PR

小学生の子供がメイクに興味を持った時の親の対処法とは?

未分類

スポンサードリンク




PR

アフィリエイト広告を利用しています

 

 

 

 

 

小学生の女の子たちは、ファッションや美容への関心が早い年齢から芽生えます。

 

特に、お母さんのメイクアップを真似てみたいという

願望を持つ子どもたちは少なくありません。

 

これにより、親としては「いつから子供に化粧を許可すべきか」

というジレンマに直面することがあります。

 

今日は、小学生の子供が化粧を始める適切なタイミングについて

経験豊かな小学生の母親がアドバイスを提供します。

 

個人的見解として、もし小学生が化粧を始めるならば

高学年が望ましいと考えます。

 

また、特に必要がなければ、化粧を控えるべきだとも思います。

 

これには具体的な理由がありますので、是非その点もご理解ください。

 

「小学生の化粧、高学年から可能?」条件に基づいた検討

 

子供が小学生になると、母親を模倣してかわいらしい服を着たり

化粧に興味を持ち始めたりすることが増えます。

 

私の娘もそうで、幼稚園の頃はプリンセスに憧れていましたが

小学生になるとティーン雑誌に興味を示し

キッズモデルのようなヘアスタイルやメイクに憧れるようになりました。

 

ここでの問題は、「いつから子供に化粧を許すか」という点です。

 

化粧をすると肌トラブルの原因になり得るため、毛穴の健康にも影響があります。

 

「いつから化粧を許可すべきか」という固定のルールは存在しません。

 

したがって、家庭ごとの価値観に基づいて決定することになります。

 

個人的には、できるだけ小学生の間は化粧を避け

自然な美しさを保つことをお勧めします。

 

ただし、子供が自分で「やりたい」と願う場合

それを無理に制止するのも適切ではありません。

 

そのような状況では、条件付きで化粧を許可するのが賢明かもしれません。

 

この「条件付き」とは、例えば「学校には化粧をしていかない」

「使用後はきちんと化粧を落とす」といったものです。

 

子供の気持ちを尊重しつつ、成長を見守る親としての立場を忘れないようにしましょう。

 

小学生のメイク開始時期:早期化粧のデメリットを理解しよう

 

先に触れたように

小学生のうちはできるだけメイクを控えるべきという意見がありますが

その背後には何があるのでしょうか?

 

この理由を親が理解し、子供たちに適切に伝えることが重要です。

 

【理由1】肌への悪影響

 

早期からのメイクは、肌に様々な問題を引き起こす可能性があります。

 

化粧品の不適切な使用は毛穴の汚れを促進し

肌荒れの原因となり得ます。

 

未成熟な肌に化粧品を使用することは

肌本来の美しさを損なう行為であるため

子供の頃は自然な肌の美しさを大切にするべきです。

 

【理由2】自己肯定感の低下

 

小学生の時期からのメイク習慣が身につくと

化粧をせずには自信を持てなくなる恐れがあります。

 

化粧なしでは魅力的でないと感じるようになり

どこに行くにもメイクが必要だと感じるようになるかもしれません。

 

子供たちが大人に憧れるこの時期に

自分自身の価値を理解し、大切にすることの重要性を教えることが肝要です。

 

小学生の子どもが化粧に興味を持ったら?試した3つの対応策

 

もし小学生の子どもが化粧に興味を示し、どうしても試したがる場合

スポンサードリンク

単に拒否するのではなく、適切な対応策を講じることが重要です。

 

ここでは、化粧に興味を持ち始めた娘への私の実際の対応策を紹介します。

 

これらの方法を参考にして、子どもの気持ちを理解しつつ

適切な指導を行いましょう。

 

【対応策1】休日限定で化粧を許可する

 

単純に「ダメ」と言うだけでは、子どもは納得せず

こっそり化粧をするようになる可能性があります。

 

そこで、私は娘に「休日のみ化粧を許可する」と伝えました。

 

休日に限定してリップやネイルの使用を許すことで

子どもの化粧への好奇心を適度に満たすことができ

学校に化粧をして行く心配もありません。

 

【対応策2】リップやネイルの使用を限定する

 

肌に負担が大きいファンデーションなどの使用は控えさせ

リップやネイルのみを許可しました。

 

小学生にとって、これだけでも十分な新鮮さと楽しさを提供します。

 

そのため、過度なメイクではなく、自然な形で化粧デビューをさせることが可能です。

 

【対応策3】親が子どもの化粧を手伝う

 

もし子どもがリップやネイルだけでは満足できない場合

親が化粧を手伝うのも良い方法です。

 

私の娘もチークやアイシャドウに興味を示したため

休日に彼女にフルメイクをしてあげました。

 

その経験を通じて、彼女は「イメージとは異なる」と感じ

結局はリップやネイルだけで満足するようになりました。

 

鏡に映る自身の姿に対する違和感が

化粧への関心を自然に抑える効果をもたらしたのです。

 

小学生がメイクをする時の注意点とオススメの対応策

 

小学生が化粧に興味を持ち始めたら

以下のポイントに留意し、彼らの敏感な肌を守るための対策を講じましょう。

 

親として、子供の皮膚の健康を守ることが重要です。

 

【注意点1】子供向けの化粧品の選択

 

水やお湯で簡単に洗い流せる子供用の化粧品を使うことが推奨されます。

 

私自身、娘が私の化粧品を使った際

なかなか落ちないために肌が荒れることがありました。

 

特にネイルポリッシュについては

色素沈着を防ぐために注意が必要です。

 

【注意点2】化粧落としの徹底

 

化粧品の残りが肌に残らないよう、適切に化粧を落とすことが大切です。

 

特にアイシャドウなどは、粒子が目に入り角膜を傷つけるリスクがあるため

丁寧に取り除くことが重要です。

 

化粧の仕方だけでなく、しっかりとした化粧落としの方法も教えましょう。

 

【注意点3】保湿の重要性

 

化粧をする前後の保湿は、小学生の肌を守るために非常に重要です。

 

化粧前の保湿によって肌のバリア機能を高め

化粧後の保湿によって肌をケアすることが肝心です。

 

まとめ

 

基本的に小学生の化粧は推奨されませんが、特定の条件下

例えば週末や特別な記念日に限定してリップやネイルを許可することは一つの方法です。

 

中学生では眉毛の手入れやヘアスタイリング

リップやネイルの使用が一般的になっています。

 

そのため、小学生の高学年に化粧品の正しい使用方法を教えることも考えられます。

 

単に「ダメ」と言うよりも、子供の興味を理解し

適切に対応することで、彼らの心境の変化を促すことができます。

 

親として、同じ女性として子供の気持ちに寄り添い、支えてあげましょう。

タイトルとURLをコピーしました