PR

中学生へ贈る立志式の心温まるメッセージ例!愛する娘や息子への感動の手紙

学校

スポンサードリンク




PR

アフィリエイト広告を利用しています

 

 

 

 

お子さんが人生の大きな節目である「立志式」

を迎える時がついにやってきました。

 

14歳という成長の重要な分岐点で行われるこの式典は、

歴史を遡ると古代の元服式にその起源があります。

 

元服式とは、今日でいう成人式と同等の意味合いを持っていました。

 

赤ちゃんだった頃から今日までの成長を思い返すと、

この特別な日を迎えることができた喜びと

感謝の気持ちでいっぱいになります。

 

特に思春期に差し掛かるこの時期は、

お子さん自身が自分の将来や人生の方向性に

真剣に向き合う重要な時です。

 

立志式は、親子にとって忘れられないマイルストーンとなるでしょう。

 

この式典で最も心を動かされるのは、

親から子への手紙の交換です。

 

親として伝えたいことは無数にあるものですが、

心からのメッセージをどのように形にすればいいのか?

他の家庭ではどのようにしているのか?

考え始めると頭が混乱してしまうこともあるでしょう。

 

特に、この敏感な時期を迎えたお子さんへの愛情表現は、

一筋縄ではいかないものです。

 

この記事を通じて、

立志式での手紙の書き方について詳しく解説していきます。

 

ぜひこの機会に、

親子の絆をさらに深めるような手紙を書いてみてください。

 

親からの深い愛情が込められた手紙は、

お子さんが将来困難にぶつかった際に、

心強い励ましとなることでしょう。

 

立志式での心を打つメッセージの内容とは?親から子への手紙の具体的な書き方

 

思春期を迎えたお子さんへのメッセージは、

ただ単に伝えたいことが浮かばないわけではありません。

 

しかし

どのように言葉にすればその思いが伝わるのか?

多くの親御さんが悩むところです。

 

反抗期を迎えるお子さんへどう接するか?

どのように思いを伝えるか?

に頭を悩ませることも少なくありません。

 

このセクションでは

手紙を書く際に心掛けたいポイントを

一つひとつ丁寧にご紹介します。

 

これらのアドバイスを参考に、

心からのメッセージを形にしてみてください。

 

生まれてからの軌跡を振り返って

 

生まれたばかりの頃のこと、

愛くるしかった幼稚園や保育園の日々、

元気いっぱいだった小学生時代…。

 

それぞれの時期を思い返すと、

忘れられない思い出がたくさん蘇ってくるはずです。

 

それらの喜びや挑戦を手紙に綴ることで、

お子さんへの愛情を伝えることができます。

 

無事に成長を遂げたことの喜び

 

赤ん坊だった頃を思い返し、

今14歳になるまで健やかに成長してくれた

ことに対する喜びと感謝の気持ちは計り知れません。

 

14年間の人生を通じて、

お子さん自身が自分の価値と命の重さを

感じ取れるような祝福の言葉を贈りましょう。

 

成人に向けての一歩

 

中学生になると、自分で決めることが増え、

それに伴い責任感も強まります。

 

義務教育のうちは親が支えとなりますが、

成人に向けては自立が求められます。

 

立志式は、成人への道を歩み始めるにあたり、

その責任を自覚する絶好の機会になります。

 

未来へのエール

 

ただ厳しい言葉を投げかけるだけでは、

子どもたちは心を閉ざしてしまうかもしれません。

 

だからこそ

これからの人生を前向きに歩んでほしい

という応援の言葉を添えましょう。

 

大人の世界への一歩は決して容易ではありませんが

手紙に込められた励ましの言葉は

困難な時にお子さんを勇気づける支えとなります。

 

お子さんへの無限の愛情を忘れずに、心を込めて伝えてください。

 

子どもへの心を込めた立志式のお祝いメッセージの書き方例

 

立志式を迎えるにあたり、

お子さんへ送るメッセージは

親の愛情と期待を伝える大切な手段です。

 

しかし、

どのようにして心からのメッセージを形にすればよいのか?

具体的なイメージを持つのが難しいこともあるでしょう。

 

ここでは

感動を呼ぶ手紙の書き方を例文を交えてご紹介します。

 

これらの例を参考にしながら

お子さんの個性に合った

あなただけの素敵なメッセージを完成させてみてください。

 

中学2年生の息子へ贈る立志式の手紙の例

 

【例文①】

宛名:○○へ

いつも元気いっぱいで、明るい笑顔を周りに振りまいていた○○。

外で元気に遊び回り、時には転んで怪我をしても、

すぐに立ち上がりまた走り出す姿に、いつも元気をもらっていました。

小学生の頃は、いつになったら落ち着くのだろう

と思っていたけれど、今やすっかり成長し、

落ち着きある姿に変わりましたね。

14歳になり、自分で考え行動することの多い今、

自由に決めることの楽しさとそれに伴う責任の重さも

感じ始めていることでしょう。

行動する前には、その結果をじっくりと考え

どのような影響があるかを見極めてから行動に移すことが

これからの大きな力になります。

○○の行動力と考える力を合わせて、

スポンサードリンク

これからの人生を自分らしく切り開いてほしい。

いつも、○○の幸せを心から願っています。

愛するお父さんとお母さんより。

 

