PR

プールでのスマートフォン対応策:4つの方法と防水ケース購入先、金銭の扱い方

未分類

スポンサードリンク




PR

アフィリエイト広告を利用しています

 

 

 

 

夏のレジャーとして人気のプールでは

スマートフォンの取り扱いについて悩むことが少なくありません。

 

プールの中で写真を撮りたいけれど

水濡れによる故障が心配ですよね。

 

私自身も、初めて友人たちとプールに出かけた時

スマートフォンをどのように扱うべきかで大いに悩みました。

 

そんな経験から

プールでのスマートフォン対策として

次の4つの方法を提案します。

 

  1. 防水ケースを使って持ち込む
  2. 密封袋を活用して持ち込む
  3. プールサイドに安全に置いておく
  4. ロッカーに保管する

 

この記事では

これらの方法それぞれの利点と欠点を

詳細にわたって解説していきます。

 

さらに

プールで便利な防水ケースの購入先や

現金の管理方法についても、合わせてご紹介していきます。

 

以下の内容をぜひ参考にして

あなたにとって最適な方法を見つけてください。

 

プールでのスマートフォン対応策:4つの方法

 

プールでのスマートフォンの扱い方には

主に以下の4つの方法が考えられます。

 

  1. 防水ケースを利用して持ち込む
  2. 密封袋を使用して持ち込む
  3. プールサイドに安心して置いておく
  4. ロッカーを活用して安全に保管する

 

以下では

私が実際にプールでこれらの方法を試した経験を踏まえ

それぞれの方法について、より具体的に解説していきます。

 

防水ケースを活用して持ち込む

 

プールでのスマートフォンの安全対策の一つとして

「防水ケースを活用して持ち込む」方法があります。

 

私も、この方法をよく利用しています。

 

首にかけられるタイプの防水ケースを使用すると

いつでも手軽に友人たちとの写真を撮ることができ

とても便利です。

 

また、いつも身につけていることで

盗難のリスクも大幅に減少します。

 

特に、プールへ行く際には

一つ持っていると非常に便利です。

 

ただし、この防水ケースを購入する際には

少なからず費用がかかる点に注意が必要です。

 

私が過去に購入した際には、1,000円以上の出費がありました。

 

頻繁にプールを訪れる方であれば

この投資には十分な価値がありますが

そうでない場合

1,000円以上を支払うことには少し躊躇するかもしれません。

 

そのため、購入を検討される際には

ご自身の予算と照らし合わせて検討することをお勧めします。

 

密封袋を使用してプールに持ち込む

 

もう一つのスマートフォンの管理方法として

「密封袋を使用してプールに持ち込む」という選択肢もあります。

 

これは、防水効果を持つ密封袋に

スマートフォンを入れてプールに持って行く方法です。

 

この方法の利点は

専用のスマートフォンケースを購入する必要がないため

費用が抑えられることです。

 

家に既に密封袋があれば、新たに準備する手間も省けます。

 

しかしながら

密封袋は破れやすいことがあり、

また蓋が開きやすいこともあるため

中のスマートフォンが水に濡れるリスクが伴います。

 

もしスマートフォンが水濡れしてしまい

故障するような事態になれば

楽しいはずのプールの時間が台無しになる可能性があります。

 

そのため、可能であれば

専用の防水スマートフォンケースの使用をお勧めします。

 

これにより、水濡れによるリスクをさらに減らすことができます。

 

プールサイドでのスマートフォン保管方法

 

夏のレジャーとして楽しむプールでは

スマートフォンの取り扱い方にも工夫が必要です。

 

その中で、「プールサイドで保管する」という選択肢は

第三の対策として考慮に値します。

 

プールサイドに荷物を置くスペースがある場合

レジャーシートを敷いて

スマートフォンを安全に置くことができます。

 

プール内への持ち込みに比べ

水没のリスクがないため

高価なスマートフォンを安心して保管できるメリットがあります。

 

しかし

この方法には水没以外のリスクも潜んでいます。

 

盗難の可能性がその一つです。

 

プールで泳いでいる間にスマートフォンを見失うと

盗まれる恐れがあります。

 

日本は比較的安全とはいえ

完全に油断することは避けた方が良いでしょう。

 

スマートフォンをプールサイドに置く場合

人目につきにくい、かつ盗難のリスクが低い場所を選び

できれば隠すように置くのが賢明です。

 

さらに

直射日光によるスマートフォンの過熱も注意点の一つです。

 

リチウムイオン電池は高温に弱く

長時間の日光にさらされると

劣化や故障の原因になり得ます。

 

そのため、プールサイドでの保管時には、

スマートフォンをタオルなどで覆って

熱から守ることが推奨されます。

 

ロッカーを活用したスマートフォンの安全保管

 

プールでのスマートフォン保管の第四の選択肢として

「ロッカーを活用する」という方法があります。

スポンサードリンク

 

これは、水濡れや盗難、

高温からスマートフォンを守る最も安全な方法です。

 

プールに行く際に持参する着替えと一緒に

スマートフォンもロッカーに入れて鍵をしっかりとかけておけば

水没や盗難の心配がありません。

 

また、ロッカー内は日光が直接当たらないため

スマートフォンが過熱するリスクも避けられます。

 

ただし、この方法にはデメリットも存在します。

 

スマートフォンが必要な際に

すぐに取り出すことができない点が挙げられます。

 

プールとロッカーの間を何度も往復する必要があるため

頻繁にスマートフォンを使用したい場合には不便かもしれません。

 

※注意点

施設によっては、プールエリアやプールサイドでのスマートフォンの持ち込みが禁止されていることもあります。そのような場合には、指定された保管場所、例えばロッカーを利用して、スマートフォンを安全に保管しましょう。プール施設のルールには必ず従い、楽しく安全なプールタイムを過ごしましょう。

