PR

転勤の子育て不安は頼れる人がいないって本当!?新天地でのマル秘対処法

子育て

スポンサードリンク




PR

アフィリエイト広告を利用しています

日本各地を転々とする転勤族。

 

単身でも新天地はドキドキするものです。

 

それなのに子育て真っただ中の家庭が

見知らぬ土地に転勤するとなると

不安しかありませんよねー。

 

特にお子さんが小さいうちは

実家の近くを離れることになったら大変。

 

 

全く知らない土地に行くこと

つまりそれは頼れる人がいないということなのです。

 

 

実はこれが母親にとって

いちばん不安な材料なんですよねー。

 

 

私自身2人の子どもを育てながら

転勤を3回経験しました!

 

その度に子ども達も私も

強くなったような気がします^^

 

今回は転勤で不安なことや、その対処法

そして不安を払しょくして楽しむ方法など

私の経験を踏まえたアドバイスをお伝えしたいと思います。

まずは家探し!出向いて内見しましょう!

転勤が決まったらまずは家探し。

 

今の時代、社宅というのは

あまり聞かなくなりましたよねー。

 

そこで自分で家を探すのですが

住んだことのない場所の家を探すのは

想像以上に大変なのです。

 

 

どうやって探すか?

 

最近ではインターネットで探すのが主流ですよね。

 

いろんなサイトがあって迷ってしまいそうですが

大手数社を同時に掲載してくれている

総合サイトを見てみましょう!

 

 

そして自分たちの譲れない条件だけ入れて

まず検索!

 

何件かに絞ったら、早速問い合わせしてみます。

 

 

良い条件の物件はみんな狙っています。

 

 

転勤の時期って重なることが多いですからね。

気になる物件は先手必勝!

 

 

一括問い合わせをすれば

すぐに不動産から電話がかかってきますよ。

 

 

そして出来れば実際に出向いて内見しましょう。

実際に、この目で見ることが一番だからです

 

 

写真のイメージは意外と当てにならないものです。

 

周りの環境を確認するのも、とても大事ですね。

 

その住まい周辺から

幼稚園や小学校を選択することになるだろうし

評判の良い小児科なども要チェックですね!

お別れは大切なことを沢山教えてくれる

慌ただしい引っ越し準備がすんだら

いよいよ暮らしてきた街とお別れです。

 

 

親しくしてくれたお友達との別れは

本当につらいものです。

 

 

私もお友達がお別れにやってきてくれる度に大号泣。

 

子ども達もとっても寂しそうでした。

 

でも幼稚園や学校でお別れ会を開いてくれたり、

「忘れないで」って書いたお手紙や寄せ書きをもらったり

沢山の思い出や宝物ができたのも事実。

 

そうです。

 

悪い事ばかりじゃない。

 

お別れは私たちに大切なことを沢山教えてくれました。

 

我慢しないで沢山泣きましょう!

 

そうすれば、親も子も希望をもって

新しい土地に出発できるんです。

 

そして、子ども達には『また会えるからね』と

伝えてあげましょうね。

安心材料を集める

まったく知らない土地で

小さい子どもを抱えてやっていくのは

とっても不安ですよねー。

 

 

私はいつも一番に小児科を探します。

 

 

子どもが小さい時は、一時預かりをしてくれる

公共の施設を探したりもしました。

 

知り合いがいない土地で一番困るのは

子どもが病気になった時。

 

そして兄弟がいる場合は、

スポンサードリンク

もしもの時に預かってくれる場所。

 

自分や兄弟が入院などになった緊急時を考えると

とっても安心感があります。

 

 

実際に私も転勤して間もなく

下の子がけいれんを起こし緊急入院。

 

私は数日付き添うことになり

主人も仕事を休めない。

 

そんな時、市の公共施設に

上の子を預かってもらい

とても助かった覚えがあります。

 

 

子どものことを一番に考えて、

徐々に新しい土地に慣れていきましょう。

 

 

安心材料をまず集めておけば、

新しい土地の散策がとっても楽しくなりますよ。

大切なのは人との繋がり

子ども達が幼稚園や小学校に通ううちは

お母さん同士の繋がり

とっても大切になってきます。

 

 

地元で子育てできれば

頑張ってママ友を新たにつくらなくても

ある程度コミュニティーは出来ていますよねー。

 

自分の親が近くに居ればなお安心。

 

 

しかし、知り合いが全くいない土地で

一番頼りになるのは

実はママ友だったりするのです。

 

 

実際に私も

子ども達が小学校高学年になるまで

どれだけ助けてもらったことか…。

 

 

一番頼りたい主人も、転勤したばかりの頃は

仕事に慣れるのに必死です。

 

頼りたくても頼れない。

 

 

そんな時、同じ環境を過ごすママ友たちは

とってもありがたい存在なのです。

 

 

でも、「人との付き合いが苦手だから…。」

という人も多いでしょう。

 

頑張ってママ友をつくろうとして

余計にストレスになってしまっては

もともこもありません。

 

 

今の時代、インターネットという強い味方がいます。

 

嫌々頑張って、ママ友をつくるのに苦労するより

こちらの手段を利用して

ストレスなく楽しく

人との繋がりを持つこともいいですよねー!

 

 

転勤先で困ることは、心の問題が多いものです。

特に子育ての悩みは

自分だけで抱え込んではいけません。

 

  • SNSで親友と連絡を取り合う
  • 同じ悩みを持つ人たちが参加するサイトで愚痴を吐き出す
  • みんながどうやって解決したか情報を集める。

 

私も友人に相談しにくいネガティブな悩みは

信頼できるサイトで

何度も聞いてもらい励ましてもらいました。

 

 

でも、インターネットを使う時

ルールはしっかり自分で決めましょう!

 

ネット上でも人との繋がりは大切。

 

 

人を傷つけない、感謝をする、思いやる、

これさえ守っていれば

インターネットは本当に強い味方なんですよ。

まとめ

転勤の不安を楽しみに変える方法は

 

・先手必勝で物件をおさえる

・しっかりお別れをして前向きに出発

・新しい土地でまず安心材料を集める

・人とのつながりを味方につける

この4つでした。

 

 

確かに転勤には不安がつきものです。

 

しかし会社は容赦なく辞令を出してきます。

 

その時はまず具体的に行動することが大切です。

 

じっと考え込んでいても不安は膨らむばかり。

 

そして、今まで住んでいた場所で

出逢った人たちとのお別れを胸に刻んで

新しい土地を楽しみましょう!

 

あらゆる手段を使ってストレスをためないように…。

 

きっとたくさんの経験が

家族力を高めてくれますよ!

タイトルとURLをコピーしました