PR

お祭りで見かけるアイテムの名称解説!【提灯・笛・木札・衣服・店】

未分類

スポンサードリンク




PR

アフィリエイト広告を利用しています

 

 

 

日本全国で夏に行われる祭りには、

特徴的なアイテムが数多く登場します。

 

これらのアイテムには提灯、笛、木札、特殊な衣服、

そして祭り特有の店舗などがありますが、

これらの正確な名称を知っている方は意外に少ないかもしれません。

 

この記事では、

そんなお祭りで使われる代表的なアイテムの名前について、

詳しくご紹介します。

 

お祭りで見られる重要なアイテムとその名称:提灯・木札・笛・衣服

 

お祭りにはさまざまな道具や装飾が使われ、

それぞれが独自の名前で呼ばれています。

 

提灯(ちょうちん)

 

お祭りには欠かせないアイテムである提灯は、

一般的に「ちょうちん」と呼ばれます。

 

提灯には「御神灯(ごしんとう)」という名称もあり、

これは神様をお迎えするために灯りをともす重要な役割を持っています。

 

喧嘩札(けんかふだ)

 

お祭りの際に参加者が首から下げる名札は、

「喧嘩札」として知られています。

 

この名前は、忙しく動き回る様子が

まるで喧嘩しているかのように見えることから名付けられました。

 

花棒(はなぼう)

 

お神輿を担ぐときに使用される棒のうち、

中央で最も長い棒は「花棒」と呼ばれています。

 

この花棒は、神輿の最も目立つ中心部を担ぐため、

主にリーダー役の者が持つことが多いです。

 

篠笛(しのぶえ)、摺り鉦(すりがね)、つけ締め太鼓、大鼓、小鼓

 

お祭りではさまざまな楽器が奏でられますが、

その中でも「篠笛」は細い篠竹を使用して作られた

日本の伝統的な笛です。

 

また、祭りの音楽には「摺り鉦」や大小の太鼓が含まれ、

各々が独特の音を出して祭りを盛り上げます。

 

摺り鉦は金属音が特徴で、

つけ締め太鼓はその小ささから容易に持ち運びが可能です。

 

大鼓はその大きな音で、

小鼓は手軽に演奏できるサイズで親しまれています。

 

鯉口シャツ、股引、腹掛、足袋、法被

 

お祭りでは特有の衣服も非常に重要です。

 

鯉口シャツ股引はその動きやすさから多くの参加者に選ばれており、

その上には腹掛を着用します。

 

そして、足袋を履き、最終的に法被を羽織って

帯で固定するのが一般的な着こなしです。

 

このように、

スポンサードリンク

お祭りで使用される各種アイテムには

それぞれ固有の名称が存在し、

それぞれの背景には日本の伝統や文化が深く関わっています。

 

これらのアイテムの名前を知ることで、お祭りの理解が深まり、

より一層楽しむことができるでしょう。

 

お祭りで見る商店の種類:屋台、露店、出店の違いと英語での表現

 

お祭りの醍醐味の一つは、多様な店舗が並ぶことです。

 

これらは「屋台(やたい)」、「露店(ろてん)」、

「出店(しゅってん)」などと呼ばれ、

それぞれに異なる特性があります。

 

これらの用語は広い意味で「屋台」

というカテゴリーに含まれますが、

具体的な特徴によって分類されています。

 

「屋台」とは、基本的に移動が可能な商店を指します。

 

これにはフードトラックやラーメン屋台、

焼き芋を販売するカートなどが含まれ、

お祭りの会場だけでなく、市街地のイベントや通りで見かけることもあります。

 

一方、「露店」とは

移動せずに特定の場所で営業を行う店のことを指し、

屋根がなく直接地面に商品を置いて販売するスタイルが一般的です。

 

お祭りや市場でよくこの形態の店を見ることができます。

 

さらに、「出店」とは

もともと固定の店舗を持つ業者が

特定のイベントやお祭りのために臨時に設ける店舗のことを言います。

 

ここでは、通常の営業場所以外で

一時的に商品を販売する形態を取ります。

 

英語においては、「屋台」は通常「stall」や「stand」と表現されます。

 

これらの単語はお祭りだけでなく、

市場やその他のイベントにおいても使われ、

日本語のように細かな分類はされません。

 

まとめ

 

お祭りでは、普段なじみがない衣装や様々な道具が見る事が出来ます。

 

なじみがない故にその名称は、なかなか覚えられないかもしれません。

 

そしてお祭りでは、屋台、露店、出店という

異なるタイプの商店が見られます。

 

これらは店舗の性質や設置場所によって使い分けられる用語で、

英語ではこれらを包括的に「stall」や「stand」と表現します。

 

このような知識を持つことで、

お祭り参加時にその文化をより深く理解し楽しむことができます。

タイトルとURLをコピーしました