PR

不安払拭!子育て中の共働きのメリットとワーママが気を付けるべき注意点

子育て

スポンサードリンク




PR

アフィリエイト広告を利用しています

一昔前までは、夫が仕事をして妻が専業主婦

というスタイルがほとんどだったため

共働きで子どもを育てたという人は

割合としては少なかったと思います。

 

最近では、夫と妻の両方が仕事をしている

「共働き」の家庭が多くなっていますよね。

 

背景には、不景気によって夫婦の両方が働かなくては

家計が厳しくなってしまうことや、多くの会社で

育児休暇が取りやすくなり、ある程度休暇を取った後に

また復帰することが多くなったということがあります。

 

しかし、子どもがいる夫婦の場合は

子育てをしながら共働きで、そのプレッシャーからか

不安を感じている方も多いようですが

そのように感じる必要はありません。

 

なぜなら、私の両親も共働きでしたし

今、育児中の私たち夫婦も共働きで

そのメリットや恩恵を体感しているからです。

 

今回は、子育てを共働きでする際の

メリットや、注意すべき点をご紹介したいと思います。

 

子育てを共働きでするメリットとしては

  • 収入が増えること
  • 育児ストレスをためにくい
  • 自立した子どもに育つ

ということが挙げられます。

 

また、子育てを共働きでする際に注意したいのは

子どもに寂しい思いをさせすぎないようにすることです。

 

これらに関して詳しく説明していきます。

 

あなたが子育てを共働きですることを考えている場合や

共働きで子育てをしていて不安を感じた際などに

是非参考にしてみて下さい。

子育てを共働きでするメリット

それでは、子育てを共働きでするメリットを

ご紹介します。

 

最初に挙げられるのはやはり

「収入が多いこと」です。

単純に計算しても、1人だけが働く家庭の

2倍の収入があるということになります。

 

収入が多いと、生活費に余裕ができることや

将来のための貯金をすることもできます。

 

時には美味しいものを食べることや

旅行に行くことも!

 

更に、子育て中の場合は

子どもの学費や、この先スポーツや習い事を始めるなど

お金がかかる場面が多くあります。

 

子どもがやりたいことがあるのに、お金を理由に

諦めさせてしまうのはかわいそうです。

子どもを健やかに育てるためにも、収入が多いことは

大きなメリットとなります。

 

 

次に挙げられるメリットは

「育児ストレスをためにくい」ことです。

 

例として、夫が働いていて妻が専業主婦だった場合

働くことは夫、育児や家事のほとんどは妻

という状態になってしまうことが多いです。

 

しかし、夫婦が共働きの家庭ならば

働いている方に、必死に仕事をしなくてはいけない

というプレッシャーが無くなりますし

家事や育児を二人で分担しやすいです。

 

また、お互いに働いているため

普段の生活スタイルも似ているので

どちらかに負担がかかりにくく

お互いのことを理解しやすいのです。

 

 

最後のメリットは、「自立した子どもを育てられる」

ということです。

スポンサードリンク

 

共働きの親が多く気にかけるのは

子どもに寂しい思いをさせてしまうのではないか?

という点です。

 

確かに共働きの場合、両親が働いている間は

子どもは自分の身の回りのことを

自分でしなくてはなりません。

 

しかし、両親が不在の間は子どもが大人の力を借りずに

自主的に行動するチャンスでもあるのです。

両親が働いているということを理解させた上で

1人でできる家事などは積極的に教えてあげましょう!

 

家にいるとつい頼ってしまいがちな両親に頼らず

自分の判断で行動できる力が身に付きますよ。

そのため、自立した子どもに育つことが多いのです。

 

私も両親が共働きでしたが母に家事を教わり

両親がいない間に部屋やトイレ、お風呂の掃除をしておくなど

家事を自主的に行うことができました。

 

そのおかげで、その後一人暮らしをしても

あまり困ることがありませんでしたので

その恩恵を十分に感じています。

 

 

このように、子育てにおいて両親が共働きというのは

メリットも多くあるのです。

 

家族には様々な生活スタイルがあり、共働きもその一つなのです。

子育てを共働きでする際の注意点

先ほどは、子育てを共働きでするメリットを

いくつかご紹介しました。

 

子育てを共働きで行うのは両親にとっても、子どもにとっても

両方にプラスな面があります。

 

しかし、ここには気を付けるべき!という点

いくつかあります。

ここでは、その注意点についてご紹介していきます。

 

両親が共働きの場合、注意したいのは

「子どもに寂しい思いをさせないようにする」ということです。

 

子どもは、両親が家にいないことが多いと寂しいと感じるものです。

幼少期に強い孤独を感じて過ごした子どもは

成長していく中で心が不安定になりやすいと思います。

 

そのため、普段は仕事で忙しくても

誕生日を一緒に過ごすことや、子どもの学校の行事は見に行くなど

特別な日には必ず一緒にいてあげられるようにしましょうね!

 

休みの日は手作りの食事を一緒に取るなど

些細なことでも嬉しいものです。

 

更に、幼少期の子どもは風邪をひきやすいです。

万が一子どもが風邪を引いた際は、どちらかが看病して

あげられるようにしましょう。

子どもは体調の悪い時に1人でいるのは不安なものです。

 

子どもに寂しい思いをさせないように

あなたが共働きで子育てをする際は職場の人などとよく相談し

子どものための休暇や早退ができるような

子育てに関する理解のある職場を選ぶことも必要だと思います。

まとめ

今回は、子育てを共働きでするメリットや注意すべき点

についてご紹介しました。

 

このように、子育てを共働きですることには

メリットが沢山あるのです。

 

万が一、あなたが共働きで子育てをすることが不安な時は

是非こちらの記事の内容を思い出して下さい。

 

そして、あなたが共働きで子育てをする際に

共働きであるメリットを最大限に生かすためにも

注意点には気を付けて家族仲良く過ごせるようにしてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました