PR

愛犬の飛びつく行動を改善する方法

未分類

スポンサードリンク




PR

アフィリエイト広告を利用しています

 

 

 

 

愛犬が人に飛びつく行動は

犬自身が思わぬ事故や怪我を負う危険性があるだけでなく

飛びつかれた人が転倒するリスクも伴います。

 

そのため、愛犬がまだ子犬の時期からこの行動を修正し

適切な行動を教えることが重要です。

 

また、犬が飛びつく際によく見られる「顔や口への舐め行動」も

同時にコントロールすることが必要です。

 

飛びつき行動の理解とそのリスク

 

「飛びつき」とは、犬が前足で物体や人、他の動物に触れたり、

時には倒そうとする行動のことです。

 

特に人間に対する飛びつき行動には

顔を舐める、噛むなどの行為が伴うことが多いです。

 

この行動が習慣になると、犬自身や飼い主、周囲の人々、

他の動物が様々なトラブルや危険に巻き込まれるリスクが増加します。

 

このような状況を避けるためには

早い段階で適切なトレーニングを施すことが求められます。

 

以下に、飛びつき行動の改善がもたらすメリットを紹介します。

 

犬の安全と健康の保護

 

愛犬の飛びつき習慣を改善することは

その安全と健康を保護する上で極めて重要です。

 

好奇心が旺盛な犬は散歩中に見慣れない物に飛びつくことがあり

「これは何だろう?面白そう!」と反応します。

 

また、狩猟本能が強い犬は

動くものに対して「追いかけて捕まえなくては!」

と飛びつくこともあります。

 

これらの衝動的な行動は

通行中の自転車や車との衝突の可能性を高めます。

 

飛びつき癖を早期に改善することで

犬が飼い主のコントロールを逸脱して危険な状況に

走り込むことを防ぐことができます。

 

他の犬との衝突を避けるためのしつけ

 

犬が他の犬に飛びつく習慣を改めることは

犬同士の衝突やトラブルを予防するために極めて重要です。

 

特に警戒心が強かったり、他の犬との優劣を意識する犬の場合

散歩中に初めて出会う犬に対して

「この犬は一体何者だ?力比べをしてみたい」

と思い、飛びつくことがあります。

 

匂いを嗅ぐだけなら大きな問題にはなりませんが

もし噛みつくようなことがあれば

相手の犬を傷つけるだけでなく

法的なトラブルに発展する可能性もあります。

 

以下に、実際に起こった具体的な事例を挙げます。

● あるカップルがラブラドールレトリバーを連れて公園にいた時、遠方から柴犬が急に駆け寄ってきて、ラブラドールに攻撃し、一方的に噛みついて怪我をさせました。

この事件で、柴犬の飼い主は相手の犬の治療費と飼い主の精神的苦痛に対する慰謝料を支払うよう裁判所に命じられました(2005年・東京地裁)。

● 散歩中の女性がポメラニアンを連れていると、中型犬を3匹連れた男性とすれ違いました。

その中の1匹が突然ポメラニアンに噛みつき、ポメラニアンはその怪我が原因で死亡しました。

この事件において中型犬の飼い主は、犬の治療費と飼い主に対する慰謝料を支払うことになりました(1999年・春日井簡易裁判所)。

 

このような犬同士の咬傷事故は

飼い主がしっかりとリードを掴んで飛びつきのしつけをしていたら

防げた可能性があります。

 

人の転倒や怪我を防ぐための対策

 

犬が人に飛びつく癖を矯正することは

人が転倒して怪我をするリスクを防ぐために非常に重要です。

 

特に、長時間の留守番後に飼い主と再会したとき

犬は愛情や寂しさから飛びついてしまうことがよくあります。

 

中型犬や大型犬が飛びつく場合

体重が軽い人は簡単に押し倒される恐れがあり

その際に頭部を強打する危険性も伴います。

 

また、どんな体格の人であっても

突然の飛びつきに驚いてバランスを失い転倒することがあります。

 

特に子供の場合

小型犬に飛びつかれても転倒するリスクが高くなります。

 

飼い主に対しての飛びつきは

大きな問題になることは少ないかもしれませんが

人懐っこい犬が散歩中に見知らぬ人に飛びつけば

大きなトラブルに発展する恐れがあります。

 