【例文②】

宛名:○○へ

小さいころから、兄としての責任感を持ち、

時には厳しい言葉をかけたこともあったけれど、

○○は常に前向きに、一生懸命に挑戦を続けてきました。

その努力は、確実に○○を成長させ、

素晴らしい成果へとつながっています。

これからの人生では、

さらに多くの挑戦と困難が○○を待ち受けているでしょう。

しかし

その困難も、○○の努力と粘り強さで乗り越えていけることを

私たちは強く信じています。

何か困難に直面したときは

いつでも私たちが支えますので、安心して挑戦してください。

 

中学2年生の娘へ送る立志式の手紙サンプル

 

【例文①】

宛名:○○へ

いつも周りに気を使い、

自分の感情を大切にできる内向的な性格の○○。

人の話を最後まで聞き、理解しようとする姿勢は、

多くの人にとって心地よい安らぎを与えています。

自分の意見をなかなか言い出せないことが

心配の種でしたが、

友人からの「○○ちゃんはいつも私の話を最後まで聞いてくれる」

という言葉を聞いて、○○の優しさと強さを改めて知りました。

これから大人になるにつれて、

自分の意見をしっかりと伝える場面も増えてきます。

そんな時は、

自分の内に秘めた思いを恐れずに声に出してみてください。

これまでの経験はすべて

○○を支え、導く貴重な財産です。

自信を持って、これからも自分の道を歩んでいってください。

いつでもあなたを全力で支えるお母さんより。

 

【例文②】

幼少期から度々体調を崩し、

親としてはいつも心配の連続でした。

小さな体で何度も熱を出し、

そのたびに我々夫婦の心は大きな不安で揺れ動きました。

ただ一つ願うことは、○○が健康に育ってくれることだけでした。

そんな○○も、小学生になる頃には驚くほど丈夫になり、

テニス部に所属し、試合で活躍する姿を見るたびに、

あの日々が嘘のように感じられ、

その成長ぶりには心からの喜びを感じています。

若さに任せて無理が効くと思いがちですが、

健康こそがすべての基礎であることを忘れずに。

体調を崩してしまうと、心も同様に不調をきたしてしまいます。

適切な睡眠を確保し、栄養バランスの取れた食事を心掛けるなど

自己の体を大切に扱うことの重要性を忘れないでください。

これからもずっと、

○○が健やかな毎日を送れるよう、

私もサポートしていくことを約束します。

あなたの健康と成長に感謝し、

これからも一緒に歩んでいくことを楽しみにしています。

 

立志式に参加する保護者のための服装選びガイド

 

立志式が間近に迫ると、

保護者の皆さんはどんな服装をして行けば適切か?

という疑問に頭を悩ませることがあります。

 

ここでは、立志式にふさわしい服装の選び方について

母親と父親それぞれの観点からアドバイスを提供します。

 

母親の立志式での服装選び

 

立志式に参加する際は、

露出度の高いファッションや

カジュアルすぎるデニムとTシャツの組み合わせは避けた方が無難です。

 

保護者の服装は学校やその他の保護者の雰囲気によって左右されるため

過去に参加した授業参観などの際の服装が参考になるでしょう。

 

また、公立学校か私立学校かによっても適切な服装は

変わってくる可能性があります。

 

通常の保護者会や学校行事で、

他の保護者がフォーマルまたはオフィスカジュアルを好んでいる場合は、

その傾向に沿った服装を選ぶことをおすすめします。

 

父親の立志式での服装選び

 

父親の立志式での服装に関しても、

カジュアル過ぎるデニムとTシャツの組み合わせを

避けることが望ましいです。

 

学校の保護者の一般的な服装スタイルを参考にすると良いでしょう。

公立学校の場合、

比較的カジュアルな服装をする保護者が多いかもしれませんが

どうしても迷う場合は、

スーツを着用するのが最も確実です。

 

入学式で着用したスーツや、普段お仕事で着ているスーツなど、

場にふさわしい服装を選ぶことが大切です。

 

仕事の合間を縫って立志式に参加するお父さん方は

そのままのスーツで参加することで、

他の保護者からの印象も良くなることでしょう。

 

立志式を迎える子どもへ心からの手紙を書くために

 

立志式に際して、

お子さんへ向けて心からの手紙を書くことは、

親子の絆を深め、

お子さんの新たな人生の章のスタートを祝福する素晴らしい方法です。

 

家庭によって共有される特別な記憶や願いは様々です。

 

このガイドを参考にしながら

あなたとお子さんとの貴重な思い出を振り返り

一生心に残る手紙を書いてみてください。

 

そうすることで、立志式の記念に

さらに意味深いものになるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました