PR

PTAへの参加を巡る考察:不参加を選ぶことのメリットとデメリット

学校

スポンサードリンク




PR

アフィリエイト広告を利用しています

 

 

 

「PTAの役職を決めるプロセスが面倒だ」とよく耳にしますよね。

 

お子さんが小学校への入学を控えると、

多くの保護者はPTAへの参加が

一種の義務のように感じられるかもしれません。

 

特に、フルタイムで働く親にとっては、この問題はなおさら切実です。

 

貴重な有給休暇をPTA活動に使うことへの疑問、

または躊躇は、きっと多くの人が共感するところでしょう。

 

私自身がPTAに参加しない道を選んだ経験を踏まえて、

その選択がもたらしたメリットとデメリットを

具体的な例を交えながらお伝えしたいと思います。

 

PTAは参加自由の任意団体です

 

意外に思われるかもしれませんが、PTAは参加が完全に任意の団体で、

加入することが強制されるわけではありません。

 

お子さんが学校に入学しても、

そのこと自体が自動的にPTAへの加入を意味するものではないのです。

 

「PTAへの関わり合いを避けたい」と考えて調べてみれば、

実際には参加する必要がないことが明らかになります。

 

PTA参加は意志を示した人のみに限定されます

 

PTAは、基本的にボランティア精神に基づく組織であり、

その設立や参加にあたっては個々人の自由意志が尊重されます。

 

普通に考えれば本来、参加を望む人が「参加申請」を提出し、

それによってメンバーとなる仕組みです。

 

このシステムは、法律によっても支持されており、

過去にはPTA会費の返金を求める裁判が行われましたが

その際にPTAの任意加入や自由な脱退が争点になったことはありませんでした。

 

すなわち、法的にも参加に強制力はないと認められているのです。

 

しかし、過去には(今でも?)多くの学校で、

入学と同時にPTAへの自動加入が暗黙の了解となっていました。

 

実際、我が家の子が通う公立小学校でも、

最近になって初めて「参加申請書」を配布し

その提出を求めるようになりました。

 

「PTAへの加入は義務ではないの?」と疑問を持つ人もいますが、

答えは「いいえ、必須ではありません」です。

 

脱退も自由にできます

 

加入が自由であるならば、脱退もまた自由です。

 

以前は参加が当たり前であり、会費の支払いも行われていましたが、

後から「参加しない」と決めることも可能です。

 

また、当初は参加する意義を感じていたものの、

途中で継続が難しくなった場合でも、脱退する自由があります。

 

学校名簿の使用は禁止されています

 

個人情報の取り扱いについては、

以前よりも厳しい基準が適用されるようになっています。

 

PTAは保護者と教員で構成される団体ではありますが

学校とは別個の組織であるため、

学校が保有する個人情報の無断利用は許可されていません。

 

過去には、名簿を無断で使用し、

役員選出などの目的で活用していたケースがあったようです。

 

PTA参加を選ばなかった私の理由

 

私の家族では、現在高校生である長女のみが学校のPTAに参加しています。

 

一方で、長男と次女が通う公立小学校のPTAへの加入は選択しませんでした。

 

実は、長女が中学に在籍していた時期にも、

私はPTAへの参加を控えていました。

 

試みたものの、それを継続することが困難であると感じたためです。

 

勤務者の生活スケジュールを無視した活動内容

 

長女が小学生の時、私はそのクラスの学年委員を務めました。

 

このポジションは学級委員に似ており、あまり人気がない役割で、

誰かが引き受けなければならないという空気がありました。

 

子どもの学校生活について詳しく知りたいという想いと

最初に難しい役割を引き受けることで、

その後の活動を断りやすくなると考えたのです。

 

しかし、実際には計画にある活動の半分も参加することができませんでした。

 

  • 月に一回、平日の午前中に設定されるミーティング
  • 子供宛の手紙を副校長に確認してもらうために学校を訪れる必要がある
  • 保護者会や子供の学校行事への参加

 

これらの活動はすべて平日に行われるため、

フルタイムで働く私にとっては参加が非常に難しいものでした。

 

このように、勤務者のスケジュールを

全く考慮していない活動が行われていると感じました。

 

勤務していると活動が不可能となる理由

 

子供が通う学校では、役員を選出する前に、

クラスごとに選出会が開催されます。

 

この選出会に参加しなければ、

自動的に役員選定の対象とされる、非常に不合理なシステムが存在します。

 

ある時、私はその日に別の予定があり、

加えて下の子が熱を出していたため、夫に看病を頼んでいました。

 

そのため、選出会に出席することができませんでした。

 

仕方なく役員選定に参加したところ、

予想以上に多くのタスクが課されることがわかりました。

 

実質的には毎週のように学校へ足を運ばなければならない状況でした。

 

「仕事をしているため、頻繁に学校に来るのは無理です。それでもよければ引き受けますが」

と伝えたところ、「それなら参加しない方がいい」と返され、

非常に腹立たしい思いをしました。

 

選出会では「仕事をしている人でも無理なく参加できる」

との言葉がありましたが、実際はそのようなことはありませんでした。

 

「できる範囲で参加してください」という言葉を信じてはいけません^^

 

結局、不条理な選出会への強制参加や、

勤務者のライフスタイルを無視した活動が行われていることに疑問を持ち

PTAから脱退する決意を固めました!

