PR

焼き芋の上手な保存方法と保管期間について!

未分類

スポンサードリンク




PR

アフィリエイト広告を利用しています

 

 

 

 

 

焼き芋って、スーパーやコンビニで見ると

そのいい香りにつられて、つい買っちゃいますよね。

 

そのおいしい香りが漂ってくると、食べたくなりますよね!

とても誘惑されます!

 

でもね、家に帰って焼き芋を食べていると

思っていたよりお腹いっぱいになったり

ついたくさん買ってしまったりすることってありますよね。

 

そんな時、どうやって焼き芋を保存すればいいのか?

どれくらい持つのかが気になるところです。

 

だから、この記事では

焼き芋をいろんな方法で保存する方法を紹介します!

 

焼き芋を食べる時の注意点!食べ過ぎに気を付けよう

 

焼き芋は、ホクホクして甘くておいしいけど

気づいたらたくさん食べちゃうこともありますよね。

 

体にいいからといってたくさん食べる人もいるかもしれないけど

食べ過ぎると体に悪い影響もあるんです。

 

どんな食べ物でも、食べ過ぎは体に負担になるかもしれません。

 

焼き芋を食べ過ぎた時の5つの症状に注意

 

  1. 胸焼け
  2. 食中毒や下痢、腹痛
  3. ニキビ
  4. 虫歯
  5. おなら

 

体にいい食材だとしても、食べ過ぎは良くないです。

 

バランスの良い食事が大切です。

 

焼き芋をもっと甘くするコツ!塩水の使い方

 

最近、特に甘いサツマイモが人気ですよね。

 

でも、特定のサツマイモにこだわらなくても

おいしい焼き芋を食べる方法があります。

 

その秘密は「塩水」を使うことなんです!

 

じゃあ、なぜ塩水でサツマイモが甘くなるのかというと

塩は味を際立たせる効果があります。

 

これは、違う味が混ざることで

一方の味がより強く感じられるという現象です。

 

たとえば、スイカに少し塩をかけると甘く感じるでしょ?

 

サツマイモも同じで、塩水につけると

元の甘みがより感じられるんです。

 

それに、塩が芋の余分な水分を取ることで、味が濃くなります。

 

家庭での焼き芋の長期保存!どれくらいの期間保てる?

 

みんなが大好きな焼き芋ですが、いっぱい作って保存しておくことはできるのかな?

 

色々調べてみたら、正しい方法で保存すれば

たくさん作っても大丈夫だということがわかりました。

 

焼き芋を長く保つ方法には、冷凍や冷蔵、室温での保管などがあるんです。

 

でも、これらの方法によって、どれくらい保存できるかは変わってきます。

 

夏に焼き芋を作り置きする時のポイント

 

夏って、食べ物を保存するのにちょっと気を使う季節ですよね。

 

夏でも焼き芋を作り置きすることはできるけど

暑くて湿気の多いときは、室温での保存は避けたほうがいいかも。

 

夏の間の焼き芋は、冷凍庫や冷蔵庫で保管するのがベストです。

 

焼き芋を冷凍庫で保存するコツ

 

焼き芋を冷凍庫に入れて保存する時、いくつか大事なポイントがあるんです。

 

それじゃあ、焼き芋を冷凍する方法を見てみましょう。

 

焼き芋を冷凍する時の大切な3つのポイント

 

焼き芋を冷凍する時、この3つのことに気をつけてください。

 

  1. 焼き芋が熱いうちに冷凍しないで、冷めてから保存しよう。
  2. もし焼き芋が湿っていたら、タオルでしっかり水分を拭き取ってね。
  3. 焼き芋を一本そのまま、または食べやすいように小さく切ってラップで包んで冷凍しよう。

 

これらを守ると、焼き芋を冷凍庫できちんと保存できます。

 

解凍する時は、電子レンジで約3分温めるだけで大丈夫。

 

特に、甘くてトロトロの蜜芋などは

そのままだと腐りやすいので、冷凍するのがおすすめです。

スポンサードリンク

 

焼き芋の冷凍での保存期間はどれくらい?

 

焼き芋を冷凍庫に入れておくと、だいたい2週間から1ヶ月くらいは大丈夫です。

 

焼き芋をたくさん作っておくのに、冷凍はとっても便利な方法ですね。

 

焼き芋を冷蔵庫で保存する方法

 

焼き芋って、冷蔵庫で保存することもできるんです。

 

正しい方法で保存すれば、焼き芋を新鮮なまま長持ちさせることができます。

 

今回は、焼き芋を冷蔵庫で保管する時のやり方を詳しく紹介しますね。

 

焼き芋を冷蔵庫に入れる手順

 

焼き芋を冷蔵庫で保存する時の手順は、とっても簡単だけど

ちゃんと守ることが大切です。

 

  1. 焼き芋が冷めるまで待って、触っても熱くない温度になったらOK。
  2. 焼き芋を一つずつラップに包んで、冷蔵庫に入れておこう。

 

この手順で冷蔵保存すれば、焼き芋はちょうどいい状態で保てるはず。

 

食べるときは、レンジで温めてもいいし、冷たいままでもおいしいですよ。

 

半分に切ったり、食べかけの焼き芋も同じ方法で保存できるから

試してみて下さいね。

 

冷蔵庫での焼き芋の保存期間

 

冷蔵庫で保存した焼き芋は、だいたい4日くらいは大丈夫。

 

でも、切ったり食べかけの焼き芋は

丸ごとのものより早く傷んじゃうことがあるから、2日以内には食べちゃいましょうね。

 

焼き芋を部屋に置いておく保存方法

 

普通、夏やジメジメしてる時は

焼き芋を部屋に置いておく保存はあまりおすすめできませんが

それ以外の時期なら、部屋に置いておくこともできます。

 

部屋で焼き芋を保存する時のやり方

 

部屋で焼き芋を保存する時は、新聞紙を使うのがおすすめ。

 

焼き芋を新聞紙にくるんで、部屋に置いておくだけです。

 

でもね、もし焼き芋が食べかけだったり、カットされてたりする場合は

部屋に置く保存方法は向いてないですよ。

 

そういう焼き芋は、冷蔵庫か冷凍庫で保存しましょう。

 

部屋で保存した焼き芋の持ち時間

 

部屋で保存した焼き芋は、そんなに長持ちしないから

普通は1~2日以内に食べるのがいいと思いますよ。

 

さつまいものすごい栄養とその効果

 

さつまいもってすごく栄養があって

ジャガイモの2倍もの食物繊維が含まれているんですよ。

 

だから、お腹の調子を整えるのに役立ちます。

 

それに、ビタミンCやポリフェノールもたっぷりで

体の防御力を高めるのにも助けになるんです。

 

さつまいもの中に含まれる栄養成分

 

さつまいもには、100gあたりこんなにたくさんの栄養成分が含まれています。

 

  • – エネルギー: 132kcal
  • – 水分: 66.1g
  • – 炭水化物: 1.2g
  • – 無機質(体に必要なミネラルのこと): 31.5g
  • – ナトリウム: 4mg
  • – カリウム(体の水分バランスを整えるのに大切): 470mg
  • – カルシウム(骨を強くするのに必要): 40mg
  • – 鉄(血液を作るのに大切): 0.7mg
  • – 銅: 0.18mg
  • – マンガン: 0.44mg
  • – ビタミンE(体の老化を防ぐのに役立つ): 1.6mg
  • – ビタミンB1(エネルギーを作るのに必要): 0.11mg
  • – ビタミンC(風邪をひきにくくするのに役立つ): 29mg
  • – 食物繊維(お腹の調子を整えるのに大切): 2.3g

 

さつまいもが体に良い6つの理由

 

  1. 高血圧やむくみを防ぐのに役立つ
  2. 体を守って、癌を防ぐ助けになる
  3. 体の防御力、免疫力を強くする
  4. お肌をキレイに保つ効果がある
  5. ダイエットをサポートする
  6. 血糖値が急に上がるのを防ぐ効果がある

 

さつまいもが新鮮かどうかの見分け方:色やカビでチェック!

 

さつまいもは、子供からおじいちゃんおばあちゃんまで

みんなが大好きな食べ物ですよね。

 

でも、家に置いておくと、時々色が変わったり

変なにおいがしたりすることがあります。

 

これは、さつまいもがダメになり始めているかもしれないっていう合図。

 

だから、焼き芋を作る前に、こんなサインをチェックするのが大事ですよ。

 

  • – 黒くなっている部分がある
  • – 緑色に変わっている
  • – オレンジやピンク色に変色している
  • – カビが生えている
  • – 苦い味がする
  • – 腐ってるようなにおいや感じがする

 

まとめ

 

この記事では、焼き芋を保存するいろいろな方法を紹介しましたが

いかがだったでしょうか?

 

話した保存方法は、家でも簡単にできるものばっかりです。

 

特に、たくさんの焼き芋を作って、長く保存したいなら、冷凍するのが一番。

 

焼き芋を買ってきて、食べきれなかったら

最初からどれを冷凍するか、冷蔵するか決めておくといいですね。

 

そうすれば、無駄なく、いつでも新鮮な焼き芋を食べられるから。

 

いろんな保存方法を試して、自分に合った方法を見つけてみて下さいね。

タイトルとURLをコピーしました