PR

親戚へのお歳暮のお礼状:カジュアルで心温まる表現と具体的な例文集

未分類

スポンサードリンク




PR

アフィリエイト広告を利用しています

 

 

 

年末が近づくと、親戚からお歳暮を受け取る機会が増えます。

 

このような時、感謝の気持ちを伝える手段として、

電話やデジタルメッセージも便利ですが、

特に年配の親戚には、

書面で心からの感謝を表すことが一層の礼儀となります。

 

お歳暮に対してお礼状を書く際には、

あまりに堅苦しい表現では親しみにくく感じられるかもしれませんし、

一方で過度にカジュアルな表現は失礼につながる恐れがあります。

 

感謝の気持ちを適切に伝える

バランスの良い文章を心掛けることが大切です。

 

この記事では、

親戚向けのカジュアルながらも

失礼のないお歳暮のお礼状の書き方、

具体的な例文、基本的なお礼状の構成要素、

お礼の品を添える際の一言メッセージ、

またリラックスした雰囲気のお礼状を書く際の

ポイントを詳細に解説します。

 

親戚に感謝を伝える心温まるお歳暮のお礼状の作成方法

 

親戚へのお礼状では、

心からの感謝を込めたメッセージを送ることが、

親密な関係を維持するための

重要なコミュニケーションとなります。

 

お歳暮として返礼品を送る必要はない場合が多いですが、

感謝の気持ちを具体的に形にする際は、

年始やその他の時期に「寒中見舞い」を贈ることが一般的です。

 

また、経済的な理由から

お歳暮を断る必要がある場合でも、

贈り主への感謝のメッセージを添えて、

適切な返礼を行うことが望ましいとされています。

 

この際、

「将来的には無理なく続く関係を望んでいます」

といった文言を加えることで、

両者の心地よい関係が継続することを示すことができます。

 

以下に、具体的なお礼状の例文を示します。

 

例文①お礼の品を送らない場合

 

寒い冬の季節、いかがお過ごしでしょうか。

先日、美味しいお菓子を送っていただき、

心から感謝しております。

 

家族一同、その味を楽しませていただきました。

 

いつも私たちのことを気にかけてくださり、

深く感謝しております。

これからもどうぞご自愛くださいませ。

 

例文②お歳暮を辞退したい場合

 

年の瀬が迫るこの時期、皆様の健康と幸せを願っています。

 

この度は、心温まるお歳暮をいただき、

感謝の気持ちでいっぱいです。

 

日頃から連絡が行き届かず申し訳ありません。

 

今後も、

お互いに無理のない範囲での交流を

心がけたいと思っております。

 

ますます寒さが厳しくなりますので、

どうかお体を大切にされてください。

 

お歳暮へのお礼状の正しい書き方ガイド

 

年末になると、

親戚からお歳暮を受け取ることがよくあります

 

。その感謝の気持ちを適切に伝えるために、

お礼状の書き方の基本から応用までを詳しく解説します。

 

お礼状の構成要素

 

  1. **前文**

 

– **頭語**:

通常「拝啓」と書き始め、尊敬の念を示します。

– **時候の挨拶**:

季節に応じた挨拶や相手の安否を気遣う言葉を添えることで親しみを表現します。

 

  1. **主文**

 

– **起こし言葉**:

「このたびは」や「さて」など、文の導入をスムーズにする表現を用います。

– **本文**:

受け取ったお歳暮への感謝を具体的に述べ、心からの感謝を表現します。

 

  1. **末文**

 

– **結びの言葉**:

相手の健康を祈る言葉や、再び感謝を表す文言を加えます。

– **結語**:

「敬具」などの形式で締めくくり、

書き始めの「拝啓」と対になる形を取ります。

 

  1. **後付**

– **日付**:

手紙を書いた日を記入します。

– **差出人の署名**:

差出人の名前を明記し、敬称を添えます(例: ○○様)。

– **脇付**:

スポンサードリンク

親しい関係では通常の書き方では省略されがちな

「侍史」「貴下」などの補足もありますが、必要に応じて使用します。

 

