PR

高等学校卒業式でのPTA会長及び保護者代表による祝辞・挨拶の例文集

学校

スポンサードリンク




PR

アフィリエイト広告を利用しています

 

 

 

本文書では、

高等学校の卒業式におけるPTA会長と

保護者代表が行う挨拶の構成と

具体的な文例をご紹介いたします。

 

挨拶のポイント

 

大学進学を志す生徒たちへの配慮

 

高校の最後の年は、

生徒たちが自己の進路をより具体的に決定する重要な時期です。

 

大学進学を目指す生徒たちには、

合格を勝ち取った者もいれば、

惜しくも挫折を経験した者もいます。

 

挨拶では、これらの生徒一人一人に対して、

適切な労いの言葉を掛け、配慮深く接することが必要です。

 

就職を選ぶ生徒たちへの言及

 

就職を選ぶ生徒が多い学校では、

地元の風土や学校の特色を生かした挨拶が求められます。

多くの生徒が故郷を離れて就職することを念頭に置いた、

温かみのある挨拶が効果的です。

 

成人間近の生徒たちに対する配慮

 

高校を卒業する生徒たちは、成人を迎えます。

 

過度に厳しい言葉は反感を招く恐れがあるため、

彼らに対しては未来への期待と希望を主軸に、

適度な要望を織り交ぜつつ、

彼らの新たなステージへの意気込みを高めるような挨拶が望ましいです。

 

社会人としての自覚を促すメッセージ

 

社会人としての責任感を促すメッセージも、

挨拶の中で効果的に取り入れることが推奨されます。

 

これにより、卒業生たちが

社会で自立して行動するための自覚を促すことができます。

 

挨拶の例文

 

序文の挨拶

 

春の柔らかな日差しの中、

本日は○○高等学校の卒業式にご参列いただき、

誠にありがとうございます。

 

この場を借りて、校長先生をはじめ、

全ての教職員の方々が日々、

生徒たちのために尽力されたことに対して、

心から感謝の意を表します。

 

生徒たちが今日この日を迎えられたのは、

教職員の方々の献身的な支援と指導の賜物であり、

その努力に対し、深く敬意を表するものです。

 

保護者と共有する想い

 

① ○○高校の卒業生への期待と感謝の言葉

 

○○高校から今春、

312名の卒業生が新たな社会人としての道を歩み始めます。

 

入学式で校長先生が話された

「高校生活は、これからの人生の土台を築く大切な時期」という言葉に、

生徒たちは真摯に応え、学業だけでなく、

人間関係や地域への貢献にも力を注いできました。

 

彼らの努力と成長は、

校長先生や教職員の皆様の熱心な指導と支援の結果です。

 

すべての卒業生が

それぞれの就職先を見つけたという素晴らしい報告を受け、

私たちも大変嬉しく思います。

 

教職員の皆様が尽力されたおかげで、

卒業生たちは希望に満ちた未来をスタートすることができます。

 

この場を借りて、改めて深く感謝申し上げます。

 

② 地元、○○市の魅力と卒業生への期待

 

○○市は、春には桜の名所として知られ、

夏には〇〇祭りが開催され、多くの観光客で賑わいます。

 

海が近く、新鮮な海の幸を楽しむことができるのも

この町の魅力の一つです。

 

地域のつながりが強く、

住民は互いに支え合う温かなコミュニティです。

 

このような環境で育った○○高校の生徒たちは、

社会で遭遇するであろう多くの挑戦にも

立ち向かう強さを身につけています。

 

○○市の象徴である〇〇の桜の木のように、

どんな困難にも耐え、力強く成長していってほしいと願っています。

 

③ 卒業生へ送る未来へのエール

 

これから皆さんは、就職、進学など

様々な道に進んでいくことになりますが、

高校での学びがその大切な基盤となります。

 

在学中に習得した知識やスキルを、

これからの人生で如何に活かしていくかが重要です。

 

各々が持つ無限の可能性は、

スポンサードリンク

皆さん自身の努力と誠実な取り組みによってさらに花開くことでしょう。

 

社会に出た後も学び続けることの重要性を忘れずに、

それぞれの場で自らを磨き続け、輝かしい未来を築いてください。

 

PTA会長向け例文1 名言を活用して

 

① 渡部謙さんの名言に学ぶ

 

ハリウッド映画で名を馳せる日本の俳優、渡部謙さんが

「何のために努力を続けるかというと、やはり自分のためです。

いつからかコツコツ努力することがカッコ悪いという風潮がありますが、

いいじゃないですか。カッコ悪くたって」と言ったことがあります。

 

この言葉は、努力が時に見過ごされがちな現代社会においても、

根底にある価値を再確認させてくれます。

 

勉強や仕事、日常の小さな努力が積み重なって

大きな成果につながるということを、

私たちは生徒たちに伝え続けるべきです。

 

② 〇〇高校の多様な取り組み

 

〇〇高校は、学問の追求だけでなく、

スポーツや芸術といったクラブ活動にも力を入れています。

 

生徒たちは、大学進学、専門学校への進学、

あるいは家業を継ぐための修業へと、

それぞれの道を選んでいます。

 

渡部謙さんの言葉にもあるように、選んだ道が何であれ、

日々のコツコツとした努力が成功への鍵となります。

 

生徒たちが直面するであろう挑戦を乗り越えるには、

小さな成功を積み重ねることが不可欠です。

 

我々教育関係者は、これらの教訓を活かし、

全ての生徒がそれぞれの分野で輝けるよう支援する責任があります。

 

PTA会長向け例文2 名言の教訓

 

① ○○高校の卒業生に対して

 

○○高校の卒業生の皆さん、本日はご卒業おめでとうございます。

保護者の皆様にも、この特別な日にお祝いを申し上げます。

 

② ウィリアム・オスラーの名言を引用して

 

イギリスの著名な医学者であるウィリアム・オスラーは、

「25歳まで学び、40歳まで研究し、60歳までに完成させよ」と述べました。

 

この言葉は、学びは一生続くものであり、

年齢を重ねるごとに深い洞察を積み上げることができるという

教訓を私たちに与えます。

 

まだ18歳の皆さんが、これからどれだけ多くを学び、

成長する可能性を持っているかを示しています。

 

高校生活は皆さんの学びの旅の一歩目に過ぎません。

 

これからの学びと経験を通じて、

どんな困難も乗り越える力を育ててください。

 

③ 学び続けることの重要性

 

社会に出た後、

高校の3年間がいかに貴重だったかを皆さんは実感するでしょう。

 

オスラーの言葉にもあるように、生涯学習の精神を忘れず、

常に新しい知識を求め、努力を積み重ねてください。

 

心からの卒業おめでとうを申し上げます。

 

結びの挨拶

 

① 故郷への感謝と卒業生への期待

 

皆さんがこの高校で身につけた価値観や精神を、

今後の人生で大切にしてください。

 

進学する方も、社会に出る方も、

〇〇市とこの高校を心の支えとして歩んでください。

 

困難に直面した際には、高校時代の暖かな思い出や、

〇〇市のコミュニティを思い出し、一歩一歩前進してください。

 

「故郷に錦を飾る」という古い言葉がありますが、

〇〇市や〇〇高校の名誉を高め、

常に故郷を誇りに思うことを忘れないでください。

 

この場を借りて、校長先生や教職員の皆様に心からの感謝を表し、

私の挨拶を終えさせていただきます。

 

② 新社会人としての挑戦への励まし

 

卒業と同時に、

皆さんは新たな社会人としての道を歩み始めますが、

社会人として完全に成熟するにはまだ時間が必要です。

 

〇〇高校で学んだ教訓を生かし、

更なる成長を遂げてほしいと思います。

 

今後も皆さんの学びと成長を支援するため、

引き続きのご指導をお願い申し上げます。

 

皆さんがこれまで学んできたことと、

これから直面するであろう新たな挑戦に対して、

常に積極的で前向きな姿勢を持って取り組んでいただきたいです。

 

皆さんの未来が

明るく輝かしいものであることを心から願っています。

 

改めて、卒業おめでとうございます。

タイトルとURLをコピーしました