PR

日本のさつまいも大集合!22品種の違いをわかりやすく解説

未分類

スポンサードリンク




PR

アフィリエイト広告を利用しています

 

 

 

 

 

日本では、いろいろな種類のさつまいもが食べられています。

 

最近では、特にねっとりとした新しい種類のさつまいもが人気です。

 

安納芋みたいな新種は、どんどん有名になっています。

 

さつまいもには、体にいい食物繊維がたくさん含まれているので

健康に良い食べ物としても注目されています。

 

さつまいもには、食べたときの感じが違う3つのタイプがあります。

 

「ほくほく系」「しっとり系」「ねっとり系」という名前で呼ばれています。

 

子供のころに食べた焼き芋のような、ほくほくとしたさつまいもも

今ではいろいろな種類が売られています。

 

調べてみると、20種類以上のさつまいもがあることがわかりました。

 

その中から、特におすすめの22種類を選んで、それぞれの特徴を紹介します。

 

さつまいもってどんな野菜?

 

  • 学名:Ipomoea batatas
  • 別名:甘藷(かんしょ)
  • 分類:ヒルガオ科
  • 原産地:中央アメリカ

 

さつまいもの歴史

 

さつまいもは、約400年前の1600年頃に中国から日本に伝わりました。

 

沖縄、つまり当時の琉球を通って

薩摩(現在の鹿児島県)に伝えられたことから「さつまいも」

という名前がつきました。

 

今でも、中国の名前を取って「甘藷」と呼ぶ地域もあるんですよ。

 

この野菜が日本中に広まったのは、徳川吉宗が8代将軍だった頃。

 

蘭学者である青木昆陽さんが広めたんです。

 

特に、埼玉県の川越市は昔からさつまいもの有名な産地でして

江戸(今の東京)から約13里(約52キロメートル)離れていたことから

川越の焼き芋屋さんは「十三里」と呼ばれていたそうです。

 

さつまいもの外国での呼び名

 

さつまいもは海外でも人気で、いろいろな国で違う名前で呼ばれています。

  • 英語では「sweet potato」
  • フランス語では「patate」
  • 中国語では「红薯」と言います。

 

さつまいもの甘さについて

 

さつまいもの甘さは、糖度という数値で表されます。

 

糖度は10度くらいのものから

調理方法によっては60度以上になるものもあるんです。

 

たとえば

紅はるかや安納芋は麦芽糖がたくさん含まれていて、自然な甘さがあります。

 

これは、普通の砂糖とは違う、体に優しい甘さなんですよ。

 

さつまいもが一番美味しい季節はいつ?

 

焼き芋でおなじみのさつまいもが一番美味しくなるのは

だいたい10月から次の年の1月くらいまでの時期です。

 

この季節になると、さつまいもは甘くて

特有のやわらかい食感がより一層引き立ちます。

 

さつまいもは収穫したてよりも、2~3ヶ月くらい保存しておくと

余計な水分がなくなって、甘みが増します。

 

だから、10月に収穫された新鮮なさつまいももいいけど

収穫してから時間が経った冬の時期の方が

さつまいもの美味しさが最高になるんです。

 

冬になると、自然の甘さと深い味わいのさつまいもが食卓を彩ります。

 

日本でさつまいもを一番たくさん作っている都道府県は?

 

さつまいもは、もともと薩摩藩(今の鹿児島県)から始まったので

鹿児島県が日本で一番多くさつまいもを作っています。

 

鹿児島県では、安納芋や紅薩摩など

有名なさつまいもの品種をたくさん作っているんですよ。

 

2022年の日本でのさつまいもの生産量を見ると、以下のようになっています。

 

  1. 鹿児島県:210,000トンで、全国の29.5%を占めています。ここは、でん粉や焼酎を作るためのさつまいもも多く作られていて、安納芋のような有名な品種も栽培されています。

 

  1. 茨城県:194,300トンで、全国の27.3%。茨城県は、生で食べるさつまいもの大きな産地です。

 

  1. 千葉県:88,800トンで、全国の12.5%。

 

  1. 宮崎県:77,900トンで、全国の11.0%。

 

  1. 徳島県:27,000トンで、全国の3.8%。

 

  1. 熊本県:19,000トンで、全国の2.7%。

 

これを見ると、日本でさつまいもをたくさん作っているのは

鹿児島県が一番多くさつまいもを作っています。

 

これらのデータから、日本でさつまいもをたくさん作る場所は

鹿児島県や茨城県、千葉県に集中していることがわかります。

 

特に鹿児島県は、日本のさつまいも生産量の約3割を占めているんですよ。

 

日本のいろいろなさつまいも:3つのタイプと22の種類を詳しく知ろう

 

日本には、さつまいもには3つの違ったタイプがあって、それぞれが人気です。

 

それは、しっとりとしたもの、ほくほくとしたもの、そしてねっとりとしたものです。

 

この3つのタイプから、特におすすめの22の種類を一つ一つ紹介していきます。

スポンサードリンク

 

さらに、これらの種類の特徴についても詳しく説明するので

ぜひチェックしてみてくださいね。

 

なめらかでやさしい甘さのしっとり系さつまいも5種類

 

しっとり系のさつまいもは

お口の中でとろけるようなやわらかさと、優しい甘みが特徴です。

 

このタイプで人気のある種類には

紅まさり、シルクスイート、めんげ芋、ひめあやか、アメリカ芋があります。

 

これらのさつまいもは、食べると口の中でなめらかに広がる食感が楽しめます。

 

サクサクとした食感が楽しいほくほく系さつまいも10種類

 

昔ながらの焼き芋のような、ほくほくとしたさつまいもは

水分が少なくて粉っぽい食感が特徴です。

 

このタイプでよく知られている種類には

紅あずま、紅こまち、パープルスイートロード、紅こがねなどがあります。

 

また、これらから派生した種類として

鳴門金時、紅さつま、とみつ金時、宮崎紅、佐原金時、高系14号、五郎島金時

などがあり、それぞれに独特の味わいと食感がありますよ。

 

クリームのようになめらかなねっとり系さつまいも7種類

 

ねっとり系のさつまいもは

スプーンで食べられるくらいクリーミーでとても甘いです。

 

このグループには

安納芋、紅はるか、紅天使、甘太くん、いもジェンヌ、紅優甘、クイックスイートなどがあり

それぞれ独特の味わいがあります。

 

これらのさつまいもは、甘さが強く

口の中でクリームのようにとろけるような感じがします。

 

さつまいもの栄養と健康への良い効果

 

さつまいもは、特に焼き芋として食べるととても美味しいですね。

 

寒い時期には、そのおいしさと栄養で毎日でも食べたくなります。

 

さつまいもには、体にいい栄養素がたくさん含まれていて

特にジャガイモの2倍もの食物繊維があります。

 

これはお腹の調子を整えるのに役立ちます。

 

また、ビタミンCやポリフェノールも多く含まれていて

体を丈夫にする効果が期待できます。

 

さつまいもの栄養成分の詳細

 

ここでは、さつまいもに含まれる栄養成分を100gあたりで詳しく紹介します。

 

  • エネルギー:132kcal
  • 水分:66.1g
  • 炭水化物:1.2g
  • 無機質:31.5g
  • ナトリウム:4mg
  • カリウム:470mg
  • カルシウム:40mg
  • 鉄:0.7mg
  • 銅:0.18mg
  • マンガン:0.44mg
  • ビタミンE:1.6mg
  • ビタミンB1:0.11mg
  • ビタミンC:29mg
  • 食物繊維:2.3g

 

さつまいもがもたらす体にいい6つの効果

 

さつまいもは次のような健康に良い効果が期待できます。

 

  • 高血圧やむくみを予防する効果
  • がんを予防する効果
  • 体の免疫力を高める効果
  • 肌をきれいにする効果
  • ダイエットに役立ち、ダイエットにも効果的です。
  • 血糖値が急に上がりにくい効果もあります。

 

さつまいもに含まれるこれらの栄養素は、私たちの体にとってとても大切です。

 

毎日の食事にさつまいもを取り入れることで

これらの健康効果を実感することができますよ。

 

さつまいもの上手な保存方法とその期間

 

秋になると、子どもたちが幼稚園でお芋掘りをしたり、ご近所さんからお裾分けをもらったりして

家に、さつまいもがたくさんあることがありますよね。

 

そんな時、どうやって保存すればいいのか

またどのくらい長持ちするのかを知っておくと便利です。

 

ここでは、さつまいもを

冷蔵庫で保存する方法、冷凍する方法、常温で保存する方法

の3つに分けて、詳しく説明します。

 

そして、おいしい焼き芋の保存方法もお教えしますね。

 

  • 冷凍する場合:最長で1ヶ月保存できます
  • 冷蔵する場合:最長で2ヶ月保存できます
  • 常温で保存する場合:最長で1ヶ月保存できます

 

一般的には、さつまいもは常温で保存するのがおすすめです。

 

まとめ

さつまいもは、栄養がたっぷりで、多くの人に好かれている食材です。

 

特に、焼き芋は秋から冬にかけてが旬で、とてもおいしいです。

 

最近では、焼き芋専門店が増えて

昔は特定の場所でしか食べられなかった焼き芋も

今は簡単に楽しむことができるようになりました。

 

さつまいもにはいろいろな種類があるので

自分や家族の好みに合った種類を見つけて

さつまいもの美味しさを存分に楽しんでみてください。

 

さつまいもには、色々な料理に使える便利な点がたくさんありますよ。

タイトルとURLをコピーしました