PR

子育ての辛い時期は0歳~3歳!それぞれどう乗り越える?乳幼児ママ必見

子育て

スポンサードリンク




PR

アフィリエイト広告を利用しています

「子育てがこんなにつらいなんて、思わなかった」

「もう限界!子育て辞めたい!」

そんなことを思っているママ

もしくは思ったことのあるママはいませんか?

 

私はあります。何度もあります。

毎日毎日、意思疎通のできない子どもとの生活に

心身ともに疲れ果てていました。

 

「なんでこんなにうまくいかないんだろう?」

「他のママ達は、あんなに完璧なのに」と

他人と比べて、落ち込む日々。

 

この地獄がいつまで続くのかと、先が見えずに

途方に暮れていました。

 

子育てがつらいと感じる時期ですが、どのママに聞いても

「新生児の時がつらかった」「魔の2歳児かな~」

という声が聞こえてきます。

ママになって、一番最初にぶつかる壁は新生児~3歳の間ではないかなー?と私も思います。

 

私は現在、4年生の娘と、2年生と年長の息子の

3人の子育ての真っ最中です。

小学生になれば、また別のつらさが出てきますが

私も、新生児~3歳までは

うちの子たちも例外なく、大変で「つらい!助けて!」と思っていました。

 

今回は、そんな私の体験談を踏まえながら

子育てが始まってから3歳まで、それぞれの年齢で辛い時期に焦点をあてて

私流の乗り越え方について、お話していこうと思います。

 子育ての辛い時期(生まれたて)私はこうして乗り越えた!

待望の我が子が生まれた時

「なんて可愛いの!」「可愛くてずっと見ていたい!」と

思っていませんでしたか?

自分のおなかを痛めて産んだ我が子は

それはそれは、可愛くてしかたないですよね!

 

しかし、いざ子育てをするとなると話は別でした。

3時間おきの授乳に、夜泣き。

オムツ替えも何度も何度もしなきゃだし、泣いてる我が子をあやして

寝かせようと思っても

布団にねかせたら、背中センサーの反応ばっちりで…。

 

なぜか始まる、黄昏泣き。終わらない家事に寝不足の毎日。

私は、完全に追い詰められていました(>_<)

 

~乗り越えた方法~

  • まわりの人に頼る
  • 子どもと一緒に泣く
  • 泣き止まないなら泣かせておく

生まれたての辛い時期を乗り越えた方法を、それぞれ見ていきます。

 

  • まわりの人に頼る

子どもは一人では育てられません。

それに気付くまでは

「私がママなんだから、私がなんとかしなくちゃ」と思っていました。

でもそれは無理なんです。

ママだからといって、一人で背負い込むことはありません。

 

パパや、おじいちゃん、おばあちゃん。

いろんな人から愛されている我が子です。

お世話を嫌がる人なんていないんです。

人に甘える勇気をママが持つことで、少し気分が楽になると思いますよ。

 

  • 子どもと一緒に泣く

夜泣き、夕方に何故か泣き止まない黄昏泣きが

私にとって、本当にストレスで泣きたくなっていました(>_<)

 

ある日、我慢ができなくなって子どもと一緒にわんわん泣きました。

すると、なんだか気分が少しスッキリしたんです!

 

泣きたいときは、ママだって思いっきり泣いていいんです。

たまに泣く声が大きくて、子どもが泣き止んだこともあります(笑)

 

  • 泣き止まないなら泣かせておく

子どもが泣くと、泣かせちゃいけないと思って

一生懸命泣き止ませようとしがちですよね。

 

でも、赤ちゃんは泣くことで

自分の気持ちを伝えたり、ストレスを発散したりします。

 

オムツをかえても、授乳をしても

何をしてもダメな時は、泣かせておきましょう。

赤ちゃんも泣きたい気分なんでしょう(笑)

いつかは泣き止みます!

子育ての辛い時期(1歳)私はこうして乗り越えた!

歩けるようになったり、言葉が少し出てきたりと

少しずつ、できることが増えてきましたね。

 

嬉しい反面、全然目が離せない時期。

何をするにも後追いしてきて、トイレすらゆっくりできない。

少し目を離せば、危ないことをするいたずらっ子。

 

外でも、まだつたない歩きなのに

いきなり走り出して、慌てて追いかける。

 

ごはんも自分で食べたくて、テーブルも床も顔も手も

いろんなところが汚れて、ため息が出ていました。

 

~乗り越えた方法~

  • ごはんの時は対策をしてイライラ減少
  • 買い物などは1人で行かない
  • ベビーサークルやパーテーションを使用する

子どもが1歳となり、その辛い時期を乗り越えた方法を

それぞれ見ていきます。

 

  • ごはんの時は対策をしてイライラ減少

手や顔はあとで拭くしかないので、あきらめましょう。

お風呂の前に食事をするのがベストですね。

テーブルの下にはレジャーシートを敷いて、こぼれても処理しやすいようにしました。

 

子供にはスモック(スモッグ)を着せていました。

洋服がミートソースなどで汚れると汚れおとしが大変なので、汚れてもシミは気にせず

洗うだけでいいように、ごはん用のスモックと決めて使用していました。

 

  • 買い物などは1人で行かない

買い物に子どもを連れて行くと

目が離せず、全然買い物ができませんでした。

 

言うことを聞いてくれないし、どこかに行くし

座って泣き出すし、イライラしてしまいます。

思考力が落ち、無駄なものまで買ってしまうことも(>_<)

 

なので、買い物はまとめ買いにして

旦那や母と一緒に行ける時に済ませるようにしました。

 

あと、ネットスーパーを利用していたこともあります。

無駄な買い物もですが、無駄なイライラはしたくないものです。

 

  • ベビーサークルやパーテーションを使用する

ご飯を作るのも、洗濯をするのも、トイレですら

後追いがひどく、何にもできない事が多かったです。

スポンサードリンク

 

そこで、ベビーサークルを購入しました。

広い家ではないので、小さいものでしたが

自分が何かしたいときは、子どもをサークルの中に入れて

ボールやおもちゃなどで気を引いて、サッと済ませるようにしました。

そこから子どもは出れないので安心して作業をできました。

子育ての辛い時期(2歳)私はこうして乗り越えた!

