PR

子ども服の断り方と賢い処理のコツ

未分類

スポンサードリンク




PR

アフィリエイト広告を利用しています

 

 

 

子供服はその魅力に引かれ、

つい購入してしまいたくなるものですが、

全てを新しく揃えようとすると、

家計にはかなりの負担がかかってしまいます。

 

そんな時、お下がりは大変助かる存在です。

 

ただし、お下がりの中には、サイズが合わなかったり、

デザインが古かったり、目立つ汚れがあったりと、

実際には使用しづらいアイテムも含まれていることがあります。

 

また、お下がりを贈る側との間で、

子どものプライバシーに関わることや、

後から何かを要求される(いわゆる「返して妖怪」現象)

可能性にも注意が必要です。

 

この記事では、

そういった不要なお下がりを礼儀正しく断る方法や、

処分する際に考慮すべきポイント、

さらにはお下がりを適切に扱う方法についてご紹介します。

 

子ども服のお下がりを上手に断る方法

 

お下がりを受け取りたくないときは、

「現在必要としていない」と

柔らかく伝えることが望ましいです。

 

例えば、

「収納スペースが既にいっぱいで…」、

「最近親戚からたくさん頂いてしまって…」、

「子どもが最近、自分の好みで選びたがっているので…」

といった理由を挙げると、相手にも理解してもらいやすいでしょう。

 

それでもなおお下がりを勧めてくる場合は、

「子どもと一緒に選び、

使用しないものは処分させていただきますが、それでもよろしいですか?」

とあらかじめ断っておくと良いでしょう。

 

これにより、

後からの要求を避けることができるので、非常に重要なポイントです。

 

お下がりの裏に隠された本意:「捨てがたい」

 

お下がりを提供する側も、

不要になった衣服をただ捨てるのは忍びない、

または特定の誰かに使ってもらいたい

という気持ちがあるため、提供するわけです。

 

ただ親切からではなく、

「捨てるにはもったいない」

「大切な思い出がある服を、知っている誰かに着てほしい」

という自己中心的な理由から、

その服をお下がりとしてあなたに提供したいと考えています。

 

そんな時、あらかじめ

「必要ない場合は処分させていただきます」

と伝えることで、提供側も他の人を探すかもしれません。

 

事前確認をしてくれる配慮深い人々

 

もちろん、

すべての人が自分勝手に行動しているわけではありません。

 

実際には、お下がりが本当に必要かどうかを

あらかじめ確認してくれるような配慮深い人もいます。

 

私の体験から言うと、

ママ友たちは「お下がりが必要か?」と最初に尋ね、

必要ない場合は提供を控えてくれることが多いです。

 

また、お下がりを受け取る際に、

「不要なものがあれば遠慮なく処分してくださいね」

と前もって言ってくれることもあります。

 

実は、このような心遣いをしてくれる人からのお下がりは、

スポンサードリンク

質が良く、見た目も可愛く、とても役立つことが多いのです。

 

お下がりをもらった時、どのようにお礼をすべき?控えめなお礼が推奨される理由とは

 

お下がりを受け取った際に、

どのような形で感謝の意を表すべきか、

多くの人が悩む一つのテーマです。

 

実際にお下がりとして受け取った子供服に対して、

お礼をする際には、控えめな対応が一般的に推奨されます。

 

その理由としては、

これらのアイテムが既に使用されているものであり、

贈り主に過剰な気遣いを強いることになりかねないためです。

 

多くの場合、

1000円前後の箱菓子をお礼として選ぶことが多いですが、

これは一種の暗黙の了解として成り立っている相場観です。

 

しかし、中には「お礼は不要」と言って、

お礼の受け取りを辞退する人もいるため、

その時々で適切な反応は変わってきます。

 

それにもかかわらず、最も重要なことは、

贈り主に対する「感謝の気持ち」をしっかりと伝えることです。

 

これが、どんな状況においても最良の対応策といえるでしょう。

 

お下がりを受け取る際に心がけたいこと:「返して妖怪」に備える心構え

 

以前にも述べたように、「返して妖怪」という現象は、

お下がりを受け取る際に特に注意すべき一つのポイントです。

 

お下がりとして受け取った子供服は、

贈り主から後日「返してほしい」と言われる可能性があります。

 

これは、子供がその服を気に入り、

汚れるまで着た後に処分した場合や、

最初からあまり気に入らなかったために

リサイクルショップに売却した場合にも起こり得ます。

 

このような状況を避けるためにも、

お下がりを受け取る際には、

「選んで使わなかった服は処分させていただきます」

という旨を予め伝えることが大切です。

 

これにより、不要なトラブルを未然に防ぐことができます。

 

お下がりの処分を考える前に:子供の名前の消去を忘れずに

 

お下がりの服を「捨てる」「あげる」「転売する」など、

処分する際の選択肢は多岐にわたりますが、

どの方法を選ぶかは最終的に受け取った側が決定する権利があります。

 

その服が他の子に渡ったり、

オンラインで転売されたりすることに対して、

元々の所有者である贈り主が何かを言うことはできません。

 

これは、受け取った側の自由に任されているからです。

 

そのため、お下がりを誰かに渡す際には、

衣服のタグに書かれた子供の名前を消すなど、

個人情報に関する配慮を行うことが重要です。

 

まとめ:お下がりの受け取り方とその後の対応

 

今回ご紹介した内容は、

お下がりの子供服を受け取る際の適切な断り方や、

その後の処分方法についてのものでした。

 

趣向やサイズが合う場合には大変ありがたいお下がりですが、

受け取る側としては「不要」と感じる場合もあり、

そのような状況では断ることが難しいこともあるでしょう。

 

受け取った側と贈った側双方が気を遣わないで済むような、

お下がりの交換ができる関係性を築くことが理想的です。

 

また、自分がお下がりを提供する側になった際にも、

今回紹介したポイントを心に留めておくとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました