PR

幼稚園・保育園の遠足前の挨拶例文集

行事

スポンサードリンク




PR

アフィリエイト広告を利用しています

 

 

 

遠足は幼稚園や保育園の子どもたちにとって

非常に楽しみなイベントの一つです。

 

選ばれる行き先は、

子どもたちが思い切り遊べるような楽しい場所が多く、

動物園や水族館、広々とした自然公園、

そして滑り台やブランコが設置されている遊園地などが一般的です。

 

このガイドでは、

遠足の日に保護者がどのように挨拶を行うかについて、

具体的な例文と共に詳しく説明していきます。

 

遠足前の挨拶の準備

 

  1. **出発前の挨拶のポイント**
  • – 挨拶と自己紹介を明確に
  • – 遠足の目的地を紹介し、子どもたちの期待を高める
  • – 教員および遠足の準備を手伝ってくれた関係者への感謝を表す
  • – 他の保護者とのコミュニケーションを図る言葉を添える

 

出発前の挨拶では、

遠足の目的地について情報を提供することで、

子どもたちのワクワク感を引き出す言葉を選ぶことが重要です。

 

たとえば、

「本日は多彩な色の鳥たちが迎えてくれる美しい植物園へと向かいます」

「水族館では、優雅に泳ぐイルカたちを間近に見ることができるので、

みなさん、楽しみにしていてくださいね」といった表現がおすすめです。

 

  1. **終了時の挨拶の重要点**
  • – 遠足で訪れた場所への感謝を述べる
  • – 一緒に参加した保護者への感謝を伝える
  • – 教員や遠足関係者への感謝を改めて表す

 

出発前の保護者代表挨拶の例文

 

皆さん、おはようございます。

今日は素晴らしい天気に恵まれて、

子どもたちも大変楽しみにしていた遠足の日です。

私は田中悠子、佑太の母です。

本日の目的地は”エメラルドグリーン公園”です。

ここは自然豊かで、鼻を鳴らす愛らしい豚や、

やさしく鳴くヤギ、そして見守り役の賢い犬たちが皆さんをお迎えします。

これから多くの動物たちとのふれあいを楽しみにしています。

遠足が終わるころには、

広い芝生の上で美味しいお弁当を囲んで、

今日一日の思い出を共有しましょう。

先生方、このような素晴らしい機会を提供していただき、

心から感謝申し上げます。

保護者の皆様、日頃から忙しい中、

子どもたちと一緒に活動する機会はそう多くありませんので、

今日は存分にこの特別な時間をお楽しみください。

 

このように挨拶を計画的に行うことで、

遠足当日を子どもたちだけでなく

保護者も一層楽しむことができるでしょう。

スポンサードリンク

 

遠足後の保護者代表挨拶の例文

 

皆様、お疲れ様でした。

本日は子どもたちと一緒に遠足に参加していただき、

誠にありがとうございました。

おかげさまで、事故もなく、

安全に楽しい時間を過ごすことができたことを心から感謝しています。

 

さて、今日の遠足で

子どもたちが最も楽しんだと感じた動物はどれだったか、

少し振り返ってみましょう。

豚さんが好きだったお友達、手を挙げてみてくださいね。

次に、犬さんが好きだった子はどれくらいいますか?

そして、羊さんを楽しんだ子もいるかな?

 

どうやら、多くの子どもたちが犬さんを特に気に入ったようですね。

羊の群れをしっかりと管理していた犬の賢さには、

皆さんも感心されたことでしょう。

また、かわいらしい豚の子どもたちに会えたことも、

この遠足の大きな魅力の一つでした。

 

お昼の時間には、

保護者の皆さんと一緒に美味しいお弁当を食べることができ、

楽しいひと時を過ごすことができました。

このような共有の時間が、

私たちのコミュニティをより一層強く結びつけてくれることでしょう。

 

保護者の皆様、

今日一日、お子様と素晴らしい思い出を作るお手伝いをしていただき、

本当にありがとうございました。

また、親同士の交流も深まったようで、

新しい友情が芽生えた様子を見ることができて、大変嬉しく思います。

 

最後になりましたが、

この遠足を計画し、運営してくださった先生方、

安全な送迎をしてくださったドライバーの方々、

その他支援してくださった職員の皆様に改めて深く感謝申し上げます。

今日の成功は、これら全ての方々の献身的な努力の結果です。

 

この遠足が、子どもたちだけでなく大人たちにも

新しい発見と交流の場を提供したことを願っています。

今後とも〇〇幼稚園のコミュニティが温かく、

豊かな関係性を育んでいくことを期待しています。

タイトルとURLをコピーしました