きました!皆さんが恐れる2歳!

俗に言う「魔の2歳児」「イヤイヤ期」ですね^^

自我がはっきりしてきて、見事に「嫌だ!」の連続。

何をしても、してあげても

「嫌!」という言葉しか知らないのかってくらい、繰り返されます。

 

毎日「嫌だ」の連続で精神的に参ってしまいます。

ただ、うちはパパにはそれがなくて

それがまたイライラするんですよね~(笑)

「いつも子どもをみてるのは私なのにー」と悔しかったです。

 

~乗り越えた方法~

  • ママも「嫌だ~」と駄々をこねてみる!
  • 「嫌ならいいよ」とほおっておく

2歳児の辛い時期を乗り越えた方法を、それぞれ見ていきます。

 

  • ママも「嫌だ~」と駄々をこねてみる!

はい!ママも駄々っ子になりました(笑)

子どもと同じように、「嫌だ~!もう嫌~!」と

子どもの前で、じたばたしました。

 

すると、子どももびっくりしてなのか

冷静になるのか、落ち着いてくれることも。

 

ママが予想外の行動をとるのは

どんな時も、意外と効果的です。

 

  • 「嫌ならいいよ」とほおっておく

何をするにも「嫌だ」と言われるので

「嫌ならいいよー。じゃあねー。」と、子どもを少しほおっておきました。

ごはんの時も

「食べないならいいよー。おなかすいてもしらないよー。」

出かける時も

「お留守番してていいよー。ママはいくからねー。」と

わざと構わないようにしていました。

 

そうすると、ママが構ってくれないのは嫌だし

子どもながらに意地もあるので

少し、イヤイヤ度が緩和されましたね。

子育ての辛い時期(3歳)私はこうして乗り越えた!

「魔の2歳児終わった~」と安心していたら大間違い!

それに拍車をかけるように

「悪魔の3歳児」「なんでなんで期」がやってきます。

お話も上手になってきますし、いろいろなことに興味がでてきます。

 

「ママ、これなんで?」「なんで○○なの?」と

空はどうして青いの?ばりの勢いで、質問責めが始まります。

 

忙しい時や疲れているときの質問攻めは、本当につらいものです。

それに加えて、2歳の時以上に自我が爆発してきます。

「手に負えない」という言葉を何度使ったかわかりません(笑)

 

~乗り越えた方法~

  • 「あとで一緒に調べてみようね」で乗りきる
  • 分からないと素直に伝えて、他の人にふる
  • 子どもから離れる

3歳児の辛い時期を乗り越えた方法を、それぞれ見ていきます。

 

  • 「あとで一緒に調べてみようね」で乗りきる

質問に答えてあげることも、もちろん大切です。

答えてあげれる時は、きちんと対応しましょう。

 

でも、ママは忙しすぎるのです。

そんなときは

「これが終わったら、後で一緒に本で調べてみよっか」と先延ばしにしちゃいます。

そのうち、忘れてくれると幸いなのですが(笑)

とりあえずできないときは、その言葉で乗り切りましょう!

 

  • 分からないと素直に伝えて、他の人にふる

子どもの質問って、具体的ではないものから鋭い質問まで様々です。

「う~ん」と悩むことも多々あります。

そんな時は

「ママも分からないんだ~」と素直に言って

「あとでパパに聞いてみて」「明日先生に聞いてみて」と他の人にふっていました^^

 

「ママ分かんないの~?」とバカにされますが

こっちは子育てで、それどころじゃないのでへっちゃらです(笑)

 

  • 子どもから離れる

3歳にもなると、誰かがいてくれれば

ママも子どもを預けやすくなっていませんか?

 

パパがいる時、おばあちゃんがいる時に

少し子どもから離れてみてください。

 

ドライブするも良し、散歩に行くも良し

時間がとれるなら、ショッピングやお友達と遊びにいくのもいいですね。

 

私は、手に負えなくてイライラして

子どもをかわいいと思えない時がありました。

 

そんな時、少し子どもから離れてみると

また一から、子どもと向き合うことができたように思います。

 

離れていても不思議と

あんなに嫌だった我が子のことを考えてしまいます。

距離を置くと、冷静になることができるんです。

 

この方法は、子育て10年目の今も効果絶大

たぶんこれから先も必要な方法なのかなと思っています^^

まとめ

 私の体験談を踏まえながら

子育てが始まってから、それぞれ辛い時期に焦点をあてて

その乗り越え方についてお話してきましたが、いかがでしたか?

 

共感する悩みや辛いこと

試してみようかなと思う乗り越え方はありましたか?

 

5歳くらいになると、手がかかるという面では少し落ち着いてきます。

 

「そんなこともあったな~」と思える日必ずきます!

もう少しの辛抱です!

 

人それぞれ、辛いと思う基準や事柄は違うと思います。

ですが、どのママも共通するのは

「子育てを辛いと思ったことがある」ということです。

どんなにキラキラ輝いてみえるママにも、同じ悩みがあります。

他人のことが完璧にみえてしまうのは、誰だって一緒ではないかと思います。

 

子どもと一緒に泣いて、怒って

そして最後には笑顔になれるような、そんな子育てができるといいですね。

タイトルとURLをコピーしました