カジュアルだが丁寧な親戚宛お礼状の書き方

 

親戚宛のお礼状を書く際は、

堅苦しさを避けつつも礼儀を欠かさない書き方が重要です。

 

– **頭語と結語の省略**:

カジュアルな内容の場合は「拝啓」や「敬具」のような

堅苦しい表現を省略しても問題ありません。

 

– **本文の構成**:

季節の挨拶は簡潔にし、

お歳暮に対する感謝の気持ちや具体的な感想を

自然な形で織り交ぜることが良いでしょう。

 

お歳暮に添える一言メッセージのアイディア

 

お歳暮と共に贈るお礼の品には、

心を込めた一言メッセージを添えることで、

より一層の親密さを演出できます。

 

家族関係ごとのメッセージ例

 

  1. **祖父母へのメッセージ**

「おじいちゃん、おばあちゃん、いつもお心遣いありがとうございます。おいしいものをいただいて、大変嬉しいです。また一緒に時間を過ごしましょうね!」

 

  1. **おじへのメッセージ**

「○○おじさん、

このたびは素晴らしい贈り物をありがとうございました。

寒さが厳しいですが、お身体に気をつけてくださいね。」

 

  1. **おばへのメッセージ**

「△△おばさま、

いつも思い出深いお菓子をありがとうございます。

こちらからも地元の特産品をお送りしますので、

楽しみにしていてくださいね。」

 

  1. **いとこへのメッセージ**

「〇〇さん、

前にいただいたお菓子が本当に美味しかったです。いつもありがとう!

お返しにこちらの△△を送ります。是非楽しんでくださいね。」

 

これらのポイントと例文を参考にしながら、

あなたの感謝の気持ちを形にしてみましょう。

 

親戚向けリラックスした雰囲気でのお歳暮お礼状の書き方とポイント

 

お歳暮を受け取った際は、

できるだけ早く感謝の気持ちを伝えることが大切です。

 

理想的には、

お歳暮を受け取ってから3日以内にお礼状を出すことが望ましいとされています。

 

もし何らかの理由で送るのが遅れてしまった場合には、

遅れたことに対するお詫びを添えることで、配慮が伝わります。

 

カジュアルなトーンで書かれた手紙であっても、

季節の挨拶を加えることから始め、

その後に感謝の内容を述べ、

最後には結びの言葉で手紙を締めくくるという流れを守ることで、

礼儀を失わない書き方ができます。

 

カジュアルでも心を込めたお歳暮のお礼状の書き方まとめ

 

お歳暮への感謝を伝えるお礼状は、

ただ単に感謝を表現するだけでなく、

相手への配慮としても非常に重要です。

 

多くの場合、

返礼品を送る必要はありませんが、

お礼状一通で充分な場合もあります。

 

お歳暮を辞退する場面では、

贈られたお歳暮と同等価値の品と一緒に感謝の手紙を送ります。

 

手紙には「感謝の気持ちを込めて」と

「無理なく続けられる関係を望んでいます」

といった言葉を添えることで、

良好な関係を維持することができます。

 

手紙は、季節の挨拶から始め、

贈り物に対する具体的な感想を織り交ぜ、

結びの言葉で形式を整えることで、

堅苦しくないが丁寧な印象を与えることが可能です。

 

たとえば、

「いただいたお菓子がとても美味しかったです」や

「家族一同、喜んでおります」といった言葉を使うと、

受け取った喜びがより具体的に伝わります。

 

返礼品が必要ない場合でも、

何かを贈り返したいと思うなら、

次のお歳暮、お年賀、または寒中見舞いの形で贈ると良いでしょう。

 

お礼状には、親しみやすいメッセージを添えて、

形式ばらない心地よいコミュニケーションを心掛けましょう。

 

お歳暮を受け取った際には、

その感謝の気持ちを迅速かつ心を込めて表現することが礼儀とされています。

 

シンプルでありながらも心のこもったメッセージで、

感謝の気持ちを伝えることが重要です。

 

例文を参考にして、

心温まるお礼状を作成してみてください。

タイトルとURLをコピーしました