PR

子育て中の共働き4つのメリット!2人の幼児を持つ元専業主婦の視点!

子育て

スポンサードリンク




PR

アフィリエイト広告を利用しています

子育て中って専業主婦か共働きかで対立!

みたいな構図が出来上がってますが…。

 

実際は働きたくなくても

働かなきゃいけないお母さんや

働きたいのに待機児童問題や実家が遠かったりで

なかなか働けないお母さんも多いのでは?

 

私も独身の頃は

「結婚しても子ども産んでもバリバリ働く!」

なんて思ってましたが妊娠中に色々問題があり

お腹の赤ちゃんのために、あっけなく退職。

 

で、1歳ぐらいになったら働こうかな?

なんて思ってましたが

結局2人目の妊娠&出産があったりで

長い間専業主婦を続けてきました。

 

働いている友人からは

「専業主婦なんていいね!」

なんて言われることもありましたが

専業主婦って子どもと24時間一緒で

ずっと子どもとの生活。

 

しかも専業主婦だからと家事と育児を一手に担い

週末も関係なく淡々と家事をする毎日。

 

もちろん幸せなことも沢山ありますが

とにかく自分というものがない生活でした。

 

で、下の子が入園したと同時に

パートを勤めを始めて共働きに。

結果、体はきついけど共働きっていい!

って感じています^^

 

元専業主婦の私が思う

共働きのメリット4つご紹介していきますね!

 子どもに優しくなれた

共働きのメリットとして

一番に思うことは

「子どもに優しくなれた事」です。

 

実は働き始める前に一番心配していたのが

時間に余裕がなくなって子どもにイライラしたり

優しくなれないんじゃないか?ということ。

 

でも私の場合、全く逆!

もちろん朝や夕方はバタバタですが

一日昼間離れて生活することで

子どもたちがさらに愛おしく感じます。

 

それは、自分が仕事中には

子どものことを考える余裕もないので

子育ての変なストレスや悩みから解放されたこと。

 

それに加えて仕事をすることで

一人でゆっくり食事したり

「独身時代」のようなことが味わえること。

 

この2点によって

私は以前よりも子どもに対して

優しくなれたと思っています。

 

ずーっと子どもとだけ過ごす生活から

子どもから一旦離れ大人と会話したりするだけでも

とってもリフレッシュになるんですよねー。

 

今まではジーパンにTシャツの生活でしたが

仕事を始めてから身だしなみをキレイにして

出かけることで背筋が伸びる思いです。

 

そういう姿をみて子どもたちが

「ママきれい」って

言ってくれるのも嬉しいところ。

 

自分も頑張ることで、子どもたちも

「ママお仕事頑張ってるから手伝うね」と

言って食べたお皿を自分で下げてくれたりすると

じーんとします。

稼いだお金は心の余裕

次に実感するのは

ちょっとでも、稼いでいるので

「心に余裕が持てるようになったですね。

 

私の場合、パートなので月に数万円のお給料ですが

それだけでも毎月プラスになると嬉しいもの。

しかも「自分で稼いでる」というのが

自信に繋がるんですよねー^^

 

今までは主人がいくら

「2人のお金だから自由に使っていいんだよ」

と言ってくれても

美容室に行ったり化粧品を買ったりするのにも

毎回「わたしは働いてないのに」

なんて思いながら買い物していました。

 

その罪悪感が辛くて。

 

月に数万円でも自分で稼ぐことで

家族に貢献しているような気分になれるんですよねー!

 

しかも専業主婦時代って

考える時間がたくさんあるから

スポンサードリンク

先々の教育費や、これからかかるお金の計算とかして

色々と不安になっていたんです。

 

でも自分で貯金額を増やせるようになって

心にも余裕が!

 

働くようになって

仕事に着ていく服を買ったり

前より美容室に行く頻度が上がったり

平日ご飯を作れない時はお惣菜に頼ったり

と出ていくお金も、もちろん増えます。

 

でも、私の性格には専業主婦で

節約しながら生活するより

今のように使いながらも稼ぐ方が

性に合っているなと感じてます。

 

確実に

精神的にも以前より心の余裕があります。

家族が協力的になった

3つ目に共稼ぎのメリットとして挙げられるのは

「家族が協力的になった事」ですね。

 

専業主婦時代は主人も私も

「専業主婦が家のことをする」

ものだと思っていました。

 

なので週末も主人は遅くまで寝ていたり

昼間もソファに座ってのんびりしていたり。

 

わたしも座りたいな!

と思いながらも主人がいる時は

子どもを見てもらえるので

平日できなかった箇所の掃除や

シーツなどの大物を洗ったり

と1人でバタバタしていました。

 

で、やっと終わった!

と思ったらもうお昼ご飯の準備。

 

最初はそうやって頑張っていたんですけど

子どもが成長すると共に

「なんでわたしだけ?」

という気持ちがどんどん大きくなっていったんです。

 

でも私が働くようになってから

主人も私が疲れている姿を見て察したのか

「今日はパパが、ご飯作る!」

と料理できないのに

レシピサイトで検索して作ってくれたり。

 

「洗濯したいんだけど、どの洗剤を使えばいいの?」

とか自分から聞いてくれるようになりました。

 

子どもたちも

「洗濯物かわいたから畳んでいい?」

なんて聞いてくれて

小さい手で一生懸命畳んでくれたり。

 

正直自分でやった方が早いし、やり方も違う!

なんて思うこともありますが…

そうやって家族皆が家のことに

積極的になってくれた気持ちが嬉しくて!

 

働いて良かったなーと思います。

時間を効率的に使えるようになった

最後となりますが

「時間を効率的に使えるようになった事」

共働きのメリットです。

 

専業主婦時代の方が

時間はたっぷりあったはずなのに

お昼までダラダラしてたら

「もう明日でいいか」になったり。

 

共働きになった今の方が

家事が捗るんです!

 

例えば出勤までに1時間しかない!と思うと

洗濯機回して、食器洗って

待ってる間に洗面所やトイレを掃除したり

とにかくバタバタと家中を走り回っています。

 

夕ご飯のメニューを考えておいて

使う野菜を切っておいたり

冷凍しておいたお肉を、冷蔵庫におろしておいたり。

朝のうちにダダ―っとやるので

なんだか達成感があるんですよねー!

まとめ

子育て中の共働きは

子どもの急な体調不良でお休みしたりと

もちろんデメリットもあります。

 

でも仕事を始めてから逆に

気持ちに余裕が出来て

なんだかメリハリがついた生活が送れるようになりました。

 

予想外に家族の協力も得られて

我が家は共働きで良かったなと感じてます。

タイトルとURLをコピーしました