PR

断る術: お下がりを求められた際の対応策

未分類

スポンサードリンク




PR

アフィリエイト広告を利用しています

 

 

 

親しい友人や知人から、

子どもたちの成長に伴って

小さくなった衣類を引き取ってほしい

と頼まれることは、

決して珍しい出来事ではありません。

 

このようなシチュエーションは、

特に子どもが複数いる家庭ではよく遭遇するものかもしれません。

 

我が家にも、二人の息子と一人の娘がおり、

子どもたちが大きくなるにつれて、

不要になった衣類を他の家庭から引き取ることがしばしばあります。

 

「あの素晴らしい洋服を、小さくなったら是非教えてくださいね」

といった、具体的なリクエストを受けることもあります。

 

息子たちの衣類については、二人で着回した後でも、

「もしこれでよろしければお使いください」と気軽に渡しています。

 

しかし、娘の衣類の場合、

まだ来年も着られそうなものを求められたときは、

丁寧に断るように心がけています。

 

実際、私の親戚にもう一人娘がおり、

彼女にまず衣類を提供する予定だったため、

「既に他の子に渡す約束をしています」

と伝えることで、上手に断ることができました。

 

このように率直な理由を伝えることで、

相手は強く迫ることなく納得してくれることが多いです。

 

そこで、本稿では

以下のテーマに沿って、詳しく考察していきたいと思います。

 

  1. 「お下がりをください」と頼まれた際の、それが一般的なのか、それとも非礼にあたるのかについて。
  2. お下がりを受け取った際に、関係を良好に保つための感謝の表現方法。
  3. お下がりの申し出を丁寧に断る方法。

 

「お下がりをください」との依頼にどう対応する?

 

通常、お下がりを提供する側は、自分から

「これは必要ですか?」と尋ねることが多いです。

 

そのため、「お下がりをください」と

直接求められた場合には、少し驚くことがあり、

場合によってはその要求が少し図々しいと感じることもあります。

 

しかし、この感じ方は個々人の価値観によるもので、

もし要求されても自分が不快であれば、はっきりと断る権利があります。

 

「既に他に約束があります」と伝えることで、

相手もその理由を理解し、納得してくれるでしょう。

 

お下がりを受けた後に示すべき感謝の方法

 

お下がりを頂いた際、どのように感謝を示すべきかは、

多くの人が考える問題です。

 

私自身、特に親しい関係にある人からお下がりをいただく場合、

メールなどで感謝の意を表すことがほとんどです。

 

お下がりは結局のところ、一度は他人が使用した中古品。

 

過度にお礼を期待しているわけではないものの、

感謝の気持ちを少しでも示すことは重要です。

 

例えば、

家族みんなで楽しめるお菓子を贈ったり、

1000円程度の心のこもった小さなプレゼントを選ぶことがおすすめです。

 

ママ友達へは、実用的な消耗品である靴下を選ぶと喜ばれることでしょう。

 

効果的なお下がりの断り方のコツ

 

時々、不要になった物が

スポンサードリンク

ただの不用品として終わることを避けたいと思うことはありますよね。

 

そんなとき、

提供されたお下がりを丁寧に断る方法を知っておくと、非常に心強いです。

 

特に、すべての物を喜んで受け取ると誤解されがちな状況では、

このスキルが役立ちます。

 

受け取る側として、

そうした申し出を断るのが難しいと感じる場合もあるでしょう。

 

その際に効果的なのが、

「もう既にたくさんのお下がりをいただいており、

正直なところ収納にも困っている状態です」

という理由を伝えること。

 

このように具体的な事情を説明することで、

提案をしてきた相手もその理由を理解し、

納得してくれる可能性が高まります。

 

また、もう一つの断り方として、

「実は義母から特定の衣類をいただいており、

それを先に使うことになっています」

と伝える方法も有効です。

 

このように、

具体的かつ個人的な事情を説明することで、

お下がりを提供しようとする人も、

その理由から納得せざるを得なくなります。

 

提供する側には、

時に不要な物を押し付けようとする

無自覚な行動をとる人もいます。

 

しかし、私の経験上、

幸いにも状態の良い品物をお下がりとしていただくことが多いです。

 

こうした心遣いをされるお下がりは、

受け取る側にとって非常にありがたく、大変助かります。

 

もし将来、お下がりで困ることがあれば、

今回学んだ知識をぜひ活用して解決したいと思います。

 

お下がりを差し上げる際のエチケット

 

「お下がりを渡したくない」

という状況について考えを深めてみました。

 

お下がりは、受け取る人にとって

ありがたいものであることが多く、

特に状態が良く魅力的な品物に関しては、

自然と次に渡したいという気持ちになることも理解できます。

 

ただし、お下がりを強要したり、

特定の人に無理に要求する行為は避けるべきです。

 

お下がりを差し上げる際には、

品質の良いもののみを選び、

相手に不快感を与えないよう心がけることが大切です。

 

常に受け取る側の立場を思いやり、

自分がもし受け取る側だったらどう感じるかを考えながら、

お下がりを選ぶようにしましょう。

 

お下がりを気持ちよく受け取ってもらえると、

提供した側としても大変うれしいものです。

 

このテーマを通して、私も多くを学ぶことができました。

タイトルとURLをコピーしました