PR

子育て中にイライラしすぎて自己嫌悪!現状から脱出できた魔法の言葉

子育て

スポンサードリンク




PR

アフィリエイト広告を利用しています

 

 

 

 

 

子育て中のママの多くが

「イライラする自分に自己嫌悪になる」ということを

経験しているのではないでしょうか?

 

可愛い我が子なはずなのに、イライラしてしまい

感情で叱ってしまったり、態度に出してしまったりして

子どもが悲しそうな、寂しそうな顔をしていて…。

 

その時は、ママも感情を抑えることが難しくて

寝ている我が子の頭をなでながら

何度も何度も「ごめんね」を繰り返す。

そんな経験ってないですか?

 

私はたくさんあります。

例えば、子どもが一生懸命話しているのに

「忙しいから後でね」「ちょっと静かにして」と

疲れている事や忙しいを理由に、そっけなかったり

ちょっとしたことで感情的になり

「もういいかげんにしてよ」「勝手にしなさい」と

怒鳴ってしまったり。

 

何度も自己嫌悪に陥ってしまい、自分のことを

「なんてダメな母親なんだろう」「母親失格」

「子育てに向いてない」「私の子どもになったのがかわいそう」と

自分のことを責めて、すごく落ち込んだことがあります。

 

毎日がその繰り返しで、体調まで崩してしまったこともありました。

 

そんな時、久しぶりにランチに連れ出してくれた

先輩ママのたった一言が、魔法の言葉となって

私の心を救ってくれました^^

 

子育て中のイライラは一生懸命の証

 

「イライラするに決まってるじゃん!だって一生懸命でしょ?」

 

この一言に私は、ポカンとなりました。

 

その先輩ママは話を続けます。

「一生懸命、子どもと向き合うからイライラするんだよー」

「だって子どもは可愛いでしょ?ちゃんと育てなきゃと思うよね」

「人の子が同じことしても、イライラしないでしょ?」

「我が子には責任があるから、イライラするし感情も出るんだよ」

 

そんな先輩ママの話を聞いているうちに

私の心のつっかえがスーッと消えていきました。

 

「イライラするのは一生懸命子育てしている証」

 

そんな簡単なことも忘れるくらい

追い込まれていたんだなと実感しました。

そのくらい、どのママも必死なんですよね。

 

「ちゃんと育てなきゃ」「教えてあげなきゃ」

「親が見えない所で、きちんとできるように」

「将来困らないように」と親は考える。

子どもと向き合おうと、毎日必死ですよね。

 

「それでいいんだよ~」

「頑張りすぎず、手抜きも大事だよ」と言われて

恥ずかしながら、涙を流しました。

相談して、本当に良かったと思いました。

 

自分の正直な気持ちを伝えて子どもの心のケアを

 


それと同時に

「自分の正直な気持ちを伝えて、子どもの心のケアを

忘れないようにする。これだけは忘れなようにね」

ということも教えてもらいました!

 

子どものことを一生懸命考えて

スポンサードリンク

毎日頑張っているから感情的になる。

そんな時に、ふととってしまった言動だとしても

子どもにとっては、納得がいかないこと。

心も傷ついているはずです。

 

なので、ママの正直な気持ちを伝えて

子どもの心のケアを、忘れないようにするのは大事なことです。

 

「さっきはごめんね。ママ疲れてて嫌なこと言ったね。」や

「お話聞けなくてごめんね。今また話してくれる?」など

少し気恥ずかしいかもしれませんが

素直になって、子どもと向き合ってみましょう。

 

そしてオプションとして、ハグも忘れずに♪(笑)

小学校高学年以上になると

「きもちわる~」「離れてよ~」なんて言われて

突き放されるかもしれませんが

嬉しくないはずありません!(たぶん・・・(笑))

 

子どもに「ママはあなたのことが大好きで大切なんだよ」

という気持ちを、きちんと伝えていきましょう。

 

私たちが子どもの気持ちが分からなかったりするように

子どももママの気持ちが分からず、不安になっているはずです。

 

私たち親が「自分の気持ちは素直に伝えること」を

自分の身をもって、教えてあげましょう。

 

まとめ

 

イライラするのも、自己嫌悪になるのも

みんなが経験している事です。

「自分だけがこんなにダメな母親なんだ」と

決して自分を責めないでください。

 

イライラしたままだったり、毎日怒鳴りつけたり

あるいは暴力なんてことは、絶対にダメ!

 

けれど、きちんと反省して

子どもと向き合うことができるのなら

イライラした自分に自己嫌悪になる必要はないと思います。

 

それでも落ち込んだり、自信がなくなったりすることは

これから先たくさんあると思います。

 

そんな時は絶対に一人で悩むことはせずに

まわりの人に相談しましょう。

 

近くの人に相談することができないのなら

地域の相談センターに電話するのでも構いません。

 

うまく伝えられなくても大丈夫です。

「イライラしてしまう自分が嫌だ!つらい!」

その一言だけでも伝えましょう。

どんな悩みでも、解決策はあります。

 

子どもにとって、ママは1人だけ。

ママだって、子どもが産まれてきてくれたから

ママになったのです。

子どもと一緒に成長していければいいのかなと思います。

 

子育てに悩んで、自分が嫌になってしまうママさん。

ママはみんな、同じ悩みをもった仲間だということを

忘れないでください!

 

1人で子どもを育て上げようなんて無理!

まわりのみんなに頼って

みんなで一緒に、子どもたちを育てていきましょう♪

タイトルとURLをコピーしました