PR

犬が示す愛情のサイン:飼い主の顔をなめる行動の深遠な意味

未分類

スポンサードリンク




PR

アフィリエイト広告を利用しています

 

 

 

 

犬が飼い主の口元を優しくなめる瞬間

それはどんな感情を表しているのでしょうか?

 

この行動は、ただ食べ物を欲しているだけではなく

子供が親に抱きしめられたいと願うように

愛情や安らぎを求めている可能性があります。

 

このような行動は

特に日本犬と比べて人間に親しみやすい特性を持つ

西洋の小型犬種でよく見られます。

 

犬が飼い主の顔や口を舐める時の感情的な背景

 

犬が人間の口をなめる行動には、主に二つの重要な意味が込められています。

 

狼の社交的な挨拶の伝統

 

この行動の一つ目の意味は

狼の社交的な挨拶の方法に由来します。

 

狼が群れの中で地位が高い個体

つまりアルファ狼に親愛の情を示す際に

その個体の口元をなめることがあります。

 

この習性は犬にも受け継がれており

飼い主への尊敬と愛情の表現としてなめる行動をとることがあります。

 

子犬の食事を求める行動の古典

 

もう一つの意味は

子犬が母犬に食事を求める行動の古い習慣に由来します。

 

歴史的に、子犬が母犬の口元をなめると

母犬は口から食べ物を出して与える習慣がありました。

 

この行動は、現代の犬にも引き継がれており

自分が保護されていると感じる存在

すなわち「母親」に見立てた人に対して

同様の行動をとることがあります。

 

これら二つの視点を合わせると

犬が成犬になっても飼い主の口元をなめる行動は

「自分よりも立場が上であり、保護者としての役割を果たしている人への深い愛情と尊敬」

を意味していると言えます。

 

この行動は、「あなたを愛している」

「あなたと一緒にいることで心が落ち着く」

という感情を繊細に表現していると考えられます。

 

また、犬の舌は塩味に対して非常に感度が低いため

人間の顔をなめる際に「しょっぱい」

と感じることはほとんどありません。

 

このことから、犬が人間の顔をなめる行動は

味覚に基づくものではなく

より深い感情的な意味を持つ行動であると言えるでしょう。

 

犬の舐め癖をやめさせる方法とは?

 

飼い主の顔や口をなめる犬の癖を改善するには

「タイムアウト」という方法が効果的です。

 

これは、犬が顔や口をなめた瞬間に

スポンサードリンク

意図的に相手をするのをやめて

一時的に交流を中断する手法です。

 

このアプローチにより、犬は楽しい時間が終わることを学び

徐々にこの癖をやめるようになる可能性があります。

 

また、舐める行動を控えた際には

犬をたっぷり褒めて正しい行動を促しましょう。

 

2013年の研究では rehn_t_130913.pdf

犬が飼い主との再会を非常に喜ぶことが明らかになりました。

 

研究では、30分から4時間

飼い主から離れた犬たちの再会時の行動や体の反応を詳細に観察しました。

 

その結果、離れていた時間が長ければ長いほど

犬は喜びを表す行動(体を振る、口をなめる、尾を振るなど)

をより多く示すことがわかりました。

 

さらに、再会時には「信頼ホルモン」として知られる

オキシトシンのレベルが上昇し

一方で「ストレスホルモン」とされる

コルチゾールのレベルは低下する傾向がありました。

 

この現象は、飼い主が犬を無視しても

声をかけても変わらないことが分かりました。

 

これは、長い時間の別離の後の再会が

犬にとって非常に大きな喜びであることを示唆しています。

 

犬が留守番中に熱心に口をなめるのは

「また会えてうれしい!どこにも行かないでね」

という気持ちの現れである可能性が高いのです。

 

犬が飼い主の顔をなめる行動の様々な側面

 

犬が飼い主の顔をなめる行為は

時折少し不快な臭いが伴うこともありますが

多くの人にとっては犬からの愛情の表現として受け入れられています。

 

2016年の研究では beneficial-dog-bacteria-upregulate-oxytocin

犬の唾液に含まれる特定の乳酸菌が健康や

ダイエットに役立つ可能性が指摘されました。

 

ただし、犬と人間の間で伝染する可能性がある

「人獣共通感染症」への注意も必要です。

 

これらの病気の一つに「パスツレラ症」があります。

 

これはパスツレラ菌が引き起こす感染症で

犬はこの菌を口内に保持していることが多いため

特に注意が求められます。

 

通常、感染しても無症状のことが多いですが

免疫力が低下している人や乳幼児が感染すると

気管支炎などの症状を引き起こす可能性があります。

 

特に、赤ちゃんとペットが密接に接触する行為

(食器やスプーンの共有、口をなめさせるなど)は避けた方が賢明です。

タイトルとURLをコピーしました