PR

盆期間のお供え金額の決め方:実家と義実家での適切な額とは?

未分類

スポンサードリンク




PR

アフィリエイト広告を利用しています

 

 

 

盆期間には、多くの方が故郷や義実家へ足を運ばれます。

 

この時期、最も心を砕くのがお供え金や御仏前への香典の用意です。

 

通常、盆の際に仏前に供える金額には一定の相場があり、

初盆の場合、通常5,000円から10,000円が目安とされています。

 

一方、通常のお盆であれば、

3,000円から5,000円が妥当とされることが多いです。

 

しかし、この金額は供える人の年齢や

亡くなった方との関係深さによって変わることがあります。

 

例えば、

供える人が30代で故人が祖父母である場合、

初盆には10,000円を供えることが一般的です。

 

また、お供え物としては3,000円から5,000円程度の品物が一般的ですが、

どのような品物を選ぶかは慎重に考えるべきです。

 

一般的にはお菓子などが選ばれがちですが、

他の種類の品物が喜ばれる場合もあります。

 

盆には食事や宿泊の予定がある場合、

どのようにお供えや手土産を選ぶべきか、

また、どのような物が喜ばれるのか、

詳細にご紹介していきたいと思います。

 

お盆に贈る御仏前の適切な金額:食事や宿泊を伴う場合の考慮事項

 

お盆にお供え物を用意する際は、

実家ではあまり気を使わないこともあるでしょうが、

義実家への訪問ではより慎重な対応が求められます。

 

特に義実家が本家であり、

盆棚の設置がある場合などは、

嫁や婿としての役割を果たすためにも、

適切な香典の準備が必要です。

 

一般的に香典として5,000円から10,000円が相場とされていますが、

贈る側の年齢や故人との関係性に応じて、金額を調整することも重要です。

 

この記事では、

特に実家や義実家でのお盆の過ごし方について

詳しく解説していきます。

 

祖父母との関係が中心となる場合が多いですが、

例えば、30代で初盆を迎える場合、

祖父母との関係であれば10,000円が適当とされるでしょう。

 

生前の交流の深さを考慮に入れたうえで、

少なめの金額を選ぶこともありますが、

注意すべき点として、法要後の会食や宿泊が伴う場合があります。

 

会食がある場合は、

食事代相当の3,000円から10,000円を上乗せすることが考慮されるべきです。

 

実家で宿泊する場合も、

その事実を考慮に入れたお供えを準備することが望ましいです。

 

ただし、数字の「4」や「9」(忌み数)は避けるべきです。

 

忌み数を避け、端数のない金額を選ぶことが大切です。

 

【実家・義実家】お盆のお供え・手土産は必要?

 

お盆の時期には、実家や義実家を訪問する際に、

手土産やお供えを持参するのが一般的です。

 

しかし、本当にこれらが必要かという疑問はよく耳にします。

 

答えは「はい、必要です」です。

 

手土産は訪問時の礼儀としての役割を果たし、

お供えは故人に対する感謝や敬意の表現として大切にされています。

 

通常、お供えの金額は3,000円から5,000円の範囲が適切とされています。

 

それでも、お供えと手土産を両方持参したときに

「こんなにたくさん必要なかった」と言われることもあります。

 

そんな時は、「来年はもう少し控えめにさせていただきます」

と柔らかく対応するのが適切でしょう。

 

また、地域によっては

「法事に手土産を持参することは故人への供え物と同じ意味を持つ」

と考える文化もあります。

 

これは家庭や地域によって異なるため、

事前に親戚からの情報を得ることが推奨されます。

 

お盆のお供えで避けるべきもの5選:傷みやすい物、臭い物、肉魚、棘ある植物、鉢植え

 

お盆にお供えをする際に

避けるべき物がいくつかあります。

 

以下で、お供えに適さない物を詳しく解説し、

なぜ避けるべきかをご説明します。

 

傷みやすい物

 

お盆の際には様々なお供え物が集まりますが、

スポンサードリンク

保存が効かず、すぐに傷む食品は避けた方が良いでしょう。

 

これには特に果物や切花が該当します。

 

これらは見た目は鮮やかで美しいものの、

保存性が低いため、他のお供え物と比べてすぐに悪くなる可能性があります。

 

臭いの強い物

 

お供えで強い臭いのするものは、

故人への敬意を損なう恐れがあります。

 

また、その臭いが

他のお供え物に影響を及ぼすことも考慮に入れるべきです。

 

特に強い香りの花や調味料は避けると無難です。

 

肉や魚

 

多くの文化や宗教では、肉や魚は殺生と関連付けられており、

精神性を重んじるお盆においては不適切なお供え物とされています。

 

特にこの時期は、精進料理が好まれることも多く、

肉や魚の類は避けるのが一般的です。

 

棘のある植物

 

棘がある植物は、見た目が美しいものの、

怪我の原因になる可能性があり、

また不吉な象徴とされることもあります。

 

例えば、

バラやサボテンなどは避けることが推奨されます。

 

鉢植え

 

鉢植えは、「死が根付く」というネガティブな意味合いを持つことがあるため、

お盆のお供え物としては適していません。

 

また、入院時のお見舞いにも同様の理由で

避けられることが一般的です。

 

お盆に贈るお供え:甘くない選択肢が重宝される理由とその例

 

お盆に際して実家や義実家へお供え物を選ぶ際、

甘いものを避けたいと考える人が増えています。

 

特に健康を気にする高齢の方々が多いため、

糖分が多く含まれる甘い物の代わりに、

健康に配慮した選択肢が求められています。

 

甘い物が好まれない場合や、

健康上の理由から甘いものを避けたい人もいますので、

これらの点を考慮すると、非甘味のお供え物が喜ばれることがあります。

 

ただし、お供えの場では食べ物を分かち合う機会も多く、

甘い物が完全に不適切というわけではありません。

 

それでも、保存が効き、かつ簡単に扱えるアイテムが好まれます。

 

以下では、甘くないお供え物の中で、

特に好評を得ているアイテムを5つ紹介します。

 

乾物や佃煮

 

ご飯のお供としても日持ちする乾物や佃煮は、

お供え物として非常に適しています。

 

これらは健康に配慮しながらも、

そのまま食べて美味しいため、

日常的にも重宝される商品です。

 

缶詰

 

缶詰はその保存性と実用性で、

非常食としてだけでなく、お供え物としても重宝されます。

 

災害時にも役立つため、

受け取った家庭にとってはありがたい存在です。

 

甘くないお菓子

煎餅や米菓など甘くないお菓子は、

罪悪感なく楽しめる点が魅力です。

 

お茶請けとしてもぴったりで、

幅広い年齢層に受け入れられるため、

お供え物としての適性が高いです。

 

そうめん

 

夏の定番食品であるそうめんは、

食べ方が多様であり、糖分を気にせずに済むため、

健康を考える方にも最適です。

 

軽くて食べやすいそうめんは、お盆の時期に特に好まれます。

 

お茶やコーヒー

 

来客時のもてなしにも最適なお茶やコーヒーは、

その場で提供可能であり、長期保存も可能です。

 

お供えとしても使い勝手が良く、

様々なシチュエーションで活躍するため、

喜ばれること間違いなしです。

 

これらのお供え物は、故人への敬意を示すとともに、

受け取る家族の健康や利便性を考慮した選択が可能です。

 

地域や家庭によって異なる風習があるため、

お供え物を選ぶ際は事前に確認することをおすすめします。

 

お盆は家族や故人との絆を深める貴重な機会ですので、

形式に捉われず、自然体で過ごすことが大切です。

タイトルとURLをコピーしました