特に犬が苦手な人にとっては、極めて不快な経験となるでしょう。

 

具体的な事例

 

1973年に島根県で発生した具体例を挙げると

8歳の少女が散歩中に犬を連れていて、73歳の女性とすれ違いました。

犬が急に駆け寄ったため、女性は驚いて転倒し、大腿骨を骨折しました。

その後、女性は糖尿病が悪化し、昏睡状態に陥り、数日後に亡くなりました。

裁判所は、犬の管理不足を理由に

飼い主や少女の両親に賠償責任があると判定しました。

 

このような事例からも分かる通り

犬が飛びつく行動は、犬が小型であっても

相手が犬を苦手とする場合には、転倒や怪我につながる可能性があります。

 

そのため、飼い主としては犬の大きさにかかわらず

人に飛びつかせないよう適切に訓練することが重要な責務と言えます。

 

人と犬の共通感染症を予防するための対策

 

犬が人に飛びつく癖を改善することは

人の顔や口を舐める習慣を減少させ

その結果、人と犬の共通感染症のリスクを軽減することに貢献します。

 

2017年にメンデル大学の研究チームがチェコ共和国で実施した研究では

1歳以上の犬を飼っている294人の飼い主を対象に

犬の飛びつき行動に関する広範な調査が行われました。

 

この調査から

  • 犬は散歩中よりも飼い主が帰宅した時に飛びつくことが多いこと
  • 知らない人よりも飼い主に対して飛びつきやすいこと
  • 飼い主が立っている時にはしゃがんでいる時よりも10倍も多く顔を舐める行動をとること

が明らかになりました。

 

これらの結果から

犬が飛びつく主な理由は単に飛びつく行為そのものではなく

飼い主や他の人間の顔や口を舐めることにあると考えられます。

 

この行動は飼い主にとって愛情表現として捉えられることが多いですが

実際には健康上のリスクが伴います。

 

犬の口内細菌について

 

犬の口内は多くの細菌を含んでおり

特にパスツレラ・ムルトシダ菌はパスツレラ症を引き起こす原因となり

免疫力が低下している人には呼吸器系の疾患を引き起こす可能性があります。

 

2010年の別の研究では

犬の口内から74%の確率でカプノサイトファーガ・カニモルサス菌が検出され

近縁種を含めるとその確率は86%にも上ることが判明しています。

 

さらに

犬の歯垢に存在するトリコモナス属やエントアメーバ属などの

微生物が人間に移行すると、歯周病を引き起こす恐れがあります。

 

このように、犬が人に飛びつき

顔や口を舐める行動を減らすことは

人獣共通感染症のリスクを低減するためにも非常に重要です。

 

次に

愛犬の飛びつき癖を効果的に改善するための

具体的な方法について詳しく見ていきましょう。

 

愛犬の飛びつき行動改善のための基本方針

 

愛犬の飛びつき行動を訓練を通じて改善する際には

飼い主はいくつかの重要なポイントを心掛ける必要があります。

 

  • 望まれる行動

興奮していても、自制心を保ち何かに飛びつかないこと

 

  • 避けるべき行動

興奮して無計画に何かに飛びつくこと

 

望ましい行動には積極的な報酬(ポジティブな強化)を与え

望ましくない行動には適切な不快なフィードバック(ネガティブな弱化)を

結び付けることがしつけの基本原則です。

 

この原則を基に、愛犬の飛びつき行動を修正しましょう。

 

  • ポジティブな強化

犬が自発的に何かに飛びつかなかった時には

迅速に報酬を与えて正しい行動を強化する

 

  • ネガティブな弱化

犬が何かに飛びついた時には

直ちに不快なフィードバックを提供して行動を抑制する

 

飛びつき行動の修正においては

ポジティブな強化の方がより効果的です。

 

たとえば

犬が足元に飛びついてきた際に

適切な報酬を与えて行動をコントロールします。

 

ただし

犬が恐怖や不快感を感じるような方法で行動を抑制すると

人間に対する不信感や攻撃性を引き起こす恐れがあるため注意が必要です。

 

飼い主との信頼関係を損ねないよう

正しい行動には報酬を与え、間違った行動には報酬を与えずに

抑制するネガティブな弱化を補助的に用いることが望ましいです。

 

愛犬の飛びつき癖のしつけ実践方法

 

基本方針を理解した上で、実際のしつけ実践に移りましょう。

 

しつけを開始する前に、重要な原則

  • 犬を意識的に待たせること
  • 一つの行動に対して一貫した反応を示すこと
  • 報酬と罰のタイミングを適切にすること
  • 家族全員が統一されたしつけ方針を持つこと

を念頭に置いてください。

 

これらの原則にまだ不慣れな方は

どのような行動が奨励され、どのような行動を避けるべきかを

明確に理解することが大切です。

 

しつけの事前準備

 

実際に愛犬の飛びつき行動を修正する前に、以下のような準備を行います。

 

効果的な報酬の選び方

 

愛犬が望ましい行動をとるように誘導するには

適切な報酬の提供が欠かせません。

 

ここでは、犬に与えることで良い行動を促す

効果的な報酬について説明します。

 

  • おやつの使用

おやつを報酬として利用する際は、犬が好む味と低カロリーを兼ね備えたものを選びます。

与える量には気を付け、過剰な量を避けることが大切です。

 

  • 褒め言葉を使う

犬を褒める時は

明るくポジティブな声で「いい子だね!」や「すごいね!」と声をかけます。

同時に軽く撫でると、さらに効果がありますが

犬が過度に興奮しないよう配慮が必要です。

 

  • おもちゃの活用

おもちゃを報酬として用いる場合は

犬の好みに合わせた選択が重要です。

いくつかのおもちゃを試し、犬が最も気に入ったものを選びましょう。

ただし、一度与えたおもちゃは取り上げにくくなるため

訓練の終盤に使用するのが適切です。

 

基本服従訓練の重要性

 

犬にはアイコンタクト、オスワリ、マテなどの

基本的な服従訓練を予め行っておくことが推奨されます。

 

静かに座っている状態を当たり前と考えがちですが、

この行動に対しても報酬を与えることが大事です。

 

犬が「静かにしているとご褒美がもらえる」と理解するよう

日常的にこの習慣を根付かせましょう。

 

飛びつき行動の状況設定

 

まず、犬の行動パターンを注意深く観察し

飛びつきが生じやすい瞬間を特定します。

 

特に以下の状況では飛びつき行動が頻繁に起こりがちです。

 

  • 飼い主が帰宅した時
  • 散歩や食事を要求する時
  • 散歩中に知り合いや他の犬に遭遇した時
  • 見知らぬ人や犬と出会った時
  • 自転車や車が通る時
  • 家に来客があった時

 

これらの状況を意図的に再現し

犬に報酬となるおやつを用意した上で訓練を実施します。

スポンサードリンク

 

犬が興奮状態で飼い主に飛びついた際には

怒鳴ることなく落ち着いて対応することが重要です。

 

大声を上げると犬がそれを喜んでいると誤解

逆効果となり飛びつき行動が強化されるリスクがあるため、注意が必要です。

 

「お座り」で飛びつきをコントロール

 

犬が飛びついた瞬間

静かに用意したおやつを鼻先に持っていって

犬の注意をそちらへ向けます。

 

犬は嗅覚が鋭いため

お腹が空いていればおやつにすぐ反応するはずです。

 

そこで、事前に練習しておいた「お座り」のコマンドを出します。

 

犬が座ったら、次に「待て」と指示し

数秒間静かに待てるか確認します。

 

うまくできたら、褒め言葉と共におやつを与えます。

 

このトレーニングの最後には

「フリー」といった解放の合図を出しても構いません。

 

この一連の手順を繰り返すことで犬は以下の2点を学習します。

 

  1. 人に飛びついても報酬は得られない。
  2. 飛びつかずにお座りすれば報酬がもらえる。

 

前者は報酬を与えないことで

不要な行動を減らす「ネガティブ弱化」

後者は報酬を与えることで望ましい行動を増やす「ポジティブ強化」です。

 

犬が飛びつくたびにこのトレーニングを繰り返し実施しましょう。

 

テンションが高い犬への対処

 

小型犬では通常、人を押し倒すことはありませんが

中型犬や大型犬が強く飛びついた場合

人がバランスを崩して転倒し、怪我をするリスクがあります。

 

特にテンションが高く活動的な犬には、特別な注意が必要です。

 

タイムアウトの活用

 

タイムアウトとは

犬に対して注意や触れ合い、興味を一時的に完全に遮断し

あたかも存在しないかのように無視する手法です。

 

犬が激しく飛びつく場合は

初めのうちはリードを使用して動きを制限します。

 

この時、犬が引っ張っても首が締まらないタイプの装具を選び

リードの端はしっかりと固定します。

 

リードに制限されることで、犬は自由に動けなくなります。

 

飼い主はこの間、犬を完全に無視し

一切の反応を見せないことがカギです。

 

これが「タイムアウト」で

犬は徐々に飛びつく行動を控えるようになります。

 

タイムアウトの効果的な運用

 

特に犬が「遊んでほしい」「触れ合いたい」「外に出たい」

といった欲求を持っている際に効果を発揮します。

 

犬が欲求不満によるストレスを感じると

そのストレスが自然と嫌悪刺激に変わり

騒がしい行動を自然と控えるようになります。

 

犬が落ち着いて静かになったら

飼い主は近づいて「お座り」と指示します。

 

犬が指示に従って座った後は

「待て」と命じ

静かに待っていられたら褒めて、おやつの報酬を与えます。

 

これにより、犬は

「騒いでも何も得られないが、静かにしていればご褒美がもらえる」

ということを学びます。

 

もし飼い主が近づいた時に犬が再び騒ぎ始めた場合は

直ちに離れて再びタイムアウトを実施します。

 

この対応を怠ると

犬は「騒げば飼い主の注目が得られる」と学習し

望ましくない行動が強化されてしまう可能性があります。

 

顔舐め行動の抑制

 

犬が人に飛びつく主な動機が顔や口を舐めることにある場合

まず「顔や口を舐めてはいけない」

というルールを犬に教えることが大切です。

 

顔を舐めようとする行動を事前に抑制するには

「お座り」という指示を出して物理的に行動を不可能にする

「カウンターコマンディング」という方法が有効です。

 

この手法は

望ましくない行動の代わりに別の行動を促進し

犬の行動をコントロールするのに役立ちます。

 

これによって人獣共通感染症のリスクを減らし

不適切な飛びつきによる事故の可能性も低減できます。

 

犬が顔や口を舐めようとした時に

「うわー!」といった

驚いたり喜んだりするような声を出さないことも重要です。

 

このような反応は

犬にとっては肯定的なサインと解釈され

行動が助長されてしまいます。

 

犬が顔を舐めようとしても

静かに「お座り」と指示し、一貫した対応を取ることが重要です。

 

このルールは家族全員が守る必要があり

家族以外の人々にも同様の対応を求めることが望ましいです。

 

代替行動の強化(カウンターコマンディング)

 

カウンターコマンディングとは

望ましくない行動の代わりに別の行動を促進する手法です。

 

例えば

犬が飛びつこうとする前に「お座り」と指示することで

物理的に飛びつくことを不可能にします。

 

これは、タバコをやめるためにガムを噛むような

人間の代替行動に似ています。

 

トレーニング担当者の変更で効果を向上

 

犬のしつけを行う際には、家族全員が関与することが重要です。

 

例えば、お母さんが主にしつけを担当していた場合

犬はお母さんには飛びつかなくなっても

お父さんや子供など他の家族には引き続き飛びつく可能性があります。

 

そのため、家族全員が同じ方法でしつけを行い

犬が誰に対しても飛びつかないようにすることが望ましいです。

 

また、犬が家族以外の人にも飛びつく習慣がある場合は

友人や知人の協力を得て、彼らが「飛びつかれる役」を演じてもらうことも効果的です。

 

最も理想的なのは

犬にお座りのコマンドを適切に実行させることですが

できない場合は

リードを使用して犬の動きを制限し、物理的に飛びつけないようにします。

 

犬が興奮している間は徹底的に無視(タイムアウト)し

落ち着いたら近づいて関心を示します。

 

犬が再び飛びつきそうになったら

直ちに離れて無視を続けることで

犬は「飛びついても注目されない」と学び

静かにしている方が良いと理解するようになります。

 

報酬の徐々な減少

 

犬が飛びつかずに静かにお座りすることに慣れたら

次のステップとしておやつの回数を段階的に減らしていきます。

 

例えば、最初は「2回に1回」の割合でおやつを与え

徐々に「3回に1回」「4回に1回」と頻度を減らしていきます。

 

最終的には、犬が「いいこ」という言葉のほめ言葉だけで満足するようにします。

 

犬が人に飛びつき、顔を舐めようとする主な理由は

愛情や注目を求めるためです。

 

したがって

撫でるなどの社会的な報酬だけでも犬を十分満足させることができます。

 

しかし、間欠的な強化の原理を利用し

時々犬の好きな特別なおやつをランダムに与えることで

望ましい行動がより強化されるようにします。

 

これにより、犬はその行動を繰り返し

ポジティブな行動パターンが確立されます。

 

再発を防ぐための注意点

 

犬の飛びつき癖をしつけで改善する際

特に重要なのが

偶然にも犬の問題行動を再発させるような報酬を与えないことです。

 

犬が飛びつく行動を取った際に

意図せず報酬を与えてしまうと

その行動が強化されてしまう可能性があります。

 

以下は、犬の飛びつき行動が無意識のうちに

強化される可能性がある一般的な状況です。

 

  •  飼い主が食事をしている時、犬が足元に来て足に前足をかけたときに、犬の可愛らしい表情に心を動かされて食事の一部を与えてしまうこと。
  •  リラックスしてテレビを見ている時に、犬が体に乗り顔や口を舐め始めた際に、くすぐったさから反射的に声を出してしまうこと。
  •  外出から帰宅した時に、犬が熱烈に飛びついてきて顔を舐めた際に、会いたかった気持ちから犬を抱きしめて撫でること。

 

これらの状況は表面上は問題がないように見えますが

実際には犬の飛びつき行動や顔舐め行動に対して報酬を与えてしまっているのです。

 

NGな報酬としては

「食事の一部」「反応する声」「注目と反応」などが考えられます。

 

これらは人間にとっては些細なことかもしれませんが

犬にとっては十分な報酬となり

行動が無意識に強化されてしまいます。

 

家族全員でルールを徹底

 

この問題は家庭内のすべての人が気をつけるべきことであり

しつけを始める前に家族で話し合い

許容される行動と禁止される行動について一貫した方針を決めることが重要です。

 

一度決めたら、家族全員がそのルールを徹底する必要があります。

 

そうしないと、改善したはずの飛びつきの癖が

ルールを守らない家族の影響で再発してしまい

その原因が不明のままになることがあります。

 

そして、犬は何の非もないのに

「学習能力がない」と誤解される事態になりかねません。

 

愛犬の飛びつき行動への理解と総括

 

犬が人に飛びつく行動は

多様な欲求不満の表れである可能性が高いです。

 

例えば

愛情や親密さを求める犬が長い留守番の後で飼い主を熱烈に歓迎するケース

または好奇心旺盛で新しい冒険を求める犬が散歩中に他の犬や人に興味を持ち

それが飛びつきに繋がることもあります。

 

犬の欲求が満たされた時

その興奮は急激に高まり、飛びつきという行動に結びつく可能性があります。

 

こうした突発的な高いテンションを避けるためには

日々の生活の中で犬の基本的な欲求を適切に満たすことが重要です。

 

これには、栄養バランスの取れた食事や十分な水分の提供、

心地よい居住環境の確保、探索や遊び、親密な触れ合いなど、

犬の様々な基本的な欲求に応えることが含まれます。

 

犬が人に飛びつく背後には

「愛情を表現する挨拶」や「甘えたい」という感情が隠されていることが多いです。

 

飼い主としてはこれを愛らしい行動と捉えがちですが

それによって生じるさまざまなデメリットを考慮すると

適切な対応と管理が非常に重要です。

 

飛びつき行動による事故や不快感を防ぐため

しつけを通じて犬に適切な行動を教え

その欲求を安全かつ健康的な方法で満たすことが、飼い主の責任となります。

タイトルとURLをコピーしました