 

「参加しない」という選択

 

PTAへの参加を拒否したのは、

学校との関わりを持ちたくないという理由からではありません。

 

実際には、学校との連携を深め、

教育活動に貢献したいと考えていました。

 

しかし、PTA活動の非効率性と、

私自身が抱える仕事との両立の難しさから

その継続が不可能であると判断しました。

 

組織改革を内部から推進するという方法も考えられましたが、

既に仕事と子育てで手一杯で、そのような取り組みを行う余裕はありませんでした。

 

そこで、次年度の「委員・係希望調査票」に

「PTAへの加入を希望しない」と明記し、会費の支払いを停止する選択をしました。

 

PTA脱退後の変化

 

「参加しない」と決めた後に、

役員から何か言われるのではないかと心配していましたが

幸いにも特に問題はありませんでした。

 

運動会などのイベントでPTA会費から支給される参加賞について、

子供に「PTAをやめたからもらえないかもしれないけれど、必要なら別途購入する」

と伝えていましたが、実際には何の問題もなく受け取ることができました。

 

結果として、PTAを脱退しても、

子供の学校生活や私たち家族にとって特に不便は生じませんでした。

 

PTA不参加のメリットと潜在的なデメリット

 

過去にPTAの役員や委員として活動した経験から、

PTAの良い面とそうではない面の両方を見てきました。

 

この経験をもとに、PTAに参加しないという選択が持つメリットと

その選択によって生じるかもしれないデメリットについて、

具体的に考察していきたいと思います。

 

PTA非参加のメリット

 

PTAに加わらないことの最大のメリットは、

何といっても「時間の節約」に他なりません。

 

この点は、PTA活動に尽力する方々の努力を軽視するものではなく、

あくまで私個人の感想です。

 

特に、女性が中心となる集まりでは、

時に効率性を欠いた議論が繰り返されることがあります。

 

  • 委員会や役員の選出に長時間が割かれる
  • 単純な決定にも2時間以上費やすことがしばしばある
  • 議論が長引き、なかなか結論に至らない

 

これらは私がPTA活動に参加していた際に抱いた不満点です。

 

仕事の場では、こうした無駄な時間を省き、

スポンサードリンク

より効率的に物事を進めることが求められるため

このような非効率な運営は特にストレスを感じる原因となりました。

 

専業主婦の方でも、日々の家事や育児に追われる中で、

限られた時間を有効に使う必要があります。

 

しかし、私が経験したPTAの活動では、

そのような時間管理の感覚があまり考慮されていないように感じました。

 

例えば、会合が大抵平日の午前中に設定され、

そのために半日を費やすことが月に1度はありました。

 

仕事をしている人にとっては「半休を取れば問題ない」と言われても、

実際にはそのような簡単な問題ではありません。

 

多くの場合、集まる必要のない話題であっても、

メールやラインでのやり取りが可能であるにも関わらず

「個人情報保護」を理由にオンラインツールの利用が避けられていました。

 

仕事や家庭の事情でなかなか時間を確保できない人にとっては、

PTAに参加しないことで、その貴重な時間を

有効に活用できるという点が大きなメリットとなるでしょう。

 

PTA非参加のデメリット

 

個人的には、PTAに加入しないことによるデメリットは特に感じていません。

 

これまでにPTA非参加によって具体的な不便を経験したことはありません。

 

ただし、PTAの参加を考えている方々からは、

以下のような懸念を聞くことがあります。

 

  • 子どもが不利益を被る可能性があるのではないか
  •  PTA参加者の間で悪口を言われるのではないか

 

これらはPTA非参加に伴って懸念される点であり、

参加を検討している方々が抱える不安の一部です。

 

しかし、これらの懸念が実際に生じるかどうかは、

学校やPTAの具体的な運営方針、さらには地域社会の文化にも依存するため

一概には言えません。

 

それでも、PTA非参加の選択をする際には、

これらの潜在的な影響を考慮に入れ

自身の状況と照らし合わせて慎重に判断することが求められます。

 

子どもが不利益を被る可能性があるのではないか

 

まず、子どもがPTA非参加の影響を受けるかどうかに関してですが、

私の経験上、私の子どもたちはPTA非参加であることによって

不利益を受けたことは一度もありません。

 

例えば、卒業式で配布される記念品のように、

PTAの資金で賄われるアイテムに関しては、事前に

「実費を支払うので、同じ記念品を手配していただけないでしょうか?」

とお願いしたことがあります。

 

結果として、他の生徒と同様の記念品を実費で受け取ることができました。

 

このような対応が可能だったのは、

PTAに参加しないという決定をした際に

学校行事やその他必要な費用が発生した場合は、

実費を支払う旨を学校側に事前に伝えていたからかもしれません。

 

実際には、PTAから子どもたち全員に

配布される記念品などの費用については

保護者がPTA会員かどうかに拘わらず、全額PTA会費から賄うのが前提となります。

 

しかしながら他の保護者が支払った会費で

自分の子どもの分を賄いたくないという思いから、

このような方針をとりました。

 

PTA会費は支払いませんが、必要な費用に関しては

責任を持って対応することを明確にしておりました。

 

ただし、中学校に進学した娘が、担任の先生から

「他の生徒が会費を支払っている中で、あなたが支払わないのはどうか」

と指摘されたことが一度あり、これには学校に正式に抗議しました。

 

PTAへの参加はあくまで親の判断であり、

子どもにはその責任が及ばないべきです。

 

PTA参加者の間で悪口を言われるのではないか

 

もう一つの懸念点として、PTAに参加しないことで、

裏で何か言われる可能性についてです。

 

これについては、私自身が直接聞いたことはありませんし、

明確な答えを出すことは難しいです。

 

もちろん、そうした可能性を完全に否定することはできませんが、

私はそういった裏話をするタイプの人々とは元々深い関係を築かないため、

たとえ言われていたとしても気にすることはありませんでした。

 

他人の批判や評価を過度に気にする性格の場合、

PTAへの加入を選択することも一つの手段です。

 

ただし、彼らはあなたの「友人」ではないため、

その点については過度に心配する必要はないでしょう。

 

学校との関わりが少なくなることによって、学校の最新情報を知りたい、

教師と密接な連絡を取りたいというニーズがある場合は

学校行事への積極的な参加や、自ら学校との良好な関係を築くための

努力が求められるかもしれません。

 

PTA参加のメリットと自己決定の大切さ

 

私は、PTAへの参加が一概に無意味だとは思いません。

 

実際には、PTAの活動がいかに運営されるかによって、

非常に意義深くもなり得るのです。

 

子供や学校との積極的な関わり合いは、

PTA参加を通じて得られる一つの大きなメリットです。

 

例えば、私の長女が通う高校のPTAでは、

初めての会合でその年の活動計画がはっきりと提示されました。

 

  • – 学校からの会合への参加希望日や
  • – 各種の学校行事への参加依頼

 

これらの情報が事前に明らかにされていたおかげで、

参加しやすい状況が整えられていました。

 

会合へ出席できない場合でも、柔軟に対応可能で、

学校行事においては、参加者一人一人に1〜2つの役割が割り当てられ

それぞれが計画を立てやすくなっていました。

 

代わりに参加可能な人がいる場合は、役割の交換も相談でき、

無理なく自分の役割を果たせる配慮がされていました。

 

働いている人でも参加しやすい体制が整っているのが魅力的です。

 

会合では効率よく進行され、不必要な議論に時間を割かず、

ストレスなく参加できる点も大きな魅力の一つです。

 

さらに、会合では学年ごとの教師から詳細な報告があり、

子供からは得られない学校の詳細な情報を知ることができるため

非常に有益です。

 

受験に関する情報の共有や他の保護者との交流も深まり、

役員活動を通じて得た経験は貴重だと感じています。

 

学校行事への参加は、豚汁作りやお汁粉作りなど、

親として楽しく参加できる良い思い出になりました。

 

遠方から通学している子供もいましたが、

親として多くを学び、感じることができた経験でした。

 

PTAへの参加も非参加も、それぞれの選択肢

 

PTAへの参加を考えているなら、不安を感じることなく、

また、他の人たちが参加している中で

自分だけが加盟しないことに罪悪感を持つ必要もありません。

 

参加を決めた場合は、自分自身でその選択をしたわけですから、

その中で役割を全うすることが期待されます。

 

時間的な制約や、PTAへの加盟の必要性を感じない場合は、

無理して参加する必要はありません。

 

ここで紹介したのは、私自身の個人的な体験に基づいたものですが、

地域やPTAによっては状況が異なります。

 

柔軟な参加条件を設けているPTAもあり、

参加すれば楽しめる活動も存在するかもしれません。

 

不安を抱えるよりも、実際に参加してみてから判断することが、

最も良い選択かもしれません。

 

参加してみて無理だと感じたら、

その時点で脱退を考えることもできます。

 

結局のところ、PTAへの参加か非参加かは個人の自由な選択であり、

それに正解も間違いも存在しません。

 

自分や家族にとって最適な選択をじっくりと考えて決めることが大切です。

タイトルとURLをコピーしました