 

プールでのスマートフォン使用に最適な防水ケースとその購入場所について

夏のレジャーシーズンには

プールでスマートフォンを活用する機会も増えます。

 

そんな時には

スマートフォンを水から守る防水ケースの使用が非常に重要です。

 

この記事では

特にプールで使いやすい防水スマホケースの選び方と

どこで購入できるかについて詳しく解説します。

 

防水スマホケースは様々な店舗で購入可能です。

 

以下は、一般的な購入先の例です:

 

  • – プールの売店:プール施設内で手軽に購入できる。
  • – バラエティショップ:ロフト、ドン・キホーテ、東急ハンズなどで幅広い選択肢があります。
  • – 100円ショップ:ダイソーやセリアなど、手頃な価格の製品が見つかる可能性が高いです。
  • – 無印良品:シンプルで実用的なデザインの防水ケースが揃っています。
  • – 家電量販店:ヤマダ電機やジョーシンなど、各種電子機器と共に質の高い防水ケースも販売しています。

 

三重県にあるナガシマスパーランドの海水プールの売店で

急に必要になった際に防水ケースを購入したことがあります。

 

売店での購入はとても便利ですが

価格やデザインの面では、必ずしも最良の選択肢とは限りません。

 

特に予算面で高価なものになりがちなため

バラエティショップや100円ショップで

予算に合った製品を事前に探すことをおすすめします。

 

もし店頭で適切な防水ケースが見つからない場合

オンラインショッピングサイトも大変便利です。

 

Amazon、楽天、Yahoo!ショッピング、Shein、

家電量販店のオンラインショップなどでは

様々な種類の防水ケースを豊富に取り揃えています。

 

こうしたサイトでは

水着とのコーディネートに合うデザインや

好みの色を選ぶ楽しみもあります。

 

適切な防水スマホケースの選び方

 

防水ケースを選ぶ際に特におすすめなのは

「IPX8」等級の製品です。

 

IPコードは、製品の防水・防塵性能を示す国際基準です。

 

このうち防水性能は0から8までの9段階で評価され

IPX8は最高レベルを表し、

水中での使用も可能な強力な防水性を備えています。

 

例えば

ストラップが付いて首にかけられるタイプのIPX8等級の防水ケースは

プールでの使用に非常に便利です。

 

これらのケースは、2枚セットで約1,000円程度という

手頃な価格で提供されていることも多く

コストパフォーマンスに優れています。

 

友達や家族とシェアするのにも最適で

プールでの楽しみを安心して満喫するための必需品と言えるでしょう。

 

プールでの現金の携帯と管理のヒント

 

夏のプール遊びでは、スマートフォンだけでなく

現金の携帯と管理も重要なポイントです。

 

ここでは、スマートフォンとは別に

現金をどのように扱うかについて幾つかの便利な方法をご提案します。

 

  1. 小銭をファスナー付きのポケットに入れる:小銭は直接ポケットに入れることができ、手軽です。
  2. お札は防水小物入れや密封袋に入れる:これらに入れてからポケットに保管することで、水濡れを防ぎます。
  3. 防水スマホケースに入れる:スマートフォンと一緒に、現金も防水ケースに入れておくと便利です。
  4. プールサイドやロッカーに保管:より安全に管理したい場合は、プールサイドやロッカーでの保管がおすすめです。

 

一般的にプールで大量の現金を使うことは少ないため

大きな額を持ち歩く必要はありません。

 

実際、私自身プールでは主に小銭を使うことが多く

特に高価なものを購入することはありませんでした。

 

そのため、多くの場合、少量の小銭を携帯するだけで十分です。

 

女性用水着でのお金の管理

 

女性用の水着にはポケットがついていないため

お金や小物の持ち運びに工夫が必要です。

 

以下のような方法が考えられます:

 

  1. ファスナー付きポケットのあるラッシュガードを着用:ポケット付きのラッシュガードなら、小物を安全に携帯できます。
  2. 男性用水着のポケットを利用:一緒にプールに来ている男性のポケットを借りることも一つの方法です。
  3. 防水スマホケースに入れる:スマートフォンと一緒に現金も防水ケースに入れておくと、濡れる心配がありません。

 

さらに、スマートフォン決済サービス

(例:PayPayやau Pay)の利用も一考です。

 

これらのサービスを使用すれば

現金を持ち歩かずとも支払いが可能です。

 

ただし、プール内の売店などで

スマートフォン決済が利用できない場合があるため

事前に確認することが大切です。

 

プールでのスマートフォン管理の包括的なガイド

 

プールでスマートフォンを持ち歩く際

その取り扱いには注意が必要です。

 

以下に主要な対策方法をまとめました:

 

  1. 防水スマホケースの使用:持ち込むスマートフォンを水から守ります。
  2. 密封袋(ジップロック等)の利用:手軽で経済的な選択肢です。
  3. プールサイドでの安全な保管:水没の心配がなく、手軽にアクセスできます。
  4. ロッカーでの保管:最も安全な保管方法で、水没や盗難から守ります。

 

防水スマホケースは

プールの売店やバラエティショップ、100円ショップ、

無印良品、家電量販店、オンラインショップなどで購入可能です。

 

特に「IPX8」等級の防水ケースは

最高水準の防水性能を備えており、おすすめです。

 

また、プールでの現金の管理方法としては

小銭を直接ポケットに入れる、お札を防水小物入れや密封袋に入れる、

防水ケースに入れる、プールサイドやロッカーに保管する

といった方法が有効です。

 

このガイドを参考に

プールでのスマートフォンと現金の管理に役立ててください。

 

各方法にはそれぞれのメリットとデメリットがあるため、

自分に合った最適な方法を選ぶことが重要です。

タイトルとURLをコピーしました