

礼儀を尊重することが求められます。

 

初盆の服装ガイド【女性版】ストッキングは黒か肌色どちらが適切?

 

まずは女性の服装に焦点を当ててみましょう。

 

通常、初盆には夏用の喪服を着用することが一般的です。

 

これは葬儀の際と同じ服装が求められることが多いです。

 

故人の親族として参列する場合、

控えめな色合いのドレスやワンピースの着用も許されますが、

大変な場面ではなくとも、やはり格式を重んじた服装が好ましいです。

 

いくつかの場では、

普段着での参加が認められることもありますが、

「平服」という言葉が指すのは、

決してカジュアルな私服を意味するわけではありません。

 

法要にふさわしく、黒を基調とした装いが適切とされています。

 

選ぶべきは、光沢のない黒色の無地のワンピースやスーツで、

丈は必ず膝下まであるものを選びましょう。

 

袖は、半袖以上が好ましいですが、

真夏日であっても半袖の喪服は受け入れられる傾向にあります。

 

日常的な洋服を着用する際には、

ノースリーブや過度の露出を避けるべきです。

 

また、素足での参加も避け、

肌色のストッキングが許容される場合がありますが、

トラブルを避けるためにも、黒色のストッキングを選ぶことをお勧めします。

 

夏場には、通気性が良く快適な黒色のストッキングが理想的です。

 

アクセサリーに関しては、

シンプルにパールのみを選び、

バッグや靴も光沢のない黒色を選ぶのが理想的です。

スポンサードリンク

 

靴はできるだけ低いヒールを選び、本革製品は避けたほうが無難です。

 

メイクは派手にならないように、

ナチュラルな仕上がりを心がけましょう。

 

長い髪の方は、

簡素なポニーテールやお団子ヘアでまとめると良いでしょう。

 

これにより、品位ある装いで初盆の儀式に臨むことができます。

 

初盆の服装【男性編】ネクタイの選び方と上着の着用について

 

初盆の儀式に参加する際、

男性の服装はどのようにすべきか、

多くの方が悩まれるかと思います。

 

夏場に適した喪服を選ぶことが基本であり、

特にネクタイは黒、グレー、または紺色の無地が推奨されます。

 

黒色が最も望ましい選択肢ですが、

手持ちにない場合は他の深みのある色で調整しましょう。

 

シャツは白無地のものが最適で、

カジュアルすぎるポロシャツなどは避けるべきです。

 

また、スーツのボタンやインナーが透けないように、配慮が必要です。

 

足元では、黒色の靴下がマナーとして好まれますが、

白色は避けた方が無難です。

 

特に座敷に上がる際は、

抗菌防臭加工された靴下を選ぶことで、

不快な足の臭いを防ぐことが可能です。

 

ネクタイピンやその他のアクセサリーについては、

このような公式な場では必要ありません。

 

装いはできるだけシンプルに保つべきです。

 

夏場でも、

半袖の白シャツを着用することは許されていますが、

短パンは避けるべきです。

 

さらに、上着を持参することが推奨されています。

 

 

儀式が始まると、進行者から

「上着を脱いでも良い」と言われることがありますが、

それまでは上着を着用していることが礼儀とされています。

 

ただし、夏の暑さによる熱中症のリスクも考慮し、

無理をせずに上着を携帯するだけでも礼儀と認識されます。

 

まとめ

 

これらの服装ガイドラインは、

初盆という特別な機会に適したもので、

故人が亡くなって初めて迎えるお盆であるため、

通常のお盆とは異なる重要なイベントとなります。

 

適切な服装を選ぶことで、故人との再会を尊重し、

故人を敬う心を表現しましょう。

 

この情報が初盆に参加される方々にとって役立つことを願います。

タイトルとURLをコピーしました