PR

PTA加入の是非は?不参加の選択肢に伴う利点と欠点についての洞察

学校

スポンサードリンク




PR

アフィリエイト広告を利用しています

 

 

 

 

 

お子様が小学校に進学されると、PTAという用語がしばしば耳に入ることでしょう。

 

PTA役員を務めることの大変さや

役員経験がいずれ必要になるかもしれないという話

また、役員経験は子どもの学年が低いうちに経験しておくべきだといった

様々な情報が流れています。

 

しかし、PTAは基本的に任意の団体であり

参加するか否かは自由に選択できるのです。

 

「PTAへの加入は必須なのか?」と思われる方も少なくないでしょう。

 

特に、PTAへの参加が強制的と考えている方には驚きの事実かもしれません。

 

それでは、PTAに加入しない選択をした場合

どのような影響があるのか、疑問に思う方も多いはずです。

 

ここでは、PTAに「加入しない場合の結果」「加入しない方法」

「加入しないことのメリットとデメリット」についてわかりやすく説明します。

 

PTAとは何か?

 

多くの方が聞き慣れている「PTA」という言葉ですが

PTAとは具体的に何を指すのでしょうか?

 

PTAは「Parent Teacher Association

(ペアレントティーチャーアソシエーション)」の略称です。

 

各単語の意味は以下の通りです

  • parent(ペアレント)⇒親
  • Teacher(ティーチャー)⇒教師
  • Association(アソシエーション)⇒団体

 

つまり、PTAの直訳は「親と教師の団体」です。

 

PTAは第二次世界大戦後、GHQによって設立を推進された制度で

その目的は教職員と保護者が連携し

子どもたちの健全な成長を支援することにあります。

 

元々は教員だけでは対応しきれない部分を

保護者が主体となって補う任意参加の団体でした。

 

しかし、現在は多くの学校で全員参加が一般的な風潮となっています。

 

ちなみに、PTAは公立学校の組織です。

小学校と中学校のPTAのトップは「公益法人 日本PTA全国協議会(日本PTA)」に、

高校のPTAのトップは「一般社団法人 全国高等学校PTA連合会」に属しています。

 

そして、各都道府県のPTA、各市町村のPTAなど中間の組織が編成され

それぞれ学校単位のPTAが活動しているのです。

 

一方、私立学校にはPTAに類似する組織が存在し

「○○学校父母の会」や「〇〇の子供を守る会」などと呼ばれています。

 

PTAの活動内容について:学校や地域に応じた多様な取り組み

 

PTAは各学校固有の組織であり、その活動内容は学校や地域によって大きく異なります。

 

多様な活動が行われる中で、一般的によく見られる活動の例を挙げてみましょう。

 

  • 学校行事のサポート:運動会や文化祭などの学校行事における補助や準備作業。
  • イベント運営:学校や地域社会で開催されるバザーや模擬店の企画・運営。
  • 資源の回収と再利用:廃品やベルマークの回収を通じて、学校に必要な物資の購入支援。
  • 地域の安全対策:防犯パトロールなど、地域の安全と秩序の維持に貢献。
  • 広報活動:PTAの活動や成果を広く伝えるための情報発信。

 

これらの活動は、学校やPTAの目標に応じて実施されます。

 

また、PTAの運営は毎年度初めに役員を選出することから始まります。

 

この際には、年間の活動計画や役員の責任分担に関する詳細が

記載された手紙が保護者へ配布されることが一般的です。

 

これにより、保護者はPTAの活動内容と役割を理解し

必要に応じて参加や協力を検討することができるのです。

 

PTAへの不参加がもたらす影響:実際の状況と考慮点

 

一般的に、PTAへの参加は多くの学校で基本とされていますが

実際にPTAに参加しない場合、どのような違いや影響があるのか

特にお子様への影響が気になる保護者も多いでしょう。

 

「PTAに参加しない」選択の主な変化

 

PTAへの不参加を選択すると、以下のような変化が生じます。

 

  • PTA会費の支払いが不要になる。
  • PTA役員としての任務が発生しない。
  • PTA主催のイベントへの参加が必須ではなくなる。

 

結果として、PTA関連の活動に関わることがなくなります。

 

多くの保護者にとって、これは手間や負担の軽減となるかもしれません。

 

 

PTA会費の主要な使い道について

 

PTA活動は通常、会員から徴収される「PTA会費」によって賄われます。

 

学校によって使い道は異なりますが、主に以下のような目的に使用されます。

 

  • 卒業生への記念品
  • 卒業証書の筒
  • PTA主催のイベントや慶弔事項
  • 広報誌の制作費用

 

これらの費用がPTA会費から支払われていることは、意外と思われるかもしれません。

 

「PTAに加入していない子どもは、記念品や卒業証書の筒を受け取れないのでは?」

という懸念がありますが、実際には子供への影響は少ないとされています。

 

「PTAへの不参加」と子どもへの影響

 

最も関心が高いのは、PTAへの参加有無が子どもにどのような影響を及ぼすかです。

 

基本的に、PTAの加入状況は子どもには関係なく

参加するかどうかは親の判断に委ねられます。

 

PTAへの不参加が子どもに差別やいじめを引き起こすことはありません。

 

PTAは全ての在校生を対象としており

PTA会費から支払われる費用(卒業記念品やPTA主催のイベントなど)も

全児童に等しく提供されます。

 

PTA会員でない場合でも、記念品がもらえない、行事に参加できない

といった事態は起こりません。

 

ただし、実際には

「PTA会費を支払わず、役員も務めずに活動に参加せずに同じメリットを享受するのは公平か?」

と疑問を持つ保護者もいます。

 

PTAは親同士の関係性によって仲違いが生じることがあり

子どもがその影響を受けることも懸念されています。

 

PTAから非会員への記念品などの費用請求は合法であり

多くの非会員保護者が必要な費用を支払っています。

 

PTAへの不参加は、会費の支払いを嫌うだけでなく

団体自体に対する疑問を抱いている保護者が多いという実情があります。

 

 

PTA廃止に伴う利点と潜在的な弊害の検討

 

「PTAなくてもいいのでは」と感じる保護者は少なくありません。

 

その結果、PTAを廃止する動きも増えており

実際にPTAのない学校が現れ始めています。

 

しかし、PTAがなくなると、何か問題が生じる可能性もあると考える人もいます。

 

ここでは、PTA廃止のメリットとデメリットについて考察します。

 

メリット1:保護者間の衝突の減少

 

PTA活動における一つの大きな問題は

保護者間の人間関係に関するトラブルです。

 

一部の保護者はPTA活動に非常に熱心であり

他の保護者はそれほど乗り気ではないことがあります。

 

これにより、以下のような問題が発生することがあります。

  • 役員を引き受けるか否かに関する議論
  • 意見の相違
  • グループ形成や派閥問題

 

「大人として話し合いで解決すべき」とはいえ

意見の衝突が泥沼化することも珍しくありません。

 

これが子どもの問題以上に複雑で厄介な状況を引き起こすことがあります。

 

メリット2:親の負担軽減

 

共働き家庭やシングルペアレントが増える中で

PTA活動は大きな負担になり得ます。

 

特に、強制的な参加が求められると

フルタイムで働く保護者にとっては特に厳しいものです。

スポンサードリンク

 

「可能な時には協力したいが、不可能な時は本当に無理」

というのが多くの保護者の本音かもしれません。

 

PTA活動への参加のために仕事を休むか早退することは

職場でのポジションを悪化させる可能性があり

また参加しない場合は他の保護者からの陰口や孤立感に

悩まされることもあります。

 

また、子どもが在籍中に必ず一度は役員を務めるといった

規則が存在することもあります。

 

PTAがなければ、このような負担やストレスが大幅に減少します。

 

メリット3:時間の節約

 

PTAには役員選出、会議、広報誌の作成、イベントの企画、地域の巡回、美化活動、

廃品やベルマークの回収など、多くの時間を要する活動が含まれます。

 

これらがなくなれば、保護者はこれらの活動に費やす時間を節約できます。

 

特に休日をPTA活動に費やすことは身体的、精神的にも負担になります。

 

PTAに加入しなければ、これらの時間を家族や自身のために使うことが可能になります。

 

 

PTA廃止による潜在的な弊害の詳細解析

 

PTA廃止には、意外なデメリットが存在します。

 

以下では、PTA廃止がもたらす可能性のある弊害について具体的に検討します。

 

デメリット1:保護者間のコミュニケーション減少

 

PTAは保護者間のコミュニケーションの重要な場でもあります。

 

PTA活動を通じて、親同士が交流し

子どもたちに関する情報を共有することができます。

 

PTA廃止により、顔を合わせての直接的なコミュニケーションと

関係構築の機会が失われる可能性があります。

 

同じ年齢の子を持つ親同士の交流は

子どもの成長に関する悩みを共有し、相談できる貴重な機会を提供します。

 

デメリット2:学校との関係性の希薄化

 

PTA活動は、学校に頻繁に行く機会を提供し

日常の学校生活の様子を把握する手段の一つです。

 

また、教師との定期的なコミュニケーションを通じて

子どもの学校での様子についての理解を深めることができます。

 

PTA廃止によって、学校との直接的なコミュニケーションの機会が減少し

学校との関係が希薄になる恐れがあります。

 

デメリット3:学校や行政に対する影響力の低下

 

PTAは学校や行政に対して意見を表明する重要な機能を担っています。

 

学校の環境や政策に問題がある場合

PTAは保護者の代表として意見を述べることで

学校や行政が対応を考慮するきっかけを作ります。

 

個々の保護者ではなく、組織としてまとめて意見を提出することにより

より効果的な対応を促すことが可能です。

 

PTA廃止により、このような集団としての発言力が失われることになります。

 

デメリット4:地域活動の減少

 

PTAは子どもたちの安全を守るための地域活動も担っています。

 

例えば、登下校時の見守りや防犯パトロールなど

これらはPTAが中心となって行われることが多いです。

 

PTA廃止により、これらの安全確保活動が減少する可能性があり

子どもたちの安全への影響が懸念されます。

 

長年PTAが担ってきた役割を他の組織が引き継ぐことは可能ですが

同じレベルの効果が得られるかは不透明です。

 

これらのメリット・デメリットを考慮すると

PTAの重要性を感じる保護者は「必要」と考える一方で

PTAの活動が負担であったり、時間的な制約がある保護者は

「不必要」と感じる可能性があることが理解できます。

 

 

PTAへの加入を避ける手順と注意点

 

PTA活動は多くの学校で加入が前提とされがちですが

実際には任意参加の活動です。

 

そのため、活動内容に賛同できない、または参加が難しい場合には

PTAへの非加入や退会が可能です。

 

子どもの入学前にPTAへの加入を回避したい場合は「PTA非加入届」

既にPTA会員であるが退会したい場合は「PTA退会届」を提出します。

 

このプロセスにおける重要なポイントは以下の通りです。

 

ポイント1:やり取りは書面にて

 

PTAとのやり取りは、書面で行うことが重要です。

 

PTAへの参加を「当然」と見なす保護者や教師も多いため

不要なトラブルを避けるためにも、すべて書面で行います。

 

書面なら要点を簡潔に伝えることが可能で、記録としても残ります。

 

ポイント2:提出先の選定

 

提出する先は、校長先生または教頭先生が適切です。

 

理想的には「PTA会長」に直接提出するのが適当ですが

PTAが任意参加の団体であることを

理解していない可能性も考慮する必要があります。

 

現状では、PTAを強制参加と考えている人が多いです。

 

提出する際には、校長や教頭を経由し

彼らからPTA会長へ渡してもらうのが最善です。

 

校長・教頭はPTAの任意性を理解しているため

無用な論争を避けることができます。

 

提出方法は、直接手渡しでも郵送でも問題ありません。

 

親間の衝突や不快な状況を避けるためにも

これらのポイントを遵守することが賢明です。

 

まとめ

 

PTAの存在と役割に対しては、さまざまな意見が存在します。

 

個々の考え方や家庭環境によって、PTAに対する見解は大きく異なります。

 

一部の保護者は「PTAは不要」と考えている一方で

「PTA役員経験が価値あるものだった」と感じる人もいます。

 

しかし、PTA活動において最も耐え難いとされる点は

しばしば「人間関係」の問題です。

 

会議での同調圧力、役員の責任押し付け、

参加しない保護者や意見の異なる人への陰口など

これらの問題にうんざりしている人が多いのも事実です。

 

これらの問題はストレスの源となり

人間関係を劣化させる要因となっています。

 

理想としては、「PTA参加は自由である」という認識が広まり

PTAの加入有無にかかわらず、地域社会が子どもたちを共に支え

見守る環境が形成されることです。

 

このような理解が広がることで、保護者間の圧力が軽減され、

より健全な地域コミュニティの発展に寄与することが期待されます。

タイトルとURLをコピーしました