PR

中学校の立志式での作文の書き方とは?目標設定と自己表現の創作方法!

行事

スポンサードリンク




PR

アフィリエイト広告を利用しています

 

 

 

 

 

子どもに目標設定をテーマにした文章を書かせるのは、時に難しい課題です。

 

特に将来に対するはっきりとした計画がない場合

どのようにサポートすれば良いか迷うこともあるでしょう。

 

ここでは、「立志式」=「子どもの成長と目標設定をテーマにした式典」

での文章を書く際のコツについてお話しします。

 

立志式で子どもの成長と目標設定のための作文の書き方

 

子どもの成長と目標設定に関する文章を書く際のポイントは、完璧さを求めすぎないことです。

 

また、形式や規則に縛られ過ぎないことも重要です。

 

立志式では、単に祝福を受けるだけではなく、文章の準備が非常に重要になります。

 

普段あまり文章を書かない場合、どのように書けばいいのか困ることもありますが

ここでは実際の書き方の例を紹介します。

 

文章を書く際、親子共に大切なのは

心の中で感じている感謝や励ましの気持ちを正直に表現することです。

 

見た目や形式にこだわり過ぎると、本音を伝えるのが難しくなることがあります。

 

立志式で子どもの成長と目標設定に関する作文構成

 

子どもの成長と目標設定に関する文章や手紙は

過去の成長と将来への成長を中心に書くことが良いでしょう。

 

自分の未来像を考え、その方向に進む流れで構成します。

  1. これまでの学校生活を振り返り
  2. 高校進学や将来の夢を話し
  3. それらの目標を達成するために何をするかを書くことで、自然な文章が生まれます

 

親が子どもの言葉に答える形で文章を作成するスタイルもよく見られます。

 

つまり、立志式では親子がそれぞれ積極的に関わることが期待されます。

 

子どもの成長と目標設定に関する文章の注意点

 

立志式での文章は、大人への成長を目指すものです。

 

文章を通じて、決意を示し、親への感謝や将来の目標を述べます。

 

同時に、これまでの自分を振り返ることも重要です。

 

ただし、例文をそのまま使うのではなく、自分の意志を表現することが大切です。

 

書き始めに困った場合は、これらの例文を参考にしてみてください。

 

立志式の決意についての作文例

 

この部分では、成長や決意に関する文章の例を示します。

 

特に中学校生活の始まりにあたっての決意、目標設定

そして感謝の気持ちを表現することがおすすめです。

 

成長と決意に関する作文例

 

  • かつては周りに流されがちな性格だった私ですが、中学校に入学する際に、自分にとって重要な決意をしました。
  • それは、何事にも一生懸命取り組むことで、自分自身の成長を遂げるということでした。
  • この成長を目指して、勉強だけでなく部活動にも積極的に取り組むことが大切だと思いました。
  • 入学当初から、部活動を通じて様々な人とのつながりを深め、新しい自分を発見しようと努力しました。
  • 運動部と文化部がありましたが、私は元々運動が得意ではなく、体力面でも自信がありませんでした。
  • しかし、自分を変えたいという強い意志から、運動部に挑戦することにしました。
  • 入学してからしばらくの間は、準備運動をするだけで精一杯でした。
  • しかし、同じような苦労をしている仲間たちと共に励まし合い、諦めずに続けることができました。
  • 部活ではレギュラーを目指して努力しましたが、なかなかメインメンバーになることは難しかったです。
  • レギュラーにはなれなかったものの、一緒に厳しい練習に耐えた仲間たちはかけがえのない友人となりました。
  • 部活動以外でも、友人関係や勉強で困難に直面した時には、支えてくれる友人がいて、それは私にとって大きな財産となりました。
  • 勉強面では、苦手な科目もありますが、志望校への合格を目指して、一生懸命努力するつもりです。
  • 部活での経験から、困難な状況も乗り越えられると信じています。
  • 最後に、いつも私を支えてくれた両親へ心から感謝の気持ちを伝えたいと思います。

 

立志式における親から子どもへの手紙の例文

 

このセクションでは、親が子どもの成長を祝福するための文章や手紙の例を紹介します。

 

七五三や成人式などの成長を祝う儀式がありますが

スポンサードリンク

新しい形のイベントも含めて、親は子どもの成長と独立を願っています。

 

学校のキャリア教育の一環としても活用されることがあります。

 

親が子どもに向けて書く手紙や文章は、特別なプレゼントとなります。

 

この際、子どもの努力を認め、将来への励ましや不安の軽減を意識することが大切です。

 

「これからも、あなたが頑張ってきたことを心から誇りに思います。

これからのあなたを応援し続けます。」

 

このような言葉で文章を結ぶことで、全体のメッセージがまとまります。

 

中学生やその保護者には、式典の服装や卒業文集など

今後様々な準備が必要になるかもしれません。

 

立志式で子どもの成長を祝う手紙の例

 

次に、親から子どもへ贈る文章や手紙の例を紹介します。

 

これらの文章は愛情を伝えるためのものであり

そのまま使うのではなく、参考として活用してください。

 

子どもへの愛情を込めた作文の例

 

  • あなたが中学三年生になり、驚くほど成長した姿を見て、私たちはとても嬉しい気持ちでいっぱいです。
  • 中学に入学したとき、あなたが文科系の部活動を選ぶと思っていました。しかし、運動系の部活を選んだと知った時、最初は心配しました。
  • あなたが小さな頃、よく体調を崩していたのを覚えていますか?
  • 部活動についていけるかどうか、私たちは非常に心配しました。でも、その心配は無用だったことがわかりました。
  • 最初は練習についていくのが大変でしたが、中学二年生になる頃には、レギュラーの位置を狙えるようになり、驚きと喜びを感じました。部活動だけでなく、勉強にも一生懸命に取り組む姿を見ていました。
  • 苦手な科目に取り組む姿勢や、難しいと言われる志望校への挑戦も、あなたの成長を示しています。
  • あなたの成長ぶりには、本当に感動しています。これまでの努力を見てきたので、これから先の困難も乗り越えられると確信しています。

 

このような文章を通じて、親の深い愛情を子どもに伝えることができます。

 

まとめ

 

中学2年生を対象に行われる立志式に関する

作文の書き方や例文に頭を悩ますことは多いですよね。

 

立志式は、自分の人生設計を再考し、それを基にした作文を作成し発表する行事です。

 

多くの人が学生時代に体験しているかもしれませんし

親になった今、その場に立つ方もいるでしょう。

 

また、この行事を知らない方もいるため、ここではその内容をあえて説明します。

 

立志式は、地域や年代によって認知度が異なるものです。

 

主に学生が中心となりますが、親が子どもへ手紙や作文を書く文化も存在します。

 

立志式での作文は、ただ例文をコピーするのではなく

自分の感情を表現することが大切です。

 

このセレモニーでは、親子それぞれが積極的に関わり

互いの思いを伝え合うスタイルが普通です。

 

特に、親から子どもへのメッセージには、子どものこれまでの努力を称賛し

将来の目標達成に向けた励ましの言葉を入れると良いでしょう。

 

立志式の意義や背景に関しては、簡単に言えば、昔の成人式に当たる儀式です。

 

自己反省の機会を与え

人として個人の成長を促進する目的で行われるようになった重要なセレモニーなのです。

タイトルとURLをコピーしました