PR

手が離せない赤ちゃんの子育てで疲れた時に超役立つリフレッシュ法!

子育て

スポンサードリンク




PR

アフィリエイト広告を利用しています

 

 

 

 

 

子育て中は、自分の時間がなかなか取れず

ストレスを溜めやすいものですよね。

かわいい我が子とはいえ、ママだって1人の人間…。

 

「気分をリフレッシュしたい!」

そんな日もあるはずです。

 

ちょっと後ろめたい…

と思っているそこのママ!

そんなことはないですよ。

 

むしろ子育てを乗り切るポイントは

ママがいかにストレスを溜めないか!

これが大事なんです。

 

そこで今回は

手が離せない乳幼児の子育てママの疲れを

リフレッシュするときのおすすめ発散法を紹介しまーす。

 

子育て中のストレスを溜め込むと鬱になる事も

 

子育て中は何かとストレスを感じることが多いもの。

待ちに待った我が子との生活の中で

何がストレスの原因となっているのでしょうか?

 

まず

やはり1番は自分の時間が持てないことにあります。

というのも

特に子どもが小さい時には

授乳やオムツ替えで1日が終わってしまいがちですよね。

 

子どもが寝ている間も家事をやったり

また途中で起きればあやしたりと

なかなか自由な時間がないのが現実なのです。

 

さらにいうと、子どもの機嫌次第で

今やっている作業がストップしてしまい

なかなか進まないというのも、大きなストレスとなる原因ですよねー。

 

次に

これは特にまだ生まれて間もない赤ちゃんの場合ですが

なかなか外出などができず、仕事もできないので

なんとなく社会から取り残されているような感覚になる事があります。

 

特にバリバリ働いていた人にとっては、社会復帰が難しいのではないか?

などの不安も大きくなってしまう場合も…。

 

他には

実家が遠方の場合なんかは、なかなか頼れる人がいなくて

不安と疲れでストレスを溜め込んでしまうケースが非常に多いですね。

 

ストレスを溜め込みすぎて、子どもに八つ当たりしたり

イライラ感や自己嫌悪感を何度も繰り返していると

不安な気持ちが増して鬱になるケースもあるので

ストレスには十分な注意が必要です。

 

子育てにはストレス発散が大きな鍵!気分をリフレッシュする方法

 

育児中のママが、なかなか自分の時間を持てずに

さまざまな不安などを抱えています。

次に

自分のストレスと向き合い対応する

気分をリフレッシュする方法についてご紹介しまーす。

 

自分の時間を作ってリフレッシュ

 

まずはやっぱり

少しの間でも自分の時間を作ることですね。

1時間でもカフェでゆっくり過ごせれば、かなりのリフレッシュになります。

 

あるいは

パパや実家に思い切って赤ちゃんを任せて

友達と外食をするなども良いでしょう。

またはベビーシッターを利用するのも一つの手です。

 

少しでも定期的に自分の時間が持てれば、明日から頑張ろうっ!

と気持ちも切り替えられます。

そのためにも

パパや実家に任せる・周囲の協力を得ることが大切です。

任せる環境を作りながら、子育ては乗り切っていきたいですね。

 

社会から取り残されているような孤独感や

生産性の低い日々を送っているなと感じている場合は

スポンサードリンク

よく考えてください。

ママ業ってどんな仕事よりも大変なものなんです。

 

というのも24時間365日休みはなく、ママの代わりはいません。

そんな重要な役割を担っているということは

忘れないでいてほしいです。

自分にしかできないことをやっているということは

忘れないでくださいね。

 

自分の思いを書きとめリフレッシュ

 

他に、すぐにできる発散法としておススメなのは

思ったことなどをノートに書く方法があります。

これをすると、自分と向き合って改めて問いかけることができます。

 

私自身

子どもへの素直な気持ちを整理できたり

さらには自分自身のストレスに気付いたりと

何かと便利でしたよ^^

 

また、散歩などで気分を紛らわせたり

時には思いっきり泣くのもストレス良い発散法ですね。

 

このように育児中でもできそうな発散法が

たくさんあるので是非取り入れてみてください。

 

そもそも子育てが大変な時期は?

 

子育てをしていると、その時その時でいろんな悩みや問題が起きますよね。

例えば赤ちゃんの頃は、授乳問題や夜泣きなども激しい子もいます。

また少し成長すると、保育園が始まったりと本当に大変です。

 

ただ、子育て中で手間がかかり大変なのは

ほとんど子どもが小さい間だけ。

だいたい0歳から3歳くらいの間は特にそうですね!

 

ある程度大きくなるとそのうち、親の出番というのは

かなり減っていきます。

そうすれば、徐々に自然と自分の時間も取れるようになってきます。

 

子どもは友達と遊びはじめるし

大変な時期というのは、そう考えるとあっという間なんですよー。

 

ですから

毎日育児に追われて大変な思いをしているママや

育児疲れでストレスがたまっているママは常に

「この大変な時期はいつかは終わるものなのだ」

というふうに気楽に考えておいて欲しいですね^^

 

そしてあまり抱え込みすぎずに

上手にストレスと付き合っていってほしいものです。

先にも書きましたが、中には誰にも育児の相談ができずに

鬱になってしまうママもいます。

 

そうならないためにも

何気ないことでも誰かに話したり

わからないことや困っていることはパパや親戚

また地域の子育て支援などと連携していきたいですね。

 

まとめ

 

今回は、手が離せない乳幼児の子育て疲れを

リフレッシュするときのおすすめの発散法を

紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

 

毎日育児に奮闘しているママも

ほっと一息つく時間は必ず必要です。

そのためには1番身近なパパに

まずは相談してみてください。

きっとママのリフレッシュに協力してくれるはずですよー!

 

なかには、パパが積極的に育児をやってくれない…

と悩む人もいますが

パパ自身もどう接したら良いのかわからずに

悩んでいる場合もありますから

ママが初めはおむつ替えの手順から

全て口で説明するようにしてみてください。

 

そうすればパパも育児に参加しやすいはずですよ。

どちらかが抱えすぎるのではなく

夫婦2人で大変な時期は乗り切っていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました