PR

若者向け:目薬の不安を解消するワンコイングッズ

子ども

スポンサードリンク




PR

アフィリエイト広告を利用しています

 

 

 

中学生や高校生の多くが、

目薬を使用する際に不安を感じることが一般的です。

 

成長期のこの時期に、「目薬を使うのが苦手」

と周囲に打ち明けにくいのは自然なことかもしれません。

 

目薬を使う時、

目に何かが直接触れる感覚が苦手という人は少なくありません。

 

実は、大人になっても同様にこの問題で悩んでいる人が多くいます。

 

この記事では、

目薬を簡単に使用できるようにする裏技や便利な道具をご紹介します。

 

特に、「簡単に目薬が差せる点眼補助具」は、目薬の使用が

苦手な方にとって非常に役立つアイテムです。

 

目薬の恐怖を克服する方法と便利な裏技

 

目薬の容器が目のすぐ近くに来ると、

不安を感じるのはよくあることです。

 

目に何かが触れることへの恐怖は、

目薬の使用を難しくさせる大きな障壁となります。

 

目薬を差す際に反射的にまばたきをしてしまうのは、

目を保護するための自然な反応である「頑健閉鎖反射」によるものです。

 

この反射により、目薬を使用することが困難に感じられることがあります。

 

まばたきを抑える方法の一つとして、

目薬を差す際に口を大きく開けると効果的です。

 

この動作で目も自然と広がり、目薬が差しやすくなります。

 

視線をそらして容器の先端を直接見ないようにすることも、

恐怖感を軽減するために有効です。

 

下まぶたの活用

 

目薬の使用が苦手な方は、

下まぶたを軽く引きながら目薬を差す方法を試してみてください。

 

下まぶたは目薬がたまりやすいため、

より簡単に差すことができる位置を提供します。

 

使用時には、容器が直接まぶたやまつ毛に触れないようにすることで、

細菌の混入を防ぐことが重要です。

 

目薬の恐怖を克服するためには、

低い位置から目薬を差す方法も効果的です。

 

通常、高い位置から目薬を差すと不安を感じがちですが、

低い位置からゆっくりと差すことで、その恐怖を軽減できます。

 

目を開けるのが難しい場合には、目を閉じたまま

目頭に目薬を差してから

目を開ける方法を試すことができます。

 

この方法ならば、目薬が自然に目の中に流れ込み、

よりスムーズに目薬を使用できます。

 

ただし、目薬を差した直後にまばたきをしてしまうと、

スポンサードリンク

目薬が外にこぼれてしまう可能性があるので注意が必要です。

 

目薬の簡単グッズおすすめ2選!100均アイテムで点眼補助具は作れる?

 

目薬の使用に対する不安や困難は意外に多くの人が感じているものです。

 

自分だけが目薬を上手く使えない

と思っている方も多いかもしれませんが、

そうではありません。

 

特に、目薬を自分で差すことに苦労している方には、

点眼補助具が非常に役立つと言えます。

 

これらの補助具を活用することで、

以前は難しく感じられた目薬の使用が格段に楽になります。

 

使いやすい目薬補助グッズ「らくらく点眼」

 

まずお勧めするのは、「らくらく点眼」という点眼補助具です。

 

このアイテムの使い方はとてもシンプルで、

目薬のボトルを補助具にセットして逆さにし、

それを目に当てるだけで使用できます。

 

補助具は目の形状に合わせて設計されているため、

目薬のボトルと目がしっかり固定され、使用中の安定感が増します。

 

この製品は、薬局やドラッグストアで

約800円で販売されており、手軽に入手可能です。

 

100均で自作可能な目薬補助グッズ

 

続いて、100円ショップのアイテムを利用して

自作する点眼補助具について紹介します。

 

100均で完成品の点眼補助具を見つけるのは

難しいかもしれませんが、

簡単に自作する方法があります。

 

具体的には、ペットボトル用のキャップを利用します。

 

このキャップを逆さまにして底部に穴を開け、

その穴に目薬のボトルを差し込むだけで補助具が完成します。

この自作補助具を目に当てると、目薬のボトルが安定し、

スムーズに押して使用することができます。

 

まとめ

 

多くの人が目薬を怖がる理由として、

目薬を高い位置から差すことが挙げられます。

 

目に目立たない程度で、近い位置から目薬を差すことが、

目薬の恐怖を克服する効果的な方法の一つです。

 

目を閉じて目頭に目薬を差す方法も有効であり、

これらの方法を試すことで、目薬の使用に対する不安が軽減されます。

 

それでも自信が持てない場合は、

ドラッグストアで購入できる点眼補助具を利用するか、

100均で材料を調達して簡単に自作する方法もお勧めします。

 

目薬の使用に悩んでいる方は、ぜひこれらの方法を試してみてください。

タイトルとURLをコピーしました