PR

【おしゃれな空間の作り方】子供がいてもスタイリッシュに見せるインテリアのコツ

未分類

スポンサードリンク




PR

アフィリエイト広告を利用しています

 

 

 

 

子供がいる家庭では、

公園や幼稚園などで他の親たちと出会い、

交流を深める機会がよくあります。

 

そうして友人となり、お互いの家を訪問することもあるでしょう。

 

訪れた家が思いのほかおしゃれで、

その光景に驚いた経験は皆さんにもあるのではないでしょうか?

 

その時、ふと疑問に思うことがあります。

 

「どうしてこんなに素敵な空間を作り出せるのだろう?」と。

 

ただのセンスの違いだけでしょうか?

 

我が家では、日常の忙しさにかまけて、

ものが散乱し放題、子供がいることを理由に

片付けが追いつかない状態が続いています。

 

ですが、

見た目がスタイリッシュな家庭にも、

しっかりと生活感はあります。

 

それでもなぜか全体的にまとまりがあり、

洗練された印象を保っています。

 

この違いは一体何なのでしょうか?

 

その秘訣は、

インテリアにおける

「色・素材・大きさ」の統一感にあります。

 

生活感があふれる家でも、

これらの要素をうまく調和させることで、

見た目を大きく変えることができるのです。

 

生活感ある部屋の「雑然とした感じ・スタイリッシュさ」の差は、インテリアの統一感が決め手!

 

子供がいても、散らかりがちな空間を

おしゃれに見せたいと思うのは自然なことです。

 

物が溢れがちで、掃除が間に合わないこともしばしばですが、

そんな中でも「色・素材・大きさ」に一貫性を持たせることで、

部屋全体の印象は格段に向上します。

 

インテリアの統一感は「色」

 

まず、

インテリアの「色」の統一から始めてみましょう。

 

部屋全体の色調は、

床や壁、天井によって大きく左右されます。

 

これらを可能な限り統一してみることがポイントです。

 

色は必ずしも一色に統一する必要はありませんが、

調和する2〜3色で構成することで、

より洗練された空間を作り出せます。

 

たとえば、

モノトーンの白、黒、灰色を基調とするか、

あるいは木目の温かみを感じさせるナチュラルスタイルがおすすめです。

 

インテリアの統一感は「素材」

 

次に、

「素材」の統一について考えてみましょう。

 

たとえば、

部屋に木目調のフローリングがあるならば、

同じく木目調の家具を選ぶことで、

部屋全体に統一感を持たせ、

よりおしゃれな印象になります。

 

インテリアの統一感は「大きさ」

 

最後に、「大きさ」の調整です。

 

家具の高さを統一することで、

部屋がすっきりと見え、統一感が増します。

 

全体的に低めの家具を配置することで、

視覚的に部屋を広く感じさせる効果もあります。

 

以上のように、

「色・素材・大きさの統一感」を意識することで、

子供がいる家庭でもスタイリッシュで

洗練された空間を作り出すことが可能です。

スポンサードリンク

 

日常の中での小さな工夫が、大きな変化をもたらします。

 

【居心地の良さとおしゃれを両立】日常に溶け込むスタイリッシュなインテリアの工夫

 

子供がいると家の中はどうしても物が散らばりがちですが、

それでも家をスタイリッシュに保つことは可能です。

 

生活感がある中でも、

おしゃれな空間を演出するインテリアのアイディアをいくつかご紹介します。

 

インテリアカラーのアイディア

 

最初に取り組むべきは、インテリアカラーの統一です。

 

多くの家庭では子供の安全のために

ジョイントマットを床に敷いていますが、

これを利用して部屋全体のカラースキームを

調整するのはいかがでしょうか。

 

例えば、

部屋の色と調和するようなジョイントマットを選ぶことで、

視覚的な統一感を出すことができます。

 

カーテンやソファー、テーブルといった

主要なインテリアも大きな役割を果たします。

 

新しい家具を購入する必要はありませんが、

既存の家具にカバーをかけることで色を変え、

部屋のテーマに合わせることができます。

 

これだけで、空間がぐっと引き締まります。

 

インテリア素材のアイディア

 

また、素材の統一も大切です。

 

たとえば、

レンガ調の壁が特徴的な部屋では、

同じくレンガ調や粗い素材のインテリアを選ぶことで、

全体の調和を促進します。

 

タイル調のアクセントがある場合は、

タイル風の装飾品を取り入れると良いでしょう。

 

インテリアサイズのアイディア

 

インテリアの「大きさ」を統一することも

見た目に大きな違いをもたらします。

 

異なるデザインのポスターやアートワークを飾る際には、

フレームのサイズを揃えることがポイントです。

 

これにより、

部屋全体が整然として見え、

洗練された印象になります。

 

収納についても、同様のアプローチが有効です。

 

引き出しボックスを使用する場合、

ランダムなサイズを選ぶのではなく、

統一されたデザインとサイズのボックスを選んで配置することで、

部屋がすっきりと整います。

 

インテリアの整理が難しい場合は、

IKEA、ニトリ、無印良品などの店舗で

アイテムを一括購入する方法もあります。

 

これらの店舗では

一貫したデザインテーマの製品が豊富に取り揃えられており、

手軽におしゃれな空間を作ることが可能です。

 

まとめ

 

おしゃれな空間作りの鍵は、

「色・素材・大きさ」

を統一することにあります。

 

子供がいる家庭でも、これらのポイントを押さえることで

誰でも簡単にスタイリッシュな部屋を実現することができます。

 

床や壁など、

部屋の大部分を占める要素の色や素材をそろえることで、

全体に統一感を出し、部屋全体がぐっと洗練された印象になります。

 

家具やインテリアの大きさを揃えることも、

部屋をスタイリッシュに見せるための効果的な手段です。

 

気軽に友人を招けるおしゃれな空間を目指しましょう!

タイトルとURLをコピーしました