PR

アンパンマンのスティックパンはいつから子供にあげていいの?子供のための菓子パン選び方

未分類

スポンサードリンク




PR

アフィリエイト広告を利用しています

 

 

 

 

 

子供が大好きなアンパンマン。

 

アンパンマンの絵が描かれた食べ物を見ると

子供たちの目がキラキラ輝くんですよね。

 

そんなアンパンマンのスティックパンも

子供たちにとってとっても人気があります。

 

でも、このアンパンマンの絵がついた菓子パン

いつから子供にあげたらいいのかな?と思うこと、ありますよね。

 

特に、初めての子育てだと、いつからあげていいか迷います。

 

そこで、アンパンマンのスティックパンについて、以下のことを調べてみました。

 

  1. いつからアンパンマンのスティックパンを安心して子供にあげていいの?
  2. アンパンマンのスティックパンや他の菓子パンをあげる時の注意点
  3. アンパンマンスティックパンの材料やアレルギーについて

 

子供にアンパンマンのスティックパンをあげるベストな時期と注意点

 

アンパンマンのスティックパンを子供に安全にあげるには

離乳食が終わったことが大切な目安になります。

 

たいてい、離乳食が終わるのは子供が1歳を過ぎたくらい。

 

この頃になると、アレルギーがあるかどうかもわかりやすくなるんです。

 

アンパンマンスティックパンには

小麦粉や卵といったアレルギーを起こすかもしれない材料が使われているから

アレルギーがはっきりしないうちはあげない方がいいですね。

 

フジパンの公式サイトによると

アンパンマンシリーズの商品は、小さい子専用に作られたわけではないそうです。

 

でも、離乳食を卒業して1歳を過ぎた子供なら

安心して食べさせても大丈夫だとのこと。

 

でも、お子さんが食べるときは、しっかり見守ってあげることが大事です。

 

我が家では

上の子が初めてアンパンマンスティックパンを食べたのは2歳を過ぎてから。

 

早くからあげなくても大丈夫です。

 

イヤイヤ期の時に外出中に初めてあげたら

すぐにご機嫌になって助かりました。

 

下の子は1歳過ぎから。

 

上の子が食べているのを見て、欲しがるんですよね。

 

下の子は兄弟がいると、自然と早めに食べるようになることもありますよ。

 

他の菓子パンをあげる時はどうする?

 

アンパンマンのスティックパン以外の菓子パンをあげる時も

「離乳食が終わっているか」をチェックすることが大切です。

 

でも、中には味が濃かったり、油が多かったりして

子供には向かない菓子パンもありますよね。

 

たとえば、クリームたっぷりのクリームパンや

チョコチップが入ったメロンパンは

離乳食が終わっていても控えた方がいいかもしれません。

 

菓子パンを選ぶ時は、子供の健康を考えて

子供向けに作られたものを選ぶといいですね。

 

アンパンマンのスティックパンや菓子パンを子供にあげる時の大事なポイント

 

子供にアンパンマンのスティックパンや他の菓子パンをあげる時には

以下の3つの大事なルールを守ることが重要です。

 

  1. どのくらいの頻度であげるかを考える
  2. 子供が食べているときはしっかり見守る
  3. 子供に合った味のものを選ぶ

 

それでは、これらのポイントについてもっと詳しく見ていきましょう。

 

あげる頻度を考えよう

 

アンパンマンのスティックパンや他の菓子パンは

スポンサードリンク

子供にとってとても甘くて美味しいものです。

 

でも、これらをたくさん食べさせると、虫歯になるリスクが高まったり

他のバランスのいい食事に興味を失ってしまうかもしれません。

 

だから、これらの菓子パンは特別なおやつとして、たまにあげるのがいいですね。

 

食べているときの安全を守ろう

 

アンパンマンのスティックパンは

子供が食べやすいように柔らかくて、口どけがいいんです。

 

でも、子供はついたくさん食べ物を口に入れてしまうことがあるから

飲み込むのが難しくなったり、喉に詰まる危険もあります。

 

だから、子供がスティックパンを食べているときは

最後までちゃんと見守って、安全を確保してあげましょう。

 

子供向けの味付けを選ぼう

 

アンパンマンのスティックパンは

大人にはちょっと物足りないかもしれませんが

子供にはちょうどいい味付けがされています。

 

味が濃いものや油っぽいものは、子供のおなかに負担をかけることがあるので

市販されている菓子パンを選ぶ時は

子供の体にやさしい味付けのものを選んであげることが大切です。

 

色々なトッピングがされている菓子パンも魅力的ですが

実は子供たちはシンプルなパンでもとても喜んで食べるものなんですよ。

 

アンパンマンミニスナック:中身とアレルギーについての情報

 

通称アンパンマンのスティックパンの正式名称は

「アンパンマンのミニスナック」なんですね(^^;

 

フジパンが作るアンパンマンミニスナックには、どんな材料が使われているのか?

そしてアレルギーに関する情報を詳しくお知らせします。

 

まず、このミニスナックには

日本で作られた小麦粉をはじめ、小麦粉と砂糖、全粉乳、じゃがいもの粉末、

食塩、植物油脂を混ぜたミックス粉、マーガリン、砂糖、卵、発酵風味料、

パン酵母、膨らませるための膨張剤、香りをつける香料、ビタミンC、

カロチン色素が入っています。

 

アレルギーのある材料としては

卵、乳成分、小麦、大豆が使われているから

これらにアレルギーがある子は注意が必要です。

 

このアンパンマンミニスナックには、いろいろな味があります。

 

具体的には、以下の6種類が楽しめます。

 

  1. アンパンマンのミニスナック
  2. 野菜風味のアンパンマンミニスナック
  3. ミルクチョコ風味のアンパンマンミニスナック
  4. バナナ風味のアンパンマンミニスナック
  5. キャロット風味のアンパンマンミニスナック
  6. イチゴミルク風味のアンパンマンミニスナック

 

それぞれの味のミニスナックに使われている材料や

アレルギー情報は、アンパンマンシリーズの商品紹介ページでチェックできるので

詳しく知りたい人はそちらを見て下さいね。

 

まとめ

 

アンパンマンのスティックパンを子供にあげるのに最適な時期や

あげる時のアドバイスをまとめました。

 

●アンパンマンスティックパンは、子供が離乳食を終えて1歳を過ぎたら食べ始めることができる

●このスティックパンや他の菓子パンをあげる時の大切なポイントは、次の3つ:

  • あまり頻繁にはあげないこと
  • – 子供が食べているときはしっかり見守ること
  • – 子供のために特別に味を調整した製品を選ぶこと

 

アンパンマンスティックパンは

小さな子供でも食べやすいサイズで、持ち運びも楽なパッケージになっているから

ママやパパ、子供にとっても便利で、子育てが楽しくなるような商品です。

タイトルとURLをコピーしました