PR

保護者代表による小学校卒業式の感謝の辞【スピーチ例文】

学校

スポンサードリンク




PR

アフィリエイト広告を利用しています

 

 

 

私が子供たちの小学校の保護者会役員を務めていたため、

卒業式でのスピーチを任されることは予想していました。

 

しかし、実際にスピーチをすることになると、

どんな内容にすれば良いか迷うものです。

 

このテキストでは、そうした悩みを持つ方々向けに、

効果的なスピーチの作り方と

おすすめの内容を詳しく解説していきます。

 

スピーチ作成のポイント

 

スピーチを構成する際には、

以下のようなステップを踏むことをお勧めします。

 

  1. 感謝の表明
  2. 具体的なエピソードの共有
  • – 保護者として見た小学校生活の思い出
  • – 卒業生への励ましの言葉
  • – 教職員への感謝の表現
  1. 結びの言葉
  • – 再度の感謝
  • – 未来への期待と支援のお願い

 

以下、これらのポイントに沿って、

具体的にどのような内容を盛り込むべきかを

例文を交えて詳述します。

 

1. 感謝の言葉

 

【例文1】

皆様、本日は私たちの子供たちにとって新たな門出の日に、

心温まる卒業式を実施していただき、誠にありがとうございます。

 

95名の卒業生全員のために、

この素晴らしい式を整えてくださった校長先生をはじめ、

教職員の皆様、ご来賓の皆様、そして在校生の皆様に、

深く感謝の意を表します。

 

【例文2】

今日の印象的な卒業式を通じて、

私たちの子どもたちが次のステージへと

旅立つ姿を見ることができ、心から感謝しています。

 

教職員の皆様、ご来賓の皆様、そして在校生の皆様に、

この場を借りて深い感謝を申し上げます。

 

私たち保護者としても、

今日この場で子どもたちの成長した姿を目の当たりにし、

過去6年間に渡る多くの思い出が蘇り、

感動と共に大きな喜びを感じています。

 

2. 具体的なエピソードの共有

 

【例文1】

卒業式の今日、

子供たちが小学校1年生で初めて学校へ行った日を思い出します。

 

当時、ランドセルを背負い、不安と期待を抱えていた彼らが、

今や自信に満ちた姿でここに座っています。

 

この成長は、校長先生をはじめ、教職員の皆様、

そして地域の皆様の絶え間ないサポートと指導の賜物です。

 

学校の教訓「やさしさ」「活かしあう」「学ぶ」

「正しく」「たくましく」を胸に刻みながら、

子供たちは多くを学び、成長しました。

 

これからの彼らのさらなる飛躍に期待しています。

 

【例文2】

今、一人ひとりの名前が呼ばれ、

卒業証書を受け取る子供たちを見ています。

 

6年間のさまざまな経験が心に浮かびます。

楽しいこと、困難なこと、すべてが彼らを形作る一部となりました。

 

子供たち、心からおめでとう。

 

これらの経験を糧に、

中学校でもさらに成長してほしいと願ってやみません。

 

【例文3】

6年前の入学式の日、

私たち保護者も子供たちと同じくらい不安でいっぱいでした。

 

学校生活をうまく送れるかどうか、

勉強についていけるかという心配がありました。

 

しかし、時が経つにつれて、

子供たちが学校生活に馴染み、

成長していく姿を見て、安心しました。

 

特に今年の学芸会では、

スポンサードリンク

6年生が主体となって企画を進め、

大成功を収めたことが印象的でした。

 

このような経験が、

彼らの自信と成長に大いに寄与したことでしょう。

 

【例文4】

振り返れば、6年間は本当にあっという間に過ぎ去りました。

 

我が子が〇〇小学校に入学した時の不安が、

今では遠い記憶となりました。

 

今日、卒業式の場で成長した彼らを見ると、

その成長の度合いにただただ感動します。

 

これもすべて、教職員やPTA、

地域の皆様のご支援のおかげです。

 

深く感謝しています。

 

【例文5】

6年前、緊張で固まっていた子供たちが、

今日は堂々と卒業証書を受け取る姿に、感無量です。

 

入学当初の不安が、今では自信へと変わっています。

 

これは先生方が一貫して子供たちの不安を解消し、

喜びを共有してくれたからです。

 

彼らの支えがあったからこそ、

子供たちはここまで成長することができました。

 

【例文6】

子供たちが「老人ホームひまわり」で

地域社会との交流を経験したことは、

彼らにとっても我々親にとっても貴重な体験でした。

 

特に、娘が作った折り紙を喜んでくれたおじいちゃんの笑顔は、

家族全員の心に深く刻まれています。

 

このような交流を通じて、

人と人とのつながりの大切さを学び、

それが子供たちの成長にも大きく貢献したと確信しています。

 

3. 結びのあいさつ

 

【例文1】

子どもたちがこれから中学生活を始めるという新たな章に向かいます。

 

彼らがこれからも感じやすい多感な時期に

適切なサポートと指導を受けられるよう、

心からお願い申し上げます。

 

過去6年間、皆様から受けた温かい支援と愛情に対して、

改めて深く感謝の意を表します。

 

皆様のご健康と幸福、

そして〇〇小学校のさらなる発展を心よりお祈りしています。

 

【例文2】

教職員の皆様が提供してくださった、

生活面や学習面での熱心な指導に心から感謝しております。

 

本日、子どもたちが〇〇小学校を卒業し、

新しい道を歩み始めますが、

これからも学校の益々の発展を願ってやみません。

 

長い間、子どもたちの成長を見守り、

支えてくださったこと、心から感謝しています。

 

【例文3】

これまでの長い期間、

皆様からの無限の支援と愛情に支えられて、

子どもたちが一人前に成長することができました。

 

子どもたち一人ひとりが、

〇〇小学校で学んだ大切な教訓を胸に、

新たな生活に臨むことと思います。

 

教職員の皆様、PTAの皆様、地域の皆様に、

再度深い感謝の意を表します。

 

本